湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

朝日湯|市川銭湯散歩②|湯活レポート(銭湯編)vol694

f:id:kenichirouk:20210812095238j:plain

onsen.nifty.com

f:id:kenichirouk:20210812095207p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/8/11

 

この日は市川銭湯散歩で2湯目に「朝日湯」さんへ行って参りました。
朝日湯さんへは、最寄りのJR市川駅北口より駅前ロータリ正面の道を直進。

f:id:kenichirouk:20210812095415j:plain

その先の信号で左折し、千葉街道へ。

f:id:kenichirouk:20210812095513j:plain

市川広小路交差点ではY字に分かれた交差点を右手方向へ。
実は交差点の右手には既に朝日湯さんの煙突が顔を出しています。

f:id:kenichirouk:20210812095740j:plain

駅から徒歩9分程、右手の道を進むとすぐ朝日湯さんの看板を発見!
通りの奥、セットバックしたところに朝日湯さんの入口があります。

f:id:kenichirouk:20210812100005j:plain

建物裏手からは夏空に聳える朝日湯さんの煙突の全景も見られました。

f:id:kenichirouk:20210812100221j:plain

 

それでは受付を済ませていざ、浴室へ参ります。
お邪魔すると、あれ!?誰も居ない。。。
折角なので、ご主人にご了承を得て浴室内の景色を撮らせて頂いたので、ここからは、そちらの写真を交えてレポートさせて頂きます。
浴室正面では雄大な富士山のペンキ絵が浴室を睥睨しています。

f:id:kenichirouk:20210812101046j:plain

往年の千葉銭湯マップには平成二十年三月七日 西伊豆と書かれた恐らく故 早川利光絵師の手による富士山が描かれていましたが、その後描き変えられたようです。

f:id:kenichirouk:20210812115346j:plain

この日2湯目でしたので、沐浴は簡潔に済ませ、早速お風呂へライド温♨
浴槽は右手がジェットマッサージ座風呂で、左手がジェットとバイブラ付き浅湯。
順に湯巡りし、バイブラやジェットの無いゾーンへ移動しゆったり浸かります。

f:id:kenichirouk:20210812102003j:plain


体もしっかり温まってきたところでサウナ室へもお邪魔します。
朝日湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターで、この日のコンディションは100℃。
コンパクトなサウナ室故、輻射熱にダイレクトに包まれる灼熱仕様🔥

f:id:kenichirouk:20210812103144j:plain

発汗後はサウナ室前の天然井戸水風呂へ。こちらは水温22~23℃。

f:id:kenichirouk:20210812103308j:plain

天然井戸水の肌触りは心地良いのですが、真夏の炎天下、灼熱サウナ後としては少し物足りず、この日は更に冷たく感じる冷水シャワーとセットクールダウンw
この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・サウナ7分⇒天然井戸水風呂+冷水シャワー2分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒天然井戸水風呂+冷水シャワー2.5分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒天然井戸水風呂+冷水シャワー2.5分⇒休憩5分

仕上げは再度湯船で温まり直し、ぬるめに設定したシャワーで軽く汗を流してから上がりました。出る頃には常連様2名程とサウナバンドを付けた若者3名ほどが入れ替わりにやって来て、夕方からは多少賑わいもあるようです。
表へ出ると夕闇が迫る中、ライトアップされた朝日湯さんへ別れを告げ、再び千葉街道を市川駅の方へ歩いて帰路に着きました。

f:id:kenichirouk:20210812104025j:plain

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
実は都内銭湯に続き、こちらで千葉銭湯は完湯です♨♨
皆様も市川方面へお立ち寄りの際は是非♪

※コチラは市川銭湯散歩1湯目の「恵比寿湯」さんの入湯レポートです↓

恵比寿湯|市川銭湯散歩①|湯活レポート(銭湯編)vol693

f:id:kenichirouk:20210812084548j:plain

onsen.nifty.com

f:id:kenichirouk:20210812084407p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/8/11

 

この日は市川銭湯散歩で1湯目に「恵比寿湯」さんへ行って参りました。
恵比寿湯さんへは、 JR市川駅南口から駅前ロータリー正面の通りを左手方向へ。

f:id:kenichirouk:20210812084626j:plain

下の写真のぽんぽこ亭さんの先の交差点を右折。

f:id:kenichirouk:20210812084806j:plain

路地に入って間もなく、駅から徒歩15分程で恵比寿湯さんの煙突が見えて来ます。
単純な道程なのですが、馴染の無い土地で延々歩いていると、本当にこの道で合っているのかな?と不安になるものですが、煙突が見えて来ると正直ホッとしますね。

f:id:kenichirouk:20210812084932j:plain

コチラは建物裏手から見上げた恵比寿湯さんの煙突全景です。

f:id:kenichirouk:20210812085434j:plain

恵比寿湯さんのご主人はとても親切で明るい方です。
入浴券を渡して受付を済ませ、フロントを挟んで左手の男湯へ。

f:id:kenichirouk:20210812085827j:plain


浴室に入ると、正面には波型のレリーフが彩るシンプルな浴室。
平日にも関わらず、開店過ぎからカランが全て埋まる程、常連さんに愛されている銭湯です。シンプルな銭湯ですが、親切なご主人様の銭湯愛に誘われるんでしょうね。

f:id:kenichirouk:20210808150522j:plain

天井には千葉県銭湯では時折見掛ける長方形の湯気抜き窓が開いています。

f:id:kenichirouk:20210808150913j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
メインバスは左手がバイブラ付きの浅湯で右手が深湯。湯温はピリッと熱めの43~4℃。常連さんが口々に「熱ぃね」と言っていたので、この日は熱めだったかも。

f:id:kenichirouk:20210808150941j:plain

そのお隣が何故か個室になっているマッサージ座風呂。

f:id:kenichirouk:20210808151002j:plain

順繰り湯巡りして体の芯までじっくり温まり、最後は冷水シャワーでサッと汗を流して上がりました。 

 

湯上り後は汗が引くまで、脱衣場に面した縁側で池の鯉を眺めながら暫し休憩。

f:id:kenichirouk:20210808151251j:plain

本日も良い湯をありが湯ございました。
市川方面へお立ち寄りの際は是非♪

※脱衣場、浴室内は撮影不可の為、Googleインドビューより拝借しております。
※この後は市川銭湯散歩2湯目の朝日湯さんへTo be continued♪

江戸川湯|江戸川台|流山市唯一の銭湯|湯活レポート(銭湯編)vol692

f:id:kenichirouk:20210714215528j:plain

onsen.nifty.com

f:id:kenichirouk:20210714215717p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/7/14

 

この日は流山方面へ足を伸ばし「江戸川湯」さんへ行って参りました。
江戸川湯さんの最寄は東武野田線 江戸川台駅。東口を出て駅前ロータリー正面左右どちらの道からもアクセス可能ですが、この日は右手の通りから参ります。

f:id:kenichirouk:20210715082240j:plain

江戸川台東一丁目交差点で左折。

f:id:kenichirouk:20210715083206j:plain

この先ハンドメイドジャム(美味しそうですね)「白樺学舎」さんの先を右折。

f:id:kenichirouk:20210715083232j:plain

路地へ入るとすぐ右手に江戸川湯さんの煙突が顔を出します。

f:id:kenichirouk:20210715083303j:plain

駅から徒歩5分程。裏手からは日々の営業で煤けた煙突の全貌も見る事が出来ました。

f:id:kenichirouk:20210715083337j:plain

中に入ると玄関脇で母校の大先輩 毒蝮三太夫さんの写真とサイン発見!

f:id:kenichirouk:20210715083434j:plain

色紙にも描かれている通り、江戸川湯さんは流山市唯一の現存銭湯です。
フロント脇にはマッサージチェアも鎮座する寛げそうなロビー。

f:id:kenichirouk:20210715083554j:plain

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。

f:id:kenichirouk:20210715083630j:plain

 

浴室正面の壁では扇模様のレリーフが浴室に彩りを添えています。

f:id:kenichirouk:20210703212324j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速内湯からライド温♨
内湯は右手がジェットバスと電気風呂付の浅湯。左手はバイブラ付きの深湯。
江戸川湯さんではカランから湯船まで軟水を使用していて浴感がスベスベします。
軽く温まったところで、脱衣場を通って露天風呂へ向かいます。
この季節は露天風呂が心地よいですね。岩風呂で外気にも触れ心地よいひととき。

f:id:kenichirouk:20210703212413j:plain

 

内湯と露天でしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
江戸川湯さんのサウナはスチームサウナで、この日のコンディションは60℃。
3~4分おきに常時1~2分スチーマーが作動する熱々仕様。
発汗後は露天水風呂へ。こちらは水温22℃でバイブラ付き。
軟水水風呂は肌触りが滑らかで心地よくクールダウン出来ます。
クールダウン後の休憩は露天エリアに置かれた白・緑・赤のイタリアンカラーの休憩椅子に腰かけ外気に全身を包まれる露天外気浴を堪能。
この日はスチームサウナと水風呂の温冷交互浴を数回楽しませて頂きました。

仕上げは露天岩風呂で再度体の芯まで温まり、シャワーで軽く流してフィニッシュ。

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
流山方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、往年の千葉県銭湯マップより拝借しております。

スーパー銭湯白旗|蘇我|洋風浴室編・和風浴室編|湯活レポート(銭湯編)vol691

f:id:kenichirouk:20210618074615j:plain

spshirahata.jp

f:id:kenichirouk:20210510150856p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/5/21:洋風浴室編

この日は千葉方面へ所用ついでに「スーパー銭湯白旗」さんへ。
スーパー銭湯白旗さんへは、最寄りの内房・外房線 蘇我駅を下車したら、まずは東口駅前ロータリー正面の青葉の森通りへ。

f:id:kenichirouk:20210522064714j:plain

蘇我駅前交差点を右折し、末広街道に入ります。

f:id:kenichirouk:20210522064913j:plain

その先、鵜の森町交差点を左折。

f:id:kenichirouk:20210522065035j:plain

駅から徒歩17分程でスーパー銭湯白旗さん。

f:id:kenichirouk:20210618074734j:plain

建物裏手駐車場からは曇天に鈍く光るスーパー銭湯白旗さんの煙突も見られました。

f:id:kenichirouk:20210618081952j:plain

ビル型銭湯で階段を上がった2Fがフロント、ロビーと浴室。
まずは入口券売機でサウナ付き入浴券を購入。

f:id:kenichirouk:20210522065713j:plain

スーパー銭湯と命名するだけあってロビーは広く綺麗です。

f:id:kenichirouk:20210522065900j:plain

 

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。
スーパー銭湯白旗さんは日替りの男女浴室入替で火、金、日曜は男湯が洋風浴室。

f:id:kenichirouk:20210522070107j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、内湯からライド温♨
洋風浴室の内湯は左手から打たせ湯、寝風呂、電気風呂、座風呂、ハイパワージェットと水流、電浴系揃い踏み。ハイパワージェットの足元には足つぼ石が埋め込まれ、足つぼ刺激も楽しめます。打たせ湯はスイッチがちょっと接触不良気味ですが、暫くスイッチを押していると頭上3mからドドドドーッと湯が雪崩れ落ちて来ますw

f:id:kenichirouk:20210522072245j:plain

内湯の湯巡りで軽く温まったところで露天薬湯へ。
エメラルドグリーンの薬湯に大都会のグラフィックが映り込み、ゆらゆら幻想的に揺らめいていました。転地効果でちょっぴりリゾートホテルのジャグジー気分。

f:id:kenichirouk:20210522072815j:plain

 

露天薬湯でしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
洋風浴室のサウナはガス遠赤外線ヒーターで、この日のコンディションは83℃。
マイルドなサウナ浴でじっくり発汗が楽しめます。

f:id:kenichirouk:20210522073140j:plain

発汗後はサウナ室隣の水風呂へ。こちらは水温22℃。
キンキンという程では無いですが、爽やかな肌触りが滑らかな冷水がタップリ注がれており、初夏の爽やかな行水気分が味わえます。

f:id:kenichirouk:20210522073422j:plain

クールダウン後は露天エリアで外気浴。この日は曇天でしたが、生暖かい風が全身包み込む感覚が心地よくリラックスタイムを満喫。
この日は以下2セット楽しませて頂きました。

・サウナ10分⇒水風呂1.5分⇒露天外気浴3分
・サウナ12分⇒水風呂分2分⇒露天外気浴5分

仕上げは露天薬湯で再度体の芯まで温まり、シャワーで軽く流して上がりました。
本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。

 

【入浴日】2021/6/17:和風浴室編

この日はもう一つの和風浴室再訪の為、「スーパー銭湯白旗」さんへ。
最寄のJR蘇我駅はサッカーJリーグのホームチーム「ジェフユナイテッド」一色!

f:id:kenichirouk:20210618074457j:plain

一度通って見慣れた道を歩いて20分でスーパー銭湯白旗さん到着。
1Fにコインランドリーがありますが、隣に別棟のコインランドリーもあります。
大型スウェーデン製洗濯機、、、何だか気になっちゃいますね。

f:id:kenichirouk:20210618075356j:plain


それでは受付を済ませて浴室へ参ります。
この日は月、木、土に当たる為、男湯が和風浴室でした。

f:id:kenichirouk:20210522074339j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、この日も内湯メインバスからライド温♨
和風浴室のメインバスは奥から歩行浴、座風呂式バイブラバス、手前に電気風呂。
歩行浴は深さ1m以上あり足元につぼ石も付いている為、水中ウォーキング&足裏つぼ押しが体験できます。まずは順繰り湯巡りして軽く血行促進。

f:id:kenichirouk:20210522074749j:plain

続いてお隣の檜風呂へ。浴槽内は改装されて秋田県産の十和田石が貼られていました。檜の薫りと共に美しい青みがかった十和田石の感触を楽しめる楽しい浴感。

f:id:kenichirouk:20210522075126j:plain

内湯で軽く温まったところで、露天薬湯へ移動。
和風浴室の露天風呂は森のグラフィックと竹垣に囲われた岩風呂で、この日は温浴素じっこうの湯。天然生薬の香りも素晴らしくリラックスバスタイム。

f:id:kenichirouk:20210522075210j:plain

 

内湯と露天薬湯でしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
和風浴室のサウナもガス遠赤外線ヒーターで、この日のコンディションは90℃。
広めの室内ですが、サウナ利用客が少ないのか、終始貸切状態で楽しめました。

f:id:kenichirouk:20210522075311j:plain

発汗後はサウナ室隣の水風呂へ。こちらは天然井戸水かけ流しで水温19℃。
肌触りがソフトで心地よくクールダウン。

f:id:kenichirouk:20210522075510j:plain

この日は以下2セット楽しませて頂きました。

・サウナ10分⇒水風呂1.5分⇒露天外気浴3分
・サウナ12分⇒水風呂2分⇒露天外気浴5分

仕上げは露天薬湯で再度体の芯まで温まり、シャワーで軽く流して上がりました。

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
千葉方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。

グランパーク・イン北千住(男性専用)|湯活レポート(サウナ編)vol74

f:id:kenichirouk:20211213094444j:plain

grandpark-inn.jp

【所在地】東京都足立区千住仲町40-9

Google マップ

【入浴日】2021/12/11

 

この日はコロナ禍で長期休業されていたスパ&カプセルホテル グランパーク・イン北千住さんが営業再開されたと伺いましたので、お邪魔してきました。
グランパーク・イン北千住さんへは、北千住駅より仲町出口を出て左手方向へ。
千路通りを常磐線沿いに直進します。

f:id:kenichirouk:20211213094701j:plain

下の跨線橋の手前で右折し、大踏切通りへ。

f:id:kenichirouk:20211211043534j:plain

駅から徒歩3分程でグランパーク・イン北千住さんの赤い袖看板が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20211213094811j:plain

館内案内は以下の通り。宿泊は男女可ですが、サウナは男性のみで、女性はシャワーとなっていますので、女性サウナーの皆さんには申し訳ないですが、行って来ます!

f:id:kenichirouk:20211213094851j:plain

下足箱は37(サウナ)番が空いており、この日も迷わずGET!w

f:id:kenichirouk:20211213095527j:plain

ちなみにフロア案内は以下の通り。

f:id:kenichirouk:20211213095418j:plain

 

それでは1Fのフロントで受付を済ませて2F浴室へ。
浴室は黒御影石と白木のモノトーン調のシックな雰囲気。

f:id:kenichirouk:20210618135400j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨

f:id:kenichirouk:20210618135534j:plain

グリーンの装飾が施された広い湯船の奥にはジェットバス付。

しっかり温まったところでいざ、サウナ室へお邪魔します。
グランパーク・イン北千住さんのサウナはサウナストーンを使用した本格的なロッキーサウナで、この日のコンディションは102℃。5~6人でいっぱいのコンパクトなサウナ室故、ムラなく熱気が全身を包み込み、心地よい発汗が楽しめます。

f:id:kenichirouk:20210618135756j:plain

発汗後はサウナ室隣の水風呂へ。こちらは水温20℃。
適宜加水され、手前のスリットから掛け流される贅沢仕様で爽快にクールダウン。
この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・ロッキーサウナ7分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・ロッキーサウナ10分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・ロッキーサウナ12分⇒水風呂1.5分⇒休憩5分

仕上げは広い湯船で再度体の芯まで温まり、シャワーで軽く流して上がりました。

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
北千住方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。

 

サウナタウン下北沢|湯活レポート(サウナ編)vol73

f:id:kenichirouk:20220108222928j:plain

senrogai.com

【所在地】東京都世田谷区北沢2-33 下北線路街 空き地

Google マップ

【入浴日】2021/1/8

 

この日は以前予約した「サウナタウン下北沢」へ行って参りました。
サウナタウン下北沢は、イベント開催で事前にローソンチケットの購入が必要です。

f:id:kenichirouk:20220108061711j:plain

サウナタウン今回の開催地は、演劇と文化の発信地 下北沢。

f:id:kenichirouk:20220108223244j:plain

会場へは、最寄駅の小田急線 下北沢駅東口より正面の下北沢一番街を直進。

f:id:kenichirouk:20220108223421j:plain

下の写真のモスバーガーの先で右折。

f:id:kenichirouk:20220108223504j:plain

辻の突き当り、駅から徒歩3分で会場の下北線路街 空き地に到着。
ガードの向こうに無数のテントサウナと煙突から棚引く白煙が目印です。

f:id:kenichirouk:20220108224633j:plain

グルリとガードを回った先にサウナタウン下北沢の入口が見えて来ます。
サウナタウンは以前渋谷でも開催されていましたが、スタッフの方の話では、今後もサーカス小屋のように街々を巡りながらイベント開催して行きたいとの事。

f:id:kenichirouk:20220108224753j:plain

それでは受付を済ませ、早速サウナタウンの世界へLet’s Go♪

f:id:kenichirouk:20220108230755j:plain

脱衣場のシャワーブースでお清めを済ませ、水着に着替えたらサウナタウン内へ。
※サウナタウン下北沢は屋外サウナイベントの為、水着着用必須です。

 

テントサウナがズラリと勢揃いするココが噂のサウナタウン。

f:id:kenichirouk:20220108230917j:plain

手前からほうじ茶サウナ(80℃)

f:id:kenichirouk:20220108231048j:plain

伊藤園お~いお茶(緑茶)サウナ(130℃!)

f:id:kenichirouk:20220108231209j:plain

f:id:kenichirouk:20220108231231j:plain

麦茶サウナ(120℃!)

f:id:kenichirouk:20220108231346j:plain

f:id:kenichirouk:20220108231423j:plain

もう一つほうじ茶サウナ(コチラは120℃!)を挟んで・・・

一番奥がサウナの聖地と呼ばれるしきじの薬草サウナ(100℃)
サウナ室内にも薬袋が多数吊られ、しきじ特性漢方薬草の香りに包まれます。

f:id:kenichirouk:20220108231644j:plain

f:id:kenichirouk:20220108231713j:plain

saunashikiji.jp

まだ序盤で宣伝もこれからとの事で、土曜にも関わらず空いていたようで、空いていそうなテントサウナを探して順番に入りましたが、そのほとんどが貸切状態‼
その全てがセルフロウリュ可能で、全てのサウナでラドル*11~2杯のアロマ水をサウナストーブへ注がせて頂きました。
※下の写真は麦茶サウナでの麦茶ロウリュの様子。立ち昇る蒸気が芳ばしい‼↓

f:id:kenichirouk:20220108232657j:plain

全てのサウナストーブが岐阜県でオーダーメイドされた特注の薪サウナ。
スタッフが時折ストーブ内の燃焼具合をチェックしてくれます。
※下の写真はお~いお茶サウナでの薪チェックの様子。炎の揺らめきに癒されます↓

f:id:kenichirouk:20220108232828j:plain

ちなみにコチラのお~い!お茶サウナがこの日最高温度の130℃!
室温計振り切ってますが、緑茶とドライヴィヒタ*2の香りで癒されます。

f:id:kenichirouk:20220108234024j:plain

発汗後は備え付けホースの温水を頭から浴びて汗を流し、レモンイエローの「ビタミンパワーGO!水風呂」へ。ギンギンに冷やされておりシングル*3手前の10℃‼

f:id:kenichirouk:20220108232210j:plain

カンカンに熱せられたボディーも瞬時にクールダウンされ、サウナタウン内の休憩スペースのあちらこちらに用意されたインフィニティチェアへダイブ!

f:id:kenichirouk:20220108232349j:plain

座面を倒して無重力状態に身を委ねると青い空がグルグル回って見えましたwww

f:id:kenichirouk:20220108232447j:plain

他にもサウナ風の木の小屋も有り、コチラも休憩スペースになっていました。

f:id:kenichirouk:20220108234507j:plain

f:id:kenichirouk:20220108234633j:plain

この日は90分の予約時間一杯、以下5セット。

・ほうじ茶サウナ(手前)10分⇒ビタミンパワーGO!水風呂0.5分⇒外気浴5分
・麦茶サウナ10分⇒ビタミンパワーGO!水風呂0.5分⇒外気浴5分
・お~い!お茶サウナ10分⇒ビタミンパワーGO!水風呂0.5分⇒外気浴5分
・じきじ薬草サウナ10分⇒ビタミンパワーGO!水風呂0.5分⇒外気浴5分
・ほうじ茶サウナ(奥)5分⇒ビタミンパワーGO!水風呂0.5分⇒外気浴5分

仕上げは熱めのシャワーで汗を流しつつ体を温めてから上がりました。

 

ちなみに下北線路外 空き地ではサウナタウン以外に以下施設が楽しめます。

f:id:kenichirouk:20220108233624j:plain

ストーブとテーブルを囲むコミュニティスペース

f:id:kenichirouk:20220108233744j:plain

サウナ関連物販コーナー

f:id:kenichirouk:20220108233847j:plain

サ飯も楽しめるキッチンカー

本日もエクストリームなサウナ体験をありが湯ございました。
薪サウナやテントサウナを試してみたい方は、2022/3/19(土)までの期間中にローソンチケットサイトより予約の上、一度覗いてみてはいかがでしょうか?

*1:アロマ水を掬う柄杓

*2:白樺の枝葉を束ねた物

*3:10℃未満の水温、サウナーの間では「グルシン」とも呼ばれる

よしの湯(ヘルスよしの)|読売ランド前|湯活レポート(銭湯編)vol690

f:id:kenichirouk:20210722120537j:plain

k-o-i.jp

f:id:kenichirouk:20210722120707p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/7/21

 

この日は神奈川方面へ足を伸ばしついでに「よしの湯(ヘルスよしの)」さんへ。
(※よしの湯さんは、神奈川県浴場組合Webサイトでは、よしの湯と表示されている為、こちらが正式名称かと存じますが、通称ヘルスよしのさんで親しまれており、外観の看板もほぼ「ヘルスよしの」なので、本ブログ内では、以降ヘルスよしのさんで統一します。)
ヘルスよしのさんへは、小田急小田原線  読売よみうりランド前駅南口を出て正面の通りを右手に進み、一本目を左折し読売ランド駅前通りへ。

f:id:kenichirouk:20210722120742j:plain

小さな川を渡り、読売ランド駅前通りを直進する事、4分程。

f:id:kenichirouk:20210722120943j:plain

右手にヘルスよしのさんの看板が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20210722121122j:plain

横の駐車場からはヘルス吉野さんの煙突と特徴的な湯気抜きの換気口が見えました。

f:id:kenichirouk:20210722122543j:plain

中へお邪魔すると真紅の絨毯が印象的なロビー。

f:id:kenichirouk:20210722122707j:plain

 

それではフロントで受付を済ませて浴室へ参ります。
浴室正面はあやめでしょうか、立体的なレリーフが浴室を彩っています。

f:id:kenichirouk:20210623190924j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
浴槽は気泡浴の円型バスを中心に右手が広い電気風呂で左手が座風呂。
こちらを一通り湯巡りし、続いてサウナ室前の薬湯へ。
この日はエメラルドグリーンの米ぬかオリーブの湯で、不感温帯に近い38~39℃程の絶妙なぬる湯。私は薬湯等、効能系はゆったり浸かれるぬる湯派ですが、夏場はこの位思い切ったぬる湯が最高に気持ち良いです!

 

しっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
ヘルスよしのさんのサウナはガス遠赤外線ヒーターで、この日の室温は98℃。
薄暗い落ち着ける室内で、しっかり発汗。
発汗後はサウナ室前の水風呂へ。こちらは水温24℃のバイブラ付き。
然程キンキンではありませんが、水質が柔らかく心地よくクールダウン出来ます。
この日は以下2セット楽しませて頂きました。

・サウナ7分⇒水風呂2分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒水風呂2分⇒休憩5分

仕上げはぬる湯薬湯でのんびり温まり、熱めのシャワーで流して上がりました。

 

帰りに夕陽に照らされライトアップされたヘルスよしのさんを背に別れを告げて、再び読売ランド前駅へ向かいました。

f:id:kenichirouk:20210722125210j:plainちなみGoogleマップによると開店前や閉店後のシャッターにはペンキ絵もあるようです。ほのぼのした絵で開店待ちの間も楽しい気分になれそうですね。

f:id:kenichirouk:20210722130158j:plain

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
読売ランド方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、神奈川県浴場組合Webサイトより拝借しております。

大和場|大和|駅近銭湯|湯活レポート(銭湯編)vol689

f:id:kenichirouk:20210706074802j:plain

k-o-i.jp

f:id:kenichirouk:20210630050850p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/7/5

 

この日は大和市方面に足を伸ばし「大和湯」さんへ行って参りました。
大和湯さんの最寄駅は、小田急線、総鉄本線 大和駅。
横浜から相鉄本線へ向かう東西自由通路西口側には「太陽とこども」のレリーフアートが飾られています。利根山光人氏作で1982年5月よりこちらに展示との事。

f:id:kenichirouk:20210706074905j:plain

さて、相鉄線に揺られ大和駅到着。北口を出たら鉄道高架沿い右手正面の通りへ。

f:id:kenichirouk:20210706075026j:plain

駅から徒歩1分の駅近銭湯で、右手に看板が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20210706075053j:plain

 中に入るとフロント右手には小綺麗なロビースペースもあります。

f:id:kenichirouk:20210706075129j:plain

それでは受付を済ませて、いざ浴室へ。

f:id:kenichirouk:20210706075155j:plain

 

浴室に入ると白基調のシンプルな室内。
右手に4ヵ所並んだシャワーブースの黄色い間仕切りがアクセントになってます。

f:id:kenichirouk:20210706075230j:plain
まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
メインバスは右手が電気風呂「揉兵衛」押す・揉む・叩くの3動作で心地よく刺激して来ます。そのお隣は超音波マッサージ座風呂。

f:id:kenichirouk:20210706075249j:plain

メインバスの水流・電流計で軽く全身の凝りもほぐれたら、続いてお隣の薬湯へ。
この日はバイオレッドのフルーツ酵素配合の湯。
バイオレッドの湯で甘いフルーツの香りに包まれたらこの曲が脳裏に浮かんで来るのは私だけでしょうか!?w

youtu.be

セクシャルバイオレッドな薬湯に揺られ、体の芯まで温もったら、最後は熱めのシャワーで全身を流して上がりました。

 

本日もセクシャルバイオレッドな良い湯をありが湯ございました。
大和方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。

いやさか湯|妙蓮寺|湯活レポート(銭湯編)vol688

f:id:kenichirouk:20210701090944j:plain

iyasakayu.com

f:id:kenichirouk:20210317070921p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/3/18

 

この日は在宅ワーク後、「いやさか湯」さんへ行って参りました。
いやさか湯さんへは、東急東横線  妙蓮寺駅中央口を出て左手に進み、一つ目の交差点を右折して旧綱島街道へ。

f:id:kenichirouk:20210701091121j:plain

菊名橋交差点で右折し、東急東横線のガードを潜り水道道を進みます。

f:id:kenichirouk:20210701091435j:plain

この先緩い丘を越えて松見町交差点でJR横浜線のガードを潜り更にその先へ。

f:id:kenichirouk:20210701091822j:plain

左手に内路バス停が見えて来たら、その先のY字路で左手の路地へ入ります。

f:id:kenichirouk:20210701091955j:plain

健功寺を通過し、その先の第一みゆき商店会通りへ入ったらもうすぐ。

f:id:kenichirouk:20210701092356j:plain

ここまで駅から徒歩20分強でいやさか湯さんに到着。

f:id:kenichirouk:20210701092651j:plain

建物脇からは銀色の煙突も見る事が出来ました。

f:id:kenichirouk:20210701092913j:plain

それでは中へお邪魔します。入口脇に「風呂沸いた」の「わ」の文字発見。

f:id:kenichirouk:20210701093015j:plain

いやさか湯さんは元々、大和言葉で「弥栄湯」と書き、めでたい、万歳というような意味なのだそうです。以前は男女浴室入替も行っていたようですが、現在は男湯が和風浴室、女湯が洋風浴室で固定となっています。

f:id:kenichirouk:20210701093408j:plain

こちらの階段を上がった2Fがいやさか湯さんのフロント・ロビー。
壁面の絵がメルヘンタッチでほっこり。上に登るに従い温浴気分も高まりますw

f:id:kenichirouk:20210701094442j:plain

f:id:kenichirouk:20210701105202j:plain

2Fに上がったら、入口の券売機でサウナ付きの入浴券を購入。

f:id:kenichirouk:20210701095804j:plain

いやさか湯さんのロビー奥には飲食スペースがあったり、他にもボディスクラブや託児所サービスもあり、ホスピタリティに溢れています。

f:id:kenichirouk:20210701095831j:plain

それでは受付を済ませて、いざ浴室へ!
男湯は右手階段より1Fの和風浴室へ。女湯は左手階段で3F洋風浴室へ。

f:id:kenichirouk:20210701095904j:plain

 

準備を済ませて浴室へ入ると、メインバス正面には青い影に彩られた深山の大滝。

f:id:kenichirouk:20210317071545j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速メインバスからライド温♨
メインバスは奥から2種のハイパワーマッサージ、ポイントマッサージ座風呂、ドリームバスと続き、手前に電気風呂、その手前が檜風呂の構成。メインバスで湯巡りし、檜の精油成分ですべすべした湯船の感触を楽しみながら檜風呂でリラックス。
血行もよくなってきたところで露天風呂へ。こちらは薬湯になっており、この日はクリスタルブールの氷的クールの湯。ハッカ油も配合されているので、湯上り後もサッパリし、この季節には嬉しいですね。

f:id:kenichirouk:20210317071641j:plain

 

露天薬湯でしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
和風浴室には以前はスチームサウナもあったようですが、現在は止められています。
いやさか湯さんのドライサウナはガス遠赤外線ヒーターで、この日のコンディションは95℃。広い室内にしっかり熱気が行き渡るGoodコンディションでしっかり発汗。

f:id:kenichirouk:20210701110831j:plain

発汗後は半露天エリアにある水風呂へ。こちらは水温18℃。
浴槽内で常に新鮮な水が注がれており、水温以上にクールに感じます。
クールダウン後は露天外気浴。いさかや湯さんは、外気浴スペースが充実していて、半露天水風呂側にベンチと休憩椅子4脚。薬湯露天岩風呂側にも休憩椅子数脚あり、好みの場所でととのう事が出来ます。
この日はサウナ・水風呂の温冷交互浴を以下3セット楽しませて頂きました。

・サウナ7分⇒水風呂1.5分⇒露天外気浴3分
・サウナ10分⇒水風呂1.5分⇒露天外気浴3分
・サウナ12分⇒水風呂1.5分⇒露天外気浴5分

仕上げは氷的クールの薬湯露天岩風呂と熱めの檜風呂をはしごして再度体の芯まで温まり直し、シャワーで軽く流して上がりました。

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、神奈川県浴場組合Webサイトより拝借しております。

喜久の湯|星川|ディープな昭和ストロングサウナの世界|湯活レポート(銭湯編)vol687

f:id:kenichirouk:20210629072627j:plain

k-o-i.jp

f:id:kenichirouk:20210626111252p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/6/28

 

この日は横浜方面へ足を伸ばし「喜久の湯」さんへ行って参りました。
喜久の湯さんへは、相鉄本線 星川駅北口を出て、星川下橋で帷子川を渡ります。

f:id:kenichirouk:20210629072727j:plain
その先、保土ヶ谷区役所前交差点を左折し水道道へ。

f:id:kenichirouk:20210629072816j:plain

再び帷子川に接する所ですみれウォーク手前を右折し、帷子川沿いを進みます。

f:id:kenichirouk:20210629072921j:plain

帷子川が緩く蛇行する手前で右折。

f:id:kenichirouk:20210630073011j:plain

駅から徒歩5分程、大通りに接する高層マンションの1Fが喜久の湯さんです。
裏手からは分かり辛いですが、建物角に煙突が見えます。

f:id:kenichirouk:20210629073003j:plain

表通りに出るとらーめん屋と居酒屋に挟まれた喜久の湯さんの入口。

f:id:kenichirouk:20210629073035j:plain

半地下に降りた所が玄関ですが、入るのにちょっと勇気のいる佇まい。
隣のコインランドリーなんて灯りも点いてないので、プチ肝試し状態w

f:id:kenichirouk:20210629073117j:plain

そろりと中へお邪魔するとズラリと並んだ下足箱の上に紙細工がズラリ。

f:id:kenichirouk:20210629073223j:plain

中に入ると更に飾り物が圧縮陳列されていて圧巻!

f:id:kenichirouk:20210629073347j:plain

ご主人様にお断りしてロビーの写真を撮らせて頂くと、ご主人様が「後ろ、後ろ、上、もっと上」と仰るので、振り返ってみるとそこにはご主人様と映っているのはジャイアンツの栄光の永久欠番「3」、読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄その方。会社勤め時代のお写真との事。「本当はお風呂に来てくれると嬉しいんだけどね~」と仰られていました。

f:id:kenichirouk:20210629073416j:plain

 

さて、それでは受付を済ませて浴室へ参ります。
右手にサウナ室と水風呂、奥に浴槽が鎮座するシンプルな浴室。
※写真は神奈川県浴場組合Webサイトからの拝借ですが、レイアウトが逆なので女湯側のようです。

f:id:kenichirouk:20210626112406j:plain

いつも通り沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
メインバスはボディマッサージ、スリーピングバス、電気風呂の構成。
まずはこちらで軽く血行促進し、お隣の薬湯へ。この日はバスブレンドアロエ。
爽やかな香りに癒されてリラックスバスタイムを満喫。

 

しっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
入った瞬間、「あ!熱っつ‼」
喜久の湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターで、この日の室温は何と114℃!
由緒正しいTHE 昭和ストロングサウナで久々に煉獄モードのサウナを体感。
発汗後はサウナ室前の水風呂へ。こちらは水温22℃。
キンキンという程ではないですが、リラックスしながらクールダウンが楽しめます。
この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・昭和ストロングサウナ7分⇒水風呂2分⇒休憩3分
・昭和ストロングサウナ10分⇒水風呂2分⇒休憩3分
・昭和ストロングサウナ12分⇒水風呂2分⇒休憩5分

仕上げはバスブレンドアロエの薬湯で再度体の芯までじっくり温まり、シャワーで軽く流して上がりました。

 

湯上り後、日暮れ時の通りで喜久の湯さんの両サイドに赤提灯が灯っていました。

f:id:kenichirouk:20210629073527j:plain

行きは気づきませんでしたが、駅前の帷子川沿いで帷子川観察マップを発見。
横浜の近くにこんな豊かな生態系が残ってるんですね。

f:id:kenichirouk:20210629073555j:plain

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
横浜方面へお立ち寄りの際は是非♪