湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

銭湯データベース(富山県)

※市区町村・屋号共に五十音順となっております

富山市

coming soon.

 

射水市

coming soon.

 

魚津市

coming soon.

 

小矢部市

coming soon.

 

高岡市

coming soon.

 

砺波市

coming soon.

 

滑川市

coming soon.

 

南砺市

coming soon.

 

下新川郡

coming soon.

 

中新川郡

coming soon.

 

※銭湯データベースに戻る↓

yukatsu.hatenablog.com

スパ・アルプス|大泉|湯活レポート(サウナ編)vol.195

sauna-alps.com

Google マップ

【入浴日】2024/2/4

 

この日は富山湯巡りの宿泊先に「スパ・アルプス」さんへ行って参りました。
スパ・アルプスさんへは、富山地方鉄道不二越・上滝線 大泉駅を下車。大泉踏切を背に立山通りを立山連山へ向けて真っ直ぐ進みます。

暫く進むと、通りの右手にスパ・アルプスさんの看板と幟が見えて来ます。

駅から徒歩10分程でスパ・アルプスさん到着。

実はアクセス経路は翌朝、駅に向かう経路で撮影したものを逆に編集した物ですが、夜間到着した際は、こんな景色でした。スパアルプスさんのネオンが神々しいw

さて、入口では信楽焼の親子狸とアルプスの天然水がお出迎え。

静岡の「サウナしきじ」にも貼ってありましたが、コチラにも成分表が掲示されています。硬度高めの軟水でカルシウムを含むという事は似たような水質なのかも知れません。よく考えたら「サウナしきじ」は富士山のお膝元、「スパ・アルプス」は立山連山のお膝元ですから、土壌が近ければ似た水質になるかもです。

玄関の手前で今度は布袋尊もお出迎えしてくれました。

この日は空いていたので37(サウナ)番の下足箱を拝借。

北陸サウナの聖地と謳われるだけあり、ロビーには有名人のサインも沢山!

下はフロアマップ。1Fがロビー・浴室。2Fはレストラン、休憩室、カプセルルーム。

それでは早速受付を済ませ、まずは大浴場へ参ります。

さて、ココからはこの日宿泊でしたので、施設にご了承を得て、深夜どなたもいらっしゃらない時間帯にロッカールーム、浴室内も撮影させて頂きましたので、そちらの写真を交えてレポートを進めさせて頂きます。

宿泊者用ロッカールームの一角にも有名人のサウナが沢山あります。

さて、準備をととのえて、いざ大浴場へ。
コチラはカプセルホテル付のスパの為、大浴場入口にはナイロンタオル、髭剃り、歯ブラシ、ヘッドマッサージャー等のアメニティが揃っています。

まずはアメニティも駆使して全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
内湯の広い湯船は寝風呂付。手足を伸ばしてゆったりリラックス。

しっかり下茹でも済んだところでサウナ室へもお邪魔します。
スパ・アルプスさんのサウナは、中央に巨大なロッキーサウナを据えた3段座面の横に広いサウナで、この日のコンディションは100℃。
※奥の室温計が0.6℃を示していますが、100℃を超えると0℃になる為、100.6℃!

重厚感のある熱気に包まれ、じっくり発汗していきます。
発汗後、クールダウンの水風呂は二つあり、共に水温17度程。

サウナ室隣のバイブラ付き水風呂

サウナ室正面の打たせ水付き水風呂(吐水口の水は飲めます)

クールダウン後は外気浴テラスでととのいタイム。
※庭石が冷たいので、冬場は用意してあるスリッパを活用しましょう。

到着した日は夜遅かった事もあり、入眠前の以下2セット。

・ロッキーサウナ7分⇒バイブラ付き水風呂1分⇒外気浴5分
・ロッキーサウナ10分⇒打たせ水付き水風呂1分⇒外気浴3分

仕上げは内湯でしっかり温まり直し、熱めのシャワーで軽く流して上がりました。
湯上り後は、カプセルに潜り込んで朝までグッスリ。

翌朝、髭剃り、歯磨きで身支度を整えてお目覚めの朝ウナ。
サウナで体の芯まで温まった後の水風呂で全身の細胞が覚醒していきますw
・サウナ12分⇒打たせ水付き水風呂1分⇒外気浴5分

朝ウナでスッキリした後は、レストランで朝食(サ飯)も頂きました。

本日も良い湯、良きサウナ、美味しい朝食をありが湯ございました。
富山方面へお立ち寄りの際は是非♪

湯屋FUROBAKKA|黒部|湯活レポート(スーパー銭湯編)vol.44

furobakka.com

Google マップ

【入浴日】2024/2/4

 

この日は休日を利用し「湯屋FUROBAKKA」さんへ行って参りました。
湯屋FUROBAKKAさんの最寄駅は、あいの風とやま鉄道 黒部駅。

まずは駅前の通りを、あいの風とやま鉄道沿いに右手方向へ。

途中、何度か踏切を渡ったりガード下を潜ったりして線路沿いに近い道を進みますが、立山連山の雄大な景色や、あいの風とやま鉄道に見とれている内にアクセス経路の写真を撮り忘れちゃいました;;

さて、そのガード下を通り、下の変則五差路へ差し掛かったら正面左の道へ。

暫く進むと、通りの右手にFUROBAKKAさんの看板が見えて来ます。

黒部駅から徒歩30分程弱で湯屋FUROBAKKAさん入口に到着。

コチラは施設案内マップ。
受付から出てすぐが貸切サウナエリア「やまさんひろば」、右側がカフェ&焚火エリア「とみさんひろば」、左手が家族風呂エリア「たてさんひろば」。

この日目指すのは、入場券でフリーで利用出来る大浴場・黒部や。
薪が積まれた小路を進むと、正面に大浴場・黒部やの湯小屋が見えて来ます。

まずはいつも通り沐浴で全身お清めを済ませ、早速内湯からライド温♨
内湯は広い炭酸風呂で、手前は深め奥が浅めになって好きなポジションで寛げます。

軽く温まったところで露天エリアに移動して今度は岩風呂へ。

内湯と露天風呂でしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
大浴場・黒部やのサウナは2種あり、まずはあなぐらサウナから。

あなぐらサウナは薪ストーブを使用し、この日のコンディションは75℃。
マイルドなサウナですが、ししおどしロウリュが付いていて、時折落水し体感温度がぐんと急上昇します。心地よく発汗しつつ寛げるサウナです。

発汗後は露天の岩水風呂へ。こちらは水温13℃とキンキンに冷えています。

黒部やの水風呂は全部で3つ、全て露天エリアにありますが、どれも黒部の名水かけ流しで、どれも吐水口から飲める天然水水風呂。私史上、最高にクリアな水質で、しっかりクールダウンされますが、刺さるような痛さは感じられません。

2セット目からは山小屋サウナへ移動。

コチラも薪ストーブを使用し、室温は90℃程でセルフロウリュも可能。

時折、スタッフがアウフグースサービスを行ってくれ、この日3セット目に遭遇する事が出来ました。心地よい熱波とウッディベリーの爽やかな香りで大満足。
山小屋サウナとマリアージュさせたのは90㎝と160㎝の土管水風呂。
160㎝の方は、身長179㎝の湯活のススメ管理人がつま先立ちで顔を上げないと口元まで水に沈みます。コチラも勿論、黒部の名水100%かけ流しの超贅沢水風呂。

この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・あなぐらサウナ10分⇒岩水風呂1分⇒外気浴5分
・やまごやサウナ10分⇒土管水風呂(90㎝)1分⇒外気浴3分
・やまごやサウナ12分(アウフグース付)⇒土管水風呂(160㎝)1分⇒外気浴5分

仕上げは心地良かった内湯の炭酸風呂で再度じっくり温まり直し、掛け湯で軽く全身を流して上がりました。

 

貸切予約制の為、この日は利用しませんでしたが、やまさんひろばのバレルサウナ、たてさんひろばのコンテナサウナ、サムライサウナもご紹介しておきますね。

やまさんひろば・バレルサウナ(夜景)

たてさんひろば・コンテナサウナ

たてさんひろば・サムライサウナ

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
黒部方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、施設にお断りして公式HPより拝借しております。

SAUNA霧宙|両国|横綱級の個室プライベートサウナ!|湯活レポート(サウナ編)vol.194

sauna-muchu.jp

【所在地】東京都墨田区両国4-30-5 cogo 両国1F

Google マップ

【入浴日】2024/1/30

この日は2024/1/1 OPENした「SAUNA霧宙」さんへ体験入店で初訪問。
SAUNA霧宙さんへは、JR両国駅東口を出て正面の横綱横丁を直進。

横綱横丁を抜け、京葉道路にぶつかったところで左折。

駅から徒歩6分程で、右手にSAUNA霧宙さんが入るCOGO RYOGOKUが見えて来ます。

SAUNA霧宙さんはCOGO RYOGOKU 1F。
入口の看板が無いとココがサウナと分からず通り過ぎちゃうかもですね;;

中に入ると金ピカのエントランス。

右手に各種アメニティ品のレンタルや販売品と共に入室迄の流れが書いてあります。

入口で4種のアロマより1種類選べ、この日はNightのアロマをチョイス。

事前予約時間の2分前になったら、予約時に配布されたQRコードで開錠可能。
1F奥の扉を開けると、屋号通り「霧」と「宙」の二つのサウナ室があります。

今回用意されたのは「宙」の方の部屋。
さて、ココからはSAUNA霧宙さんは、事前予約制の貸切プライベートサウナの為、施設にご了承を得て撮影させて頂いた室内の写真も交えてレポートして参ります。

「宙」の部屋はMAX定員5名までのラグジュアリーなプライベート空間。

まずは、シャワーブースでいつも通り(いつもより丁寧にw)全身お清め。

サッパリしたところで、Nightのアロマをバケットに垂らして準備万端。

早速サウナ室へライド温🔥

「宙」の部屋のサウナは、個室サウナの常識を覆す天井高の3台タワー型のサウナ!

サウナストーブ以外にmadsaunistのスチームジェネレーターを標準装備し、常時シューシューと音を立て、エンドレスロウリュされている状態!

madsaunist.com

そのストーブにセルフロウリュも可能で、用意したNightのアロマ水をロウリュ。

サウナ室の設定温度は70℃との事ですが、恐らく室温は90℃超えで、体感温度は120~130℃にも感じられます。例えるならジリジリロースターで焼かれている感覚。
更にサウナ室内には、霧宙ミストなる機能が有り、ボタンを押すと天井からミストロウリュが噴射されます。一見涼し気に見えますが、これがまた激熱❕
ロウリュやアウフグースで浴びる高温蒸気が束になって全身に降りかかる感覚。

実はSAUNA霧宙さんでは「冷頭スプラッシュ」なる魔法瓶のようなボトルが置いてあり、何とサウナ室内で中の冷水を脳天から浴びてクールダウンも可能。これがまた得も言われぬ快感!燃えるような灼熱空間内で浴びる冷水。想像してみて下さい。

昨今はマナー上、汗を拭いて等と言われるサウナ室内ですが、コチラのサウナは常識を覆すスチームサウナ状態の室内にミストロウリュ、冷頭スプラッシュで、高温蒸気と高温ミスト、汗と冷水でビシャビシャの状態でサウナ室を脱出!

脱出後はサウナ室前の水風呂へ。この日の水温は17℃程。
コチラにもミストトノイなる機能が付いていて、ボタンを押すと天井からミストが降って来て、水風呂に居ながら冷たい霧に包まれる事が出来ます。

クールダウン後のととのいスペースも充実。
室内に並べられたととのい椅子の他にも・・・

奥にベッドスペースとその上にハンモックスペースが設けられています。
1セット目はベッドスペースで横になり、寝落ちしそうにw

2セット目はハンモックに上りサーキュレーターの風を浴びながら恍惚状態に。
高所恐怖症で無ければ、コチラが一番おススメかも。

3セット目はグラングランのガンギマリ状態で、ようやくととのい椅子に。太腿も凄いですが、この時、体中全身に過去最高レベルのあまみ*1の刻印が浮かんでいました。
※相変わらずオッサンの脚で申し訳ない;;

結局この日は以下3セット。
とにかくヤバい位の激熱サウナなので、サウナ室に10分、12分と入ってじっくり温まるいうよりは、セルフロウリュやミストロウリュで一気に体感温度を上げて、冷頭スプラッシュで生還し、ミストトノイ水風呂でリラックス、その後の休憩での究極の解放感を味わうのが醍醐味かと感じました。

・ミストロウリュサウナ7分⇒ミストトノイ水風呂1.5分⇒ベットエリア10分
・ミストロウリュサウナ7分⇒ミストトノイ水風呂1.5分⇒ハンモックエリア10分
・ミストロウリュサウナ7分⇒ミストトノイ水風呂1.5分⇒ととのい椅子10分

仕上げは乾いた髪にトリートメントを施しつつ、熱めのシャワーで温まり直してから上がりました。湯上り後はドレッサーに各種アメニティも揃っているので安心です。

さて、この日はもう一つの「霧」の部屋も空室時に撮影させて頂きましたので、紹介しておきますね。

「霧」室内~コチラはMAX定員4名。リビングのような落ち着いた空間

「霧」シャワーブース~コチラもオーベーヘッドとハンドシャワーが2基

「霧」サウナ室~入口から中を見た様子

「霧」サウナ室~中の様子。コチラは2段座面のコンパクトサイズ

「霧」水風呂~コチラもミストトノイミスト装置付

「霧」ととのいスペース~コチラはととのい椅子とベットスペース

「霧」ドレッサー~コチラは女優ミラーが一つ

本日は超絶凄いサウナをありが湯ございました。
SAUNA霧宙さんは、HPからの事前予約制です。ビジター利用出来ますが、会員になると会員割引も適用されます。気になる方は是非ご予約を♪

*1:高温のサウナと低温の水風呂のループで体温を下げようと深部から表皮に向かって流れる血流と、体温を逃すまいと深部に還流する血流現象が同時に起こり、体表にキリンの網目状の模様を浮き上がらせる様

ALWAYS SAUNA芝浦|田町|湯活レポート(サウナ編)vol.193

always-s.com

【所在地】東京都港区芝浦 3-11-10 恵谷ビル2F

Google マップ

【入浴日】2024/1/30

 

この日は昨年12月にOPENした「ALWAYS SAUNA芝浦」さんへ行って参りました。
ALWAYS SAUNA芝浦さんへは、JR田町駅東口(芝浦口)より、なぎさ通りを直進。

駅から徒歩5分程、さざなみ通りの角にALWAYS SAUNA芝浦さんはあります。

ALWAYS SAUNA芝浦さんは、コチラの階段を上った2F。

入口のロゴの下にあるセンサーに事前予約時に配布されたQRコードを読み込ませて入室するスタイル。コロナ禍の影響からか、無人、非接触型の施設が増えましたね。

中に入るとまずVIPルームがあり、角を曲がると後3つのサウナRoomがあります。

この日予約したのは正面のStandard room2。

さて、ココからはALWAYS SAUNA芝浦さんは、事前予約の個室プライベートサウナの為、撮影した室内写真も交えながらレポートを進めて参ります。
Standardとはいえ、休憩椅子も2脚用意してあり、コチラはMAX定員2名で利用可。

まずはシャワーブースでいつも通り全身お清め。

お風呂や水風呂は無いですが、その分アメニティは充実しています。

全身サッパリしたところで、早速サウナ室へライド温🔥
ALWAYS SAUNAさんは、サウナ室入口にサウナ室の温度を可変出来るリモコンが設置されており、80℃~100℃の範囲で自分好みに設定可。この日はMAXの100℃を選択。最近、調光、調色等、調整可能な施設は多いですが、室温調整可は良いですね!

室内のベンチは広く、身長179㎝の湯活のススメ管理人が寝そべっても前後に余裕があり、全幅2m程。個室サウナのコンパクトなスペース内で中心のサウナスペースに最も面積を割き贅沢に創り上げた感があります。

個室サウナには贅沢過ぎるフィンランドSAWO社製の円筒形サウナストーブを使用。

勿論セルフロウリュも可能で、ロウリュすると柔らかな熱気に全身包まれます。

室温も入室時84℃程でしたがジリジリ温度を上げ、3セット終了時には100.5℃に!

タップリ発汗した後はシャワーブースで脳天から冷水シャワーを浴びクールダウン。
休憩椅子に横たえ、サーキュレーターの風を浴びながらのととのいタイム。

この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・サウナ7分⇒冷水シャワー0.5分⇒休憩5分
・サウナ10分⇒冷水シャワー0.5分⇒休憩3分
・サウナ12分⇒冷水シャワー0.5分⇒休憩5分

仕上げは乾いた髪にトリートメントを施しつつ、熱めのシャワーで軽く流してから上がりました。

 

本日も良きサウナをありが湯ございました。
ALWAYS SAUNA芝浦さんは、HPからの事前予約制です。気になる方は是非ご予約を♪

トーセイホテル ココネ築地銀座プレミア|築地市場|(スーパー銭湯編)vol.43

tosei-hotel.co.jp

【所在地】東京都中央区築地6-23-8

Google マップ

【入浴日】2023/10/8

 

この日は「トーセイホテル ココネ築地銀座プレミア」さんへ行って参りました。
トーセイココネ銀座築地プレミアさんの最寄駅は大江戸線の築地市場駅。大江戸線は都営地下鉄で最も新しい路線で各駅構内で極彩色のレリーフがみられます。

その築地市場駅よりA1出口を出て、まずは正面の通りを右手方向へ。

その先、市場橋交差点を右折し、波除通りへ。

暫らく波除通りを直進し、築地場外の外れをぶら~り。

駅から徒歩6分程でトーセイココネ銀座築地プレミアさん到着。

コチラは全11F建てのホテルで、下から見上げると圧巻です。
築地という場所柄もあり、渡航解禁されてからは海外からの利用客も多いようです。

それでは1Fエントランスより中へお邪魔します。

コチラはフロア案内図。大浴場は2Fですね。

階段を上って2F大浴場フロアへ。コチラでは日帰り入浴も受け付けています。

2Fカウンターでカードキーを受け取り、いざ大浴場へ。
トーセイホテル ココネ築地銀座プレミアさんでは、男湯を獅子の湯、女湯をつきの湯と名付けています。脱衣場にネーミングの由来が掲示されており、それによると巨大な獅子頭を掲げて波除を祈る『つきじ獅子祭』に由来し、入浴客の邪気を祓い、健康と活力を願ってネーミングされたそうです。

暖簾の奥には下足箱が有り、この日は026(お風呂)番を拝借w

脱衣場の入口はホテルらしくカードキーで開錠。

準備を整え浴室に入ると、アースカラーの落ち着いた雰囲気の浴室。

まずは洗い場へ。シックな浴室に妙にマッチした木桶と木の椅子。コチラはホテルの大浴場ですので、シャンプー、ボディーソープは勿論、コンディショナー、髭剃り、シェービングフォーム、歯ブラシとアメニティも揃っていて手ぶらで楽しめます。

沐浴で全身お清めも済んだところで、早速お風呂へライド温♨
浴槽は奥が適温の白湯でセンターが人肌の炭酸泉。まずはこちらで下茹で。

湯巡りでしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
獅子の湯のサウナはMETOS社製の巨大なikiストーブを使用し、この日の室温は95℃。
サウナストーブから放出される遠赤外線が柔らかな熱で優しく包み込んで来ます。

発汗後はサウナ室前の水風呂へ。こちらは水温17.6℃。

クールダウン後は、浴室に用意された椅子でととのいタイム♪
この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・サウナ7分⇒水風呂1分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒水風呂1分⇒休憩3分
・サウナ12分⇒水風呂1分⇒休憩5分

仕上げは炭酸泉にじっくり浸かって再度温まり直し、乾いた髪にトリートメントを施してから熱めのシャワーで軽く流して上がりました。

 

湯上り後はコミックコーナーやフリードリンクも置かれた1Fラウンジで寛ぐ事も出来ますが、コチラは宿泊者専用ですのでご注意下さい。

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
築地方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内、ラウンジの写真は、施設のご厚意で頂いた画像データより拝借しております。
※コチラのホテルの大浴場ですが、本ブログ内ではスーパー銭湯編にカテゴリさせて頂きました。

自宅風呂で「H.L.Bバスパウダー」を試してみた|湯活のススメ(入浴剤編)vol.246

hlb.ink

【入浴日】2024/1/20


この日は自宅入浴剤デーで、「H.L.Bバスパウダー」を試してみました。
H.L.BはHealthy(健康)、Life(生活)、Beauty(美)の頭文字だそうです。

発泡系入浴剤は投入と同時に発泡が始まる為、入浴直前の投入がおススメです。
という訳でまずは入浴前の沐浴で全身お清め。
全身サッパリしたところで、開封してみるとパステルピンクのバスパウダー。

それではパステルピンクのバスパウダーをサラサラと湯船に投入。

サラサラサラ・・・ドバーッw

投入するとミルキーピンクの気泡がシュワシュワと湯の中に広がっていきます。

手早く準備しミルキーピンクの泡の中に身を沈めると、はぁぁぁぁ。。。
浴感は軽いスベスベですが、肌にまとわりつく為、肌はヌルヌルした感触に。
※この日はHPによるとゆずの香りとの事で、柑橘系カラーのタオルをチョイスw

仄かなゆずの香りで、湯に浸かりながらすっかりリラックス。

暫し温まってから、熱めのシャワーで全身を流して上がりました。
湯上り後、湯船を覗くと赤身は影を潜めてクリアイエローのお湯に。

気になる方は、是非一度お試し下さいませ♨

※コチラは湯活データベース(入浴剤編)です。スゴイ入浴剤続々!併せてご覧ください↓

yukatsu.hatenablog.com

自宅風呂で「酵素で洗うラベンダーセボンの香り」を試してみた|湯活のススメ(入浴剤編)vol.245

www.honyaradoh.pw

【入浴日】2024/1/19


この日は自宅で、「酵素で洗うラベンダーセボンの香り」を試してみました。
コチラもシリーズで幾つか出ていますが、発泡系入浴剤に分類されます。

発泡系入浴剤は投入と同時に発泡が始まる為、入浴直前の投入がおススメです。
という訳でまずは入浴前の沐浴で全身お清め。
全身洗い終えたところで、開封してみると数錠のタブレットとバスパウダー。

それではそのタブレットとバスパウダーを一気に湯船へ投入。

投入すると乳白色のナノバブルがシュワシュワと湯の中に広がっていきます。

手早く準備し乳白色のナノバブルの中に身を沈めると、はぁぁぁぁ。。。
謳い文句通りゴシゴシこすらず軽く撫でて軽いスベスベ感を満喫。
※この日は入浴剤にちなみ乳白色のタオルをチョイスw

乳白色のナノバブルは、例えて言うならカルピスサワー、アンバサ、愛のスコール。
ホットカルピスサワーに浸かっている感覚と言えばご想像出来ますでしょうか?

パッケージ表示のラベンダーセボンの香りは微かなので余り気にならない程度かも。
暫し温まってから、熱めのシャワーで全身を流して上がりました。

 

気になる方は、是非一度お試し下さいませ♨

※コチラは湯活データベース(入浴剤編)です。スゴイ入浴剤続々!併せてご覧ください↓

yukatsu.hatenablog.com

自宅風呂で「きき湯 マグネシウム炭酸湯」を試してみた|湯活のススメ(入浴剤編)vol.244

www.bathclin.co.jp

【入浴日】2023/1/17


この日は自宅入浴剤デーで、「きき湯 マグネシウム炭酸湯」を試してみました。
マグネシウムと言えば「エプソムソルト=硫酸マグネシウム」や「にがり=塩化マグネシウム」が入浴剤としては一般的ですが、マグネシウム炭酸泉は珍しいですね。
いずれにしろ経皮吸収で凝りや筋肉疲労を緩和し、足の攣り等の予防効果がある為、じっくり浸かってみたいと思います。

発泡系入浴剤は投入と同時に発泡が始まる為、入浴直前の投入がおススメです。
という訳でまずは入浴前の沐浴で全身お清め。
全身サッパリ洗い終えたところで、開封してみると小粒の若草色のタブレット。

それではその若草色のタブレットをパラパラと湯船に投入。

投入すると若草色のナノバブルがシュワシュワと湯の中に広がっていきます。

手早く準備し若草色のナノバブルの中に身を沈めると、ふぅぅぅぅ。。。
ナノバブルが全身を撫でていき、軽いスベスベ感があります。
※この日は入浴剤にちなみ若草色に近い色のタオルをチョイスw

微かに香るカボスの柑橘系の香りで、湯に浸かりながらすっかりリフレッシュ。

暫し温まってから、熱めのシャワーで全身を流してフィニッシュ。
湯上り後、湯船を覗くと湯がクリアな若草色に染まっていました。

気になる方は、是非一度お試し下さいませ♨

※コチラは湯活データベース(入浴剤編)です。スゴイ入浴剤続々!併せてご覧ください↓

yukatsu.hatenablog.com