湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

湯活レポート(サウナ編)vol11-②.「スカイスパYOKOHAMA」で箸休めサトシpresentsuプレミアムアウフグースを体験してみた♨

f:id:kenichirouk:20200801000405j:plain

www.skyspa.co.jp

【入浴日】2020/7/31
【所在地】神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル14F

Google マップ

 

この日は7月仕事納めの後に「スカイスパYOKOHAMA」へ。
SNSで芸人でプロ熱波師の箸休めサトシ(アウフグース加藤)氏 presentsuプレミアムアウフグースが行われるとの事で、月末にその風を浴びに行って参りました。

f:id:kenichirouk:20200801001537j:plain

箸休めサトシ氏とは?という方の為に以下の公式ツイッターとインスタグラムをUPしておきましたので、こちらをご参照くださいませ。

https://twitter.com/3104trans

https://www.instagram.com/hashiyasume.satoshi/

ご本人は東京電機大卒の秀才で身長180㎝のイケメン。芸人ですが、最近はアウフギーサー(熱波師)としての露出が多く、「シューイチ」のオリラジ藤森氏のサウナ特集等で取り上げられる事もしばしば。箸休めサトシ氏とスカイスパアウフグース*1チームは世界大会を目指しているとの話もあります。
※ちなみにコチラはアウフグース世界大会の模様↓


Sauna WM 2012

これは一度実体験してみたい!体験してみなければ!という訳でやって来ました。
横浜駅直結のスカイビル。

f:id:kenichirouk:20200801001612j:plain

こちらの14Fに「スカイスパYOKOHAMA」があります。

f:id:kenichirouk:20200801001649j:plain

スカイスパ横浜さんは、SAUNACHELIN(サウナシュラン)*2で2018年、2019年連続受賞のサウナの殿堂です。

f:id:kenichirouk:20200801001747j:plain

ロビーの一角には、「サ道」作者のタナカカツキ氏の描くスカイスパの額。

f:id:kenichirouk:20200801001839j:plain

エントランスのikiヒーターの飾りにも炎の演出が!f:id:kenichirouk:20200801001914j:plain

奥にはコワーキングスペースがあり、入口には岩塩ランプのこだわりっぷり。

f:id:kenichirouk:20200801120030j:plain

それでは早速浴室にお邪魔します。

 

まずは一通り湯巡り。
温浴については、前回訪問時のレポートをご参照ください。
進化した点としては、温浴施設がプチリニューアルされて33℃前後のクールダウンバイブラが水風呂の隣に出来ており、こちらがなかなかの心地よさでした。

yukatsu.hatenablog.com

さて、サウナですが、まずはテルマーレで塩サウナを堪能し、お肌ツルツルピカピカになったところで、フィンランドサウナで19:00のアウフグースを堪能。
スカイスパYOKOHAMAのアウフグースは、回数も多くかなり充実しています。

アウフグース&ロウリュ | 横浜駅直結のスパ/サウナ/コワーキング「スカイスパYOKOHAMA」
19:00の回は前半が最近の世相を反映してか殺菌力の高いティートゥリーのアロマで、後半がサンダルウッド(白檀)のアロマ。世界を目指すだけあってスタッフのタオル捌きも堂に入っています。普段は85℃前後のマイルドなサウナですが、10分前後のプログラムで体感温度は100℃越えの灼熱体験。
※サウナ室の写真は、前回ブログ記載時に、スカイスパ様より頂いた画像データです。

f:id:kenichirouk:20200801002137p:plain

サウナ後の水風呂は14℃とキンキンでキッチリ毛穴を引き締めクールダウン。この後は夜景を眺めながら長めの休憩を挟んでプレミアムアウフグースを待ちます。
いよいよ予約した19:30、箸休めサトシ氏 presentsu プレミアムアウフグースの時間がやって参りました。まずは箸休めサトシしより、「アウフグースとは、光と音と蒸気によるサウナパフォーマンスであり、ショータイムである」との説明があり、この日のBGMは何と、ドラゴンクエストwww

f:id:kenichirouk:20200801112102j:plain

ショーの構成としては、アウフグースでサウナLVを上げながら最終的にはロウ竜王を倒すという流れで、序盤はヴィヒタ*3のアロマからスタート。サウナ室がヴィヒタの香りに包まれ、シャラシャラと鳴るヴィヒタの枝葉から零れ落ちる雫が正に精神力を回復する聖水のように、サウナ紳士達の頭上に優しく降りかかります。徐々に体感温度を上げていく室内に次々に怪物の幻影が現れます。
「汗流しカットマン」*4
「汗ロウリュ」*5
これらをアウフグースと魔法で次々に倒していきます。
後半戦は、ブロックフォレストのアロマに変わり、クラッシュアイス上のアロマ水をバンバン、サウナヒーターに投げ入れます。当然その時の合言葉は「ヒャド!」「ヒャダイン!」「マヒャド!」ドラクエの世界観にとことん拘っています。
クライマックスではラスボス「ロウ竜王」を倒す為、スカイスパのアウフグース戦士達も次々味方に加わり、ようやく「ロウ竜王」を倒したと思ったら、BGMチェンジし、裏のラスボス「井上勝正」氏が登場。サウナーにはお馴染みですが、井上勝正氏??となった方の為に簡単に説明しておくと、自らを「サウナそのもの」と語る日本アウフグース界のラスボス的存在です。詳細レポートは以下をご参照ください↓

yukatsu.hatenablog.com

ようやく真のラスボス井上勝正氏も克服し、サウナ紳士達は水風呂へ開放されたのでした。流石にプレミアムアウフグースと名付けるだけあって、ここまでショーアップされたアウフグース体験は初めてでした。
結局この日は以下4セット。

・テルマーレ(塩サウナ)10分⇒水風呂1分⇒休憩10分
・フィンランドサウナ(通常アウフグース)10分⇒水風呂1分⇒休憩10分
・フィンランドサウナ(プレミアムアウフグース)10分⇒水風呂1分⇒休憩5分
・フィンランドサウナ12分⇒水風呂1分⇒休憩10分

毎度思うのですが、実はアウフグースやロウリュ後のサウナが、アロマの残り香と、しっとりとした熱気に包まれて一番心地よかったりします。

 

サウナ後のサ飯*6はスカイスパと言えば皆がおススメ、前回訪問後に施設の方からも「次回は是非キムチチゲを!」と言われていたのを思い出し、Refresh Dining"KOO"でキムチチゲを注文してみました。

f:id:kenichirouk:20200801002210j:plain

辛さはノーマルから3辛まで選べるようで1辛にしてみましたが、私的には程よい辛さで大変美味しく頂きました。今回「小」を注文し、もう少し小腹を満たしたい感じでしたので、〆の雑炊とうどんが選べる内、おススメの雑炊をチョイス。
これが大ヒットでピリッとした絡みを卵とじの甘さがマイルドに閉じ込めて絶品の一品に。私のハートを射貫くサ飯で、見事に体の中からも温めてくれました。

f:id:kenichirouk:20200801002235j:plain

心地良い満足感と満腹感で帰りの空いている電車内で極楽気分のうたた寝。
ここまで含めて私のとっての遠足・・・じゃないプレミアムアウフグース体験の一日となりました。

 

本日も良きサウナをありが湯ございました!
スカイスパYOKOHAMAさんのプレミアムアウフグースは、不定期開催で事前予約性の為、上記の箸休めサトシ氏のTwitterをご参照ください。女性サウナは風の魔術師 五塔熱子さんだそうですよ。コチラも必見です!お近くへお立ち寄りの際は是非♪
※ちなみにコチラはアウフギーサー五塔熱子さんの体験レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

*1:アウフグースとは、ドイツ発祥のサウナサービス。サウナヒーターにアロマ水やキューゲルという氷の塊を投入し、高温の蒸気を発生させ、それを扇いで撹拌したり浴びせかけたりして、入浴客の発汗を促進する。そのタオルや団扇捌き、照明や音の演出を併せてショーアップしたりもする

*2:毎年11月11日の“ととのえの日”に全国のサウナ施設の中から、様々な業界の「プロサウナ―」が審査委員となり、その年の“今行くべき全国のサウナ施設”上位11位をランキング・表彰するサウナ界のミシュラン

*3:白樺の枝葉を束ねた物

*4:サウナ後に汗を流さずに水風呂に飛び込むマナー違反者

*5:汗の染み込んだタオルをサウナ室で絞るマナー違反

*6:サウナ後の食事の事を「サ飯」と呼ぶ