湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

湯活レポート(銭湯編)vol335.亀有銭湯散歩①「ゆートピア21」

f:id:kenichirouk:20200709070657j:plain

katsushika1010.com

f:id:kenichirouk:20200709070741p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/7/8


この日は西日暮里方面へ出掛けたついでに、少し足を伸ばし亀有方面を銭湯散歩する事とし、1湯目に「ゆートピア21」さんへお邪魔しました。
ゆートピア21さんへは、JR亀有駅下車、南口を出ます。
南口正面ロータリーで「こちら亀有公園前派出所」のメンバーがお出迎えw

f:id:kenichirouk:20200709071052j:plain

ロータリーを左手に進むと駅から徒歩1~2分でゆートピア21の看板が見えて来ます。
この構図ですと、地方都市の映画館のようですが、正面から見ると宮造り銭湯です。

f:id:kenichirouk:20200709071207j:plain

入口にはゆートピア21さんの案内板。

f:id:kenichirouk:20200709071240j:plain

中に入ると広くて明るいロビー。

f:id:kenichirouk:20200709071314j:plain

それでは受付を済ませ、浴室へお邪魔します。

 

浴室内に入ると、正面は海辺でイルカやトビウオに乗るカッパ天国のタイル絵。

f:id:kenichirouk:20200709115107j:plain

1湯目ですので、丁寧に沐浴で全身お清めを済ませてからお風呂へライド温♨

f:id:kenichirouk:20200709115149j:plain

お風呂はセンターが麦飯石濾過水を使用したメインバスで、座風呂とバイブラバスが付いています。手前がくすり湯でこの日は瑞恵泉。当帰、甘草、陳皮、桂皮、生姜、川弓、紅花、薄荷等の天然生薬のブレンド薬湯。生薬の香りに包まれタイル絵を眺めていると、ここがカッパの隠し湯のような気分にw

 

カッパの隠し湯!?で体も温まったところで、サウナ室へもお邪魔します。

f:id:kenichirouk:20200709105651j:plain

ゆートピア21さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターで、この日の室温は100℃。
なかなかパワーのある熱量で発汗作用はかなりキテます。
そしてBGMはド演歌♪ 全ては分かりませんが、聞き取れた曲だけUPしておきますので、是非ご視聴頂きながら、ド演歌サウナの世界に浸って頂ければと存じますw


三百六十五歩のマーチ 水前寺清子(1996 OA)


娘に 吉 幾三


KEB981 浮雲 香西かおり (1999)190818 vL HD


長崎は今日も雨だった(高音質) 内山田洋とクールファイブ


夫婦みち オーロラ輝子(河合美智子)


新宿そだち(津山洋子、大木英夫)


お祭りマンボ(美空ひばり)

流石にチーターとか美空ひばりに歌われたら途中退出出来ませんw
この日は20℃の水風呂でクールダウンしつつ以下3セットで❝ととのい❞*1ました。

・ド演歌サウナ2曲⇒水風呂1分⇒休憩3分
・ド演歌サウナ3曲⇒水風呂1分⇒休憩3分
・ド演歌サウナ3曲⇒水風呂1分⇒休憩5分

仕上げは瑞恵泉の生薬に癒され、シャワーで軽く汗を流して上がりました。

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪
※浴室内は撮影不可の為、葛飾区浴場組合Webサイトより拝借しております。
※この後はその他の亀有銭湯散歩へTo be continued♪

*1:ド演歌サウナ、水風呂、休憩のループで魂がカッパ天国に誘われる様

湯活レポート(銭湯編)vol334.早稲田「豊川浴泉」

f:id:kenichirouk:20201021063941j:plain

www.1010.or.jp

【入浴日】2020/10/20

f:id:kenichirouk:20200308085016p:plain

Google マップ

 

この日は仕事終わりに「豊川浴泉」さんへお邪魔しました。
豊川浴泉さんへは、都電荒川線 早稲田駅が最寄です。
早稲田駅は都電荒川線の終点の為、降車して車両を撮影した際は、折り返しの三ノ輪橋行きに表示板が変わっていました。

f:id:kenichirouk:20201021064218j:plain

降車ホーム眼前の都電早稲田駅交差点で新目白通りから左折。

f:id:kenichirouk:20201021064559j:plain

豊橋で神田川を渡ってそのまま直進。

f:id:kenichirouk:20201021064654j:plain

突き当りを左折し、駅から徒歩5~6分。
路地の先に豊川浴泉さんの外観が不夜城のように宵闇に浮かび上がります。

f:id:kenichirouk:20201021065131j:plain

建物横手からは豊川浴泉さんの煙突も拝む事が出来ます。

f:id:kenichirouk:20201021065408j:plain

店頭には今週の薬湯が掲示。「今日はジャスミンの湯か。」心の中で呟きつつ、入浴気分が一気に高まって来ます。

f:id:kenichirouk:20201021072003j:plain

玄関上の欄間の格子と鶴のレリーフがライトアップされてとても綺麗。

f:id:kenichirouk:20201021065643j:plain

玄関脇には紅葉飾りがあり、秋の風情が感じられます。

f:id:kenichirouk:20201021065855j:plain

中に入ると見事な折り上げ格天井。

f:id:kenichirouk:20201021070104j:plain

早速受付を済ませて浴室へお邪魔します。

f:id:kenichirouk:20201021070344j:plain


浴室正面には2019.7.22本栖湖と書かれた銭湯絵師 中島盛夫氏の富士山を望むペンキ絵が入浴客をお出迎え。
※写真は店舗紹介ページからの拝借ですが、現在の絵は描き変えられた物のようです。

f:id:kenichirouk:20200307085542p:plain

それではいつも通り、備え付けのリンスインシャンプー、ボディーソープで全身を丁寧に洗って禊を済ませたところでお風呂にライド温♨

 

メインバスはセンターがリラックスバスで、右手が浅湯でバイブラが付いています。
まずはこちらで軽く血行促進し、左手の薬湯へ。
エメラルドグリーンのジャスミンの湯に浸かりながら富士山のペンキ絵を鑑賞。ジャスミンの仄かな薫りに包まれて至福のバスタイムをエンジョイ♪
最後は立ちシャワーで熱めのシャワーを浴びて上がりました。

 

湯上り後、ドライヤーや綿棒も無料で立ち寄り湯の身としては嬉しいですね。
アメニティもそうですが、豊川浴泉さんの素晴らしいところは、細部までピカピカで、目の付く先々にちょっとした小物や季節飾りが施されており、入浴客への心配りが行き届いているところです。温浴設備の数や豪華な内装はお金を掛ければ出来ると思いますが、毎日毎日のおもてなしの中で、細部まで清潔感や心配りを行き届かせるのは経営者のご努力の賜物です。目に触れる一つ一つのサービスや飾りに心の中まで温かい気持ちになりました。

 

実は豊川浴泉さん訪問で文京区銭湯はコンプリート!
気持ち良い湯とサービスでまたお邪魔してみたいですね。
本日も良い湯をありがとうございました♨
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、店舗紹介ページより拝借しております。

湯活レポート(銭湯編)vol333.閉店銭湯お別れ編 春日「富士見湯」

f:id:kenichirouk:20201016195230j:plain

Google マップ

【入浴日】2020/10/16
【閉店日】2020/10/31

 

この日は閉店の一報を受け、「富士見湯」さんへ。
富士見湯さんへは、都営三田線 春日駅A6出口より右手方向へ進み、西片交差点を渡って白山通りを直進。

f:id:kenichirouk:20201016195421j:plain

オリンピックの先のY字路を右手方向へ。

f:id:kenichirouk:20201016195829j:plain

駅から徒歩7分程で右手に富士見湯さんの看板が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20201016200026j:plain

建物の脇から煙突の全景も見られましたよ。

f:id:kenichirouk:20201016210412j:plain

それでは暖簾を潜ってお邪魔します。左手が男湯、右手が女湯。

f:id:kenichirouk:20201016210632j:plain

中に入ると脱衣場は見事な折り上げ格天井に現役の柱時計。
浴室側の壁には春夏秋冬の富士見湯さんの絵が貼りだされています。
富士見湯さんは、文京区に唯一残る番台式銭湯。受付を済ませ、いざ浴室へ。


浴室正面は男女浴室に跨るセンター富士のタイル絵。

f:id:kenichirouk:20201017062334p:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
富士見湯さんはHP等にも浴室写真等ございません為、ここからは私の拙い図解とレポートでお届けして参ります。

f:id:kenichirouk:20201017062412p:plain

正面左手の広い低温・浅湯には、各種ジェット水流や気泡浴が付いていますが、この内リラックスバスとハイパージェットエステは故障中の為か、ジェットは止まっていました。この辺りの設備問題も閉店の遠因になっているようです。

その隣は高温の深湯で、こちらは44℃程の江戸前熱湯。こちらでしっかり温まってから、右手の薬湯へ。カランに豊潤な香りの袋入り天然生薬が結わえられていて、おかみさんにお伺いしたところ、「ウチはずっと人参實母散」との事。人参實母散の香りに包まれながら、ゆっくり温まります。

体の芯まで温まったところで、手前の冷水風呂へ。水温22℃程ですが、バイブラも効いていて体感は2~3℃低く感じます。

この日は人参實母散と冷水風呂を2度、3度と温冷交互浴。
最後は立ちシャワーで熱めのシャワーを浴びてから上がりました。


本日も良い湯をありが湯ございました。
富士見湯さんの閉店は2020年10月31日。

f:id:kenichirouk:20201016195214j:plain

高齢化や建物・設備老朽化に加え、コロナの影響による客数減、対策の負荷でこのタイミングでの閉店をご決意されたようです。私がSNSよりこの情報を得たのが10/16。その日にお伺いして閉店の張り紙は確認しましたが、おかみさんにお話をお伺いしたところ、「まだ廃業の届出は出していない」と仰られていたので、レポートUPを控え、公式HP等に情報が出たタイミングでのUPとさせて頂きました。

富士見湯さんがこちらを引き継ぐ前はたぬき湯さんと呼ばれていたそうで、明治期に現在の五千円札にも登場する樋口一葉が通ったのではないかとの話もあるそうです。その後、現在の富士見湯さんが継がれ、二代に渡り57年間、地域のコミュニティとして熱い湯を沸かし続けて頂いた事に感謝!

月3回水曜日定休との事で、営業時間は15:30-23:30です。

※浴室内は撮影不可の為、店舗紹介ページより拝借しております。

湯活レポート(銭湯編)vol332. 扇大橋「星谷浴泉」

f:id:kenichirouk:20200718204740j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20200718080236p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/7/18

 

この日は日暮里舎人ライナーで扇大橋の「星谷浴泉」さんへ。
日暮里舎人ライナーは無人モノレールの為、最前列は絶景です。
この日は扇大橋までの動画を撮ってみましたので、最寄駅までのワンステーショントリップを併せてお楽しみくださいw


2020 7 18 日暮里舎人ライナー 扇大橋までの1駅トリップ

扇大橋下車後は東口を出て一つ目の信号で左折し、江北橋通りへ。

f:id:kenichirouk:20200718205011j:plain

暫く直進したら、左手の扇東公園を過ぎた辺りで、右手の路地へ。

f:id:kenichirouk:20200718205059j:plain

この路地の突き当り左手すぐ、星谷浴泉の煙突が見えて来ます。駅から徒歩10分程。

f:id:kenichirouk:20200718205128j:plain

水色の暖簾を潜ると、右手が男湯、左手が女湯。

f:id:kenichirouk:20200718205211j:plain

入口番台で受付を済ませ、早速浴室へ参ります。

 

浴室に入ると、正面には霊峰富士のペンキ絵。写真は店舗紹介ページの物ですが、描き変えられたようで、男女浴室跨ぎではなく、男湯だけに聳えた霊峰富士の麓の滝より清水が浴槽に注ぎ込む構図のペンキ絵になっていました。

f:id:kenichirouk:20200718080730j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
星谷浴泉さんはHP等に浴槽の写真が出ておりません為、私の拙い図解と解説でお付き合い願います。

f:id:kenichirouk:20200719101508p:plain

最初は左手のポイントマッサージで軽く血行促進。続いて中央の浅湯でじっくり温まります。ポイントマッサージ部分と浅湯は浴槽内で繋がっていて、共に44℃の江戸前熱湯。体が温まったところで右手の薬湯へ。この日は温浴素じっこうで、こちらの湯温は40℃程と生薬の香りを楽しみながらのリラックスバスタイムが楽しめます。

薬湯で霊峰富士のペンキ絵を眺めながら心ゆくまで温まり、最後は熱めのシャワーで軽く汗を流してから上がりました。

本日も良い湯をありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、店舗紹介ページより拝借しております。

湯活レポート(銭湯編)vol331. 荒川土手操車場前「江北湯」

f:id:kenichirouk:20200718203601j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20200719075856p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/7/18

 

この日は足立区の「江北湯」さんへお邪魔しました。
最寄は荒川土手操車場バス停ですが、日暮里舎人ライナー江北駅からも徒歩10分程度で行けますので、この日はこちらから。西口を出て江北四丁目交差点で江北バス通りを左折し、そのままひたすら直進。

f:id:kenichirouk:20200718203640j:plain

駅から徒歩10分程で右手に軟水銭湯 江北湯さんの看板が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20200718203809j:plain

入口両サイドのブロック塀にはペンキ絵が見られます。
左手は銭湯絵師 故早川利光氏の威風堂々の貴重な霊峰富士の雄姿。

f:id:kenichirouk:20200718203840j:plain

右手はかわいらしいコアラとカバのメルヘンなペンキ絵。

f:id:kenichirouk:20200718203909j:plain

入口を入ると正面には柱時計と、男女浴室入口上に施浴黎明期の光明皇后洗湯由来図が掲げられていますので、興味のある方は是非、入浴前に上の方も見てみてください(浴室内は滑る為、足元には注意!)

f:id:kenichirouk:20200718203945j:plain

それでは受付を済ませて男湯脱衣所へ。

 

天井は重厚な折り上げ格天井、中庭に縁側、高い湯気抜き窓の伝統スタイル。

f:id:kenichirouk:20200718074130j:plain

準備を済ませて浴室に入ると、正面には黄金富士。Googleインドアビューの写真では青富士ですが、新しいペンキ絵の雅号から2020.6.26に描き変えられたようです。田無の「松の湯」さんの黄金富士にタッチが似ていたのでご主人に確認してみると銭湯絵師 田中みずき女史の手によるものだそうで、柔らかなタッチの神々しい霊峰富士が扇ぎ見られます。

f:id:kenichirouk:20200718074212j:plain
※ちなみに田無の「松の湯」さんはコチラです。黄金富士はコチラをご参照ください↓

yukatsu.hatenablog.com

まず入口のかけ湯でお湯に体を慣らし、沐浴で全身お清め。
全身スッキリしたところで早速お風呂へライド温♨
※写真はGoogleインドアビューからの拝借ですが、その後改装でレイアウトが変わっていました。

f:id:kenichirouk:20200718074235j:plain

センターのメインバスは右手にハイパージェットとサイドジェット、真ん中がバイブラバスで左手に電気風呂もあります。各種水流と電浴で軽く血行促進。

正面ペンキ絵の下は高濃度浸透炭酸泉。江北湯さんは軟水ですので、炭酸ガスの経皮吸収も効率が良さそうです。こちらでじっくりリラックスバスタイム。

仕上げは入口側の薬湯で、この日はハワイアンブルーの湯。ブルーとの事ですが、色は綺麗なエメラルドグリーンです。薬湯の効能を全身で受け止めて、湯上り後はレインシャワーで冷水を頭から浴び汗止めをしてから上がりました。


本日も良い湯をありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※脱衣所、浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。

湯活レポート(銭湯編)vol330.木場銭湯散歩②「ニュー松の湯」

f:id:kenichirouk:20200913110611j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20200706100009p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/9/12

 

この日は木場のニュー松の湯さんへお邪魔しました。
以前同じ木場の金春湯さんの流れでお伺いした際が定休日でした為、二か月越しの銭湯散歩となりました。二つの日程の訪問時間の関係で、写真の露光がバラバラな点ご容赦願います。ニュー松の湯さんへは、東西線木場駅下車、1番出口を出て左方向すぐの沢海橋で大横川を渡ります。

f:id:kenichirouk:20200707044435j:plain

一本目の路地を左折し、その先2本目を右折すると左手がニュー松の湯さん。
駅から徒歩2分程ですので、便利です。
※下は2020/7/6に前を通った時の物。この日は店休日でした。

f:id:kenichirouk:20200913111209j:plain

入口脇にはニュー松の湯さんの案内板。疲れを癒すバイブラ&座風呂、ん~早く癒されたいですね~w

f:id:kenichirouk:20200707044549j:plain

中に入ると青の絨毯のロビーに正面には相撲絵のタペストリ。

f:id:kenichirouk:20200913110855j:plain

それでは受付を済ませて浴室へお邪魔します。

 

浴室に入ると正面には大きなヤシの木と南国の砂浜のタイル絵。遠景に丘が見える辺り、ハワイのダイヤモンドヘッドを臨むワイキキビーチかも知れませんね。

f:id:kenichirouk:20200706101157j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、いざお風呂へライド温♨
ニュー松の湯さんのお風呂は右手が座風呂で左手が浅湯のバイブラバス。

f:id:kenichirouk:20200706101214j:plain

座風呂で軽く血行促進し、浅湯のバイブラへ。
湯の流れに身を任せながらヤシの木のタイル絵鑑賞しながら、気分はハワイはワイキキビーチのホテルのジャグジーw 湯に浸かりながら良い気分にさせてもらいました。

 

帰りに沢海橋を渡る際に大横川からの汐風に吹かれながら、ふと、この先の海もハワイに繋がっているんだな、等という事を考えながら帰路に着きました。

f:id:kenichirouk:20200914131010j:plain

f:id:kenichirouk:20200914131140j:plain

本日も良い湯をありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。
※コチラは木場銭湯散歩1湯目の「金春湯」さんの入浴レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

湯活レポート(銭湯編)vol329.木場銭湯散歩①「金春湯」

f:id:kenichirouk:20200707052346j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20200706094528p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/7/6

 

この日は木場銭湯散歩で1湯目に「金春湯」さんへお邪魔しました。
金春湯さんは都内に3湯。コチラの他に大崎と銀座にもあります。

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

木場の金春湯さんへは、東西線 木場駅下車。
駅にも江戸時代の木場の風景が描かれています。

f:id:kenichirouk:20200707052636j:plain

2番出口を出て右手へ進み、一本目を左折し、こちらの赤い欄干の橋を渡ります。

f:id:kenichirouk:20200707062311j:plain

渡った先の須崎神社前を通過。

f:id:kenichirouk:20200707062339j:plain

その先突き当りを左折し道なりに進むと今度は西須崎橋を渡ります。

f:id:kenichirouk:20200707062410j:plain

二本目の路地を右折すると駅から徒歩5分程、左手に金春湯さんが見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20200707062434j:plain

 

それでは受付を済ませて浴室へお邪魔します。
浴室正面には富岳三十六計「神奈川沖浪裏」のタイル絵。

f:id:kenichirouk:20200706095300j:plain

この日1湯目ですので、丁寧に沐浴を済ませ、早速お風呂へライド温♨

f:id:kenichirouk:20200706095340j:plain

右手の円形浴槽が座付きジェットバス、左手が浅湯でバイブラ付き。
金春湯さんのお風呂はセラミック濾材で濾過した遠赤外線鉱泉水を使用しているそうで、発汗、血行促進、疲労回復効果が高いとの事。
座付きジェットバスの水流マッサージが心地よく、暫し堪能した後、浅湯に移動し、リラックスしながら富嶽三十六計の荒波の向こうの富士山を鑑賞。熱い湯と表記がありましたが、湯温は41℃前後の適温ですので、安心して寛げます。

 

最後は立ちシャワーで頭から水浴びで汗止めをしてサッパリ。
冷房の効いた脱衣所で清々しい気分で寛がせて頂き、夏場の銭湯巡りがまた好きになりました。

 

ちなみにGoogleインドアビューによると女湯のタイル絵は、同じく富嶽三十六計から「凱風快晴」をモチーフにしたタイル絵。こちらも雄大で良いですね。

f:id:kenichirouk:20200706101330j:plain

本日も良い湯をありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。
※コチラは、木場銭湯散歩2湯目の「ニュー松の湯」さんの湯活レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

湯活レポート(銭湯編)vol328.綱島の温泉銭湯「富士乃湯」

f:id:kenichirouk:20201018094006j:plain

k-o-i.jp

【入浴日】2020/10/17

Google マップ

f:id:kenichirouk:20201018101342p:plain

f:id:kenichirouk:20201018101652j:plain

 

この日は菊名の福美湯さんからの流れで綱島の「富士乃湯」さんへ。
富士乃湯さんへは、東急東横線 綱島駅西口より左手方向に進み、大通りを右折。

f:id:kenichirouk:20201018094120j:plain

左手に綱島本通郵便局が見えるとあと少し。

f:id:kenichirouk:20201018100456j:plain

上町バス停を過ぎた先の路地を左折。

f:id:kenichirouk:20201018100645j:plain

路地の入口には富士乃湯さんの方向を示す案内板と電光掲示板。

f:id:kenichirouk:20201018100737j:plain

駅から徒歩10分強で富士乃湯さん。

f:id:kenichirouk:20201018100856j:plain

中に入ると落ち着いたロビー。換気の為、窓は開けてあります。

f:id:kenichirouk:20201018101023j:plain

実はこちらにお伺いするまで、富士乃湯さんが温泉銭湯とは気づいていませんでしたが、ロビーの壁に冒頭の温泉分析書が!
泉質名はナトリウム-炭酸水素塩泉(旧泉質名「純重曹泉」)、ph7.8の弱アルカリ性で化粧水成分のメタケイ酸も86.4㎎/㎏と規定値の1.6倍以上含まれるW美肌の湯。入浴前から俄然楽しみになって来ましたw

 

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。
浴室正面には天井まで届く大迫力の富士山が男女浴室を跨いで天に聳え、その裾野から渓流が浴槽へ注ぎ込んでいるような構図のタイル絵。
浴室奥には水槽があり、大きな錦鯉が泳いでいます。

f:id:kenichirouk:20201005130924j:plain

この日は2湯目でしたので沐浴は簡潔に済ませ、早速お風呂へライド温♨
メインバスは正面が電気風呂、寝風呂、スーパージェットの電浴・水流三兄弟。その奥がバイブラの気泡浴。まずはこちらで軽く血行促進。

そのお隣が天然温泉のラジウム鉱泉風呂。冒頭の美肌源泉がたっぷり注がれて熱く沸かされています。茶褐色のモール泉*1を味わいじっくり体の芯まで温まります。

 

美肌の天然温泉で温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
富士乃湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターでこの日のコンディションは88℃。
予め天然温泉で下茹でを済ませている事もあり、心地よく発汗。
発汗後はサウナ室前の水風呂(18℃)へ。
この日は以下3セット。

・サウナ7分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒水風呂1.5分⇒休憩5分

仕上げはやはりラジウム鉱泉風呂で天然の黒湯モール泉に浸かり、美肌の源泉をしっかり皮膚に取り込んで、体も温まったところで軽く拭いて上がりました。

 

神奈川浴場組合WebサイトにはYoutubeの動画もUPされていましたので、こちらでも紹介しておきますね。


富士乃湯

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
綱島方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、神奈川県浴場組合Webサイトより拝借しております。

*1:古代海水由来の植物質を含む茶褐色から黒色の温泉でミネラルを豊富に含み、特有の香ばしい香りが感じられます

湯活レポート(銭湯編)vol327. 菊名 癒しのサウナと炭酸泉銭湯「福美湯」

f:id:kenichirouk:20201018080241j:plain

http://park8.wakwak.com/~fukumiyu/index.html

f:id:kenichirouk:20201018080422p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/10/17

 

この日は菊名へ足を伸ばして休業明けの福美湯さんへ。
福美湯さんへは、JR横浜線、東急東横線 菊名駅下車、東口階段を下り左手方向へ。

f:id:kenichirouk:20201018080818j:plain

こちらの中華店の手前の路地を左折。

f:id:kenichirouk:20201018081248j:plain

駅から徒歩4~5分で福美湯さん。
建物横手からは扉が開いていて釜場と裏手に聳える煙突も拝む事が出来ました。

f:id:kenichirouk:20201018083211j:plain

f:id:kenichirouk:20201018082904j:plain

中に入ると明るくて綺麗なロビー。

f:id:kenichirouk:20201018083347j:plain

中央には可愛らしい小魚が泳ぐ円型のアクアリウム。

f:id:kenichirouk:20201018083511j:plain

フラワーアレンジメント教室もやられるそうで、ロビー奥のコーナーには色とりどりのドライフラワーの作品が展示されています。

f:id:kenichirouk:20201018084506j:plain

 

それでは受付を済ませて、いざ浴室へ。
浴室正面には湖の見える洋風の景色のタイル絵で、背景には天井まで届くかというアルプスの峰が圧倒的な迫力で入浴客を睥睨しています。

f:id:kenichirouk:20201005120009j:plain
沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
メインバスは奥から電子パルスマッサージ(揉兵衛)、ドリームバス、岩盤泉。まずはこちらを一通り巡って血行促進。

f:id:kenichirouk:20201018085854j:plain

その奥には高濃度炭酸泉。36℃程の正に不感温帯で、いつまでも浸かっていられますが、暫くすると炭酸ガスの効果で全身がジーンと温まってくるのが分かります。

f:id:kenichirouk:20201018090017j:plain

その後は入口側の薬湯へ。この日はレモン湯で袋に入れた生レモンが大量に浮かんでおり、柑橘系の香りに包まれながら、体の芯まで温まります。
体も温まってきたところで露天岩風呂へ。

f:id:kenichirouk:20201005120124j:plain

 

体が十分温もったらサウナ室へもお邪魔します。
福美湯さんのサウナはロッキーサウナでこの日のコンディションは85℃。
中に入った瞬間、杉板の燻された香ばしい香りとヒーリングポップスに包まれる正に癒しのサウナ。7~8分おきに天井の照明がライトアップされ、サウナストーブにアロマ水が注がれるオートロウリュ*1機能が付いており、心地よい発汗が楽しめます。

f:id:kenichirouk:20201005120348j:plain
マイルドな輻射熱とヒーリングポップスの調べに全身包まれてじっくり発汗。
下はBGMのイメージですが、併せて聴きながら癒しのサウナで優しい温かさに包まれる気分をお楽しみくださいませw


Relaxing Piano Music - Beautiful Instrumental| 名曲J-POPピアノメドレー - 勉強用BGM, 作業用BGM, 結婚式BGM
発汗後は水深95㎝と深さも十分で冷え冷えの水風呂(16℃)へ。
この日は以下3セット。

・癒しのロッキーサウナ7分⇒水風呂1分⇒露天外気浴3分
・癒しのロッキーサウナ10℃⇒水風呂1分⇒露天外気浴3分
・癒しのロッキーサウナ15℃⇒水風呂1分⇒露天外気浴5分

仕上げは高濃度炭酸泉にじっくり浸かり直し、十分血行促進したところで軽くシャワーで流してから上がりました。

湯上り後は、脱衣場に面した縁側スペースでも寛ぐ事が出来ます。
こちらで露天外気浴を楽しむ方もいらっしゃいましたよ。

f:id:kenichirouk:20201018092523j:plain

福美湯さん紹介のToutubeもありましたので、こちらへUPしておきますね。


福美湯

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
福美湯さんの定休日は毎週月、火曜で営業時間は15:00~23:00。
一時は休業が長引き再開を危惧する声もあったようですが、元気に営業中。
施設も設備もピカピカでフル稼働でした。
機会がありましたら、是非一度足をお運びください。

※脱衣場、浴室内は撮影不可の為、公式HP他より拝借しております。

*1:「ロウリュ」とはフィンランド語で蒸気。サウナストーブに水やアロマ水を注いで水蒸気を発生させる事もロウリュと呼ばれ、水と空気の潜熱の差で体感温度を高め発汗を促進させると共に、乾燥しがちなサウナ室の湿度を適度に保つ。福美湯さんのロッキーサウナの湿度は20~30%との事

湯活レポート(銭湯編)vol326. 浅草銭湯散歩③美麗な宮造り銭湯「曙湯」

f:id:kenichirouk:20201004231044j:plain

taito1010.com

f:id:kenichirouk:20201003205827p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/10/4

 

この日は浅草銭湯散歩3湯目に「曙湯」さんへ。
曙湯さんへは、つくばエクスプレス 浅草駅より浅草千束通りへ。

f:id:kenichirouk:20201004231336j:plain

その先浅草3丁目交差点を右折。

f:id:kenichirouk:20201004231424j:plain

駅から8分程で曙湯さん。オリジナルの暖簾が入浴客をお出迎え。
コチラは宮造りの外観が素晴らしく、人力車の観光コースにもなっています。

f:id:kenichirouk:20201004231605j:plain

建物裏手からは曙湯さんの煙突も見られますよ。

f:id:kenichirouk:20201004231841j:plain

暖簾を潜ると玄関正面には鈴栄堂の九谷焼の孔雀絵がお目見え。

f:id:kenichirouk:20201004231949j:plain

曙湯さんが凄いのは、外観だけでなく、玄関の天井も折上げ格天井で、欄間飾り等も手を抜かず作り込んである点です。入口から既に芸術です。

f:id:kenichirouk:20201004232113j:plain

中に入るとシックなロビー。

f:id:kenichirouk:20201004232336j:plain

更に上を見上げると、またビックリ!コチラは見事な紋様入りの折上げ格天井。

f:id:kenichirouk:20201004232439j:plain

f:id:kenichirouk:20201004232507j:plain


それでは受付を済ませて浴室へ参ります。
浴室正面は富士山の向こうからゴモラ的怪獣が姿を現すグラフィック。

f:id:kenichirouk:20201003211823j:plain
口から吐く光線が木場の川となっている面白いデザイン。

f:id:kenichirouk:20201009060807j:plain

ご存じない方の為に、ゴモラというのはウルトラマンシリーズにたびたび登場する古代怪獣の名前でコチラの銭湯絵のシルエットは正にゴモラなのです。

f:id:kenichirouk:20201009053848j:plain

©円谷プロ

さて、ゴモラの話はこの位にして、この日3湯目ですので、沐浴は簡潔に済ませて、早速お風呂へライド温♨
メインバスは右手からボディバス、ハイパージェット、座風呂、ミクロンバイブラ。
順に湯巡りして全身血行促進。

f:id:kenichirouk:20201003212329j:plain

体も温まってきたところで露天風ジャグジー風呂へ。

f:id:kenichirouk:20201003212733j:plain

広い湯船で手足を伸ばしてリラックスバスタイムを心ゆくまで楽しみます。

最後は熱めの立ちシャワーで軽く流し、この日の銭湯散歩フィニッシュ。

 

ちなみにGoogleインドアビューによると、女湯のグラフィックは富士山の横を箒に乗った魔女の宅急便?が飛ぶ絵ですが、空飛ぶ箒の軌跡が木場の川となっており、こちらもなかなか面白いデザインですね。

f:id:kenichirouk:20201009052453j:plain

表に出て振り返るとライトアップされた曙湯さんが美しく、記念に一枚。

f:id:kenichirouk:20201004231135j:plain

帰り道の浅草ひさご通りもライトアップされ、夜の浅草を散策。

f:id:kenichirouk:20201004232643j:plain

浅草ひさご通りの路地の脇から夜空に輝く東京スカイツリーが顔を出していました。

f:id:kenichirouk:20201004232902j:plain

本日も良い湯をありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。
※コチラはその他の浅草銭湯散歩のレポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com