湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

旭場|日吉|湯上り後の武蔵新城「湯や軒」|湯活レポート(銭湯編)vol604

f:id:kenichirouk:20210303052038j:plain

k-o-i.jp

f:id:kenichirouk:20210303051758p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/3/2

旭湯

この日は横浜方面へ所用があり、流れで「旭湯」さんへ行って参りました。
旭湯さんへの最寄は、東急東横線  日吉駅。駅改札前にミラーボール?目玉?状の巨大なオブジェがあります。

f:id:kenichirouk:20210303052000j:plain

西口を出ると、駅前ロータリーが放射状に広がっていて、それぞれの商店街に名前が付いています。その中の一番右手のサンロードへ。

f:id:kenichirouk:20210303052414j:plain

サンロードを抜け、緩い坂を下ったこちらの路地を左折。

f:id:kenichirouk:20210303052501j:plain

駅から徒歩7分程で右手に旭湯さんの看板が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20210303052608j:plain

建物裏手からは旭湯さんの煙突の全貌も見る事が出来ました。

f:id:kenichirouk:20210303052743j:plain

中へ入ると重厚な応接間のようなロビー。

f:id:kenichirouk:20210303052845j:plain

 

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。
浴室正面にはアルプスの山並みの麓に古城が建つタイル絵。

f:id:kenichirouk:20210223130930j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速内湯からライド温♨
ここからは、旭湯さん浴槽写真はHP等にも出ていない為、私の拙い図解とレポートでお付き合い願います。

f:id:kenichirouk:20210303054941p:plain

内湯は左手がバイブラとジェット付きの浅湯で、右手が深湯の中にボディマッサージ。内湯全体が薬湯でこの日はバスブレンドりんごの湯。まずはこちらで軽く血行促進して露天風呂へ移動します。露天岩風呂も薬湯のW薬湯。こちらはエメラルドグリーンのイヴタスヒアルロンの湯。この日は霧雨が降っていましたが、雨の露天風呂もなかなかオツなものです。心地よい浴感で手足を伸ばしてリラックスバスタイム♪

しっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
旭湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターで。この日OPEN後少しして伺いましたが、1セット目は96℃、2セット目は100℃、3セット目は104℃とジリジリ灼熱に。常連様によると普段は108℃位まで上がるそうですので、銭湯サウナとしては灼熱サウナの部類に入りますね。湿度が適度にある為、ヒリヒリ感なく発汗が楽しめます。
発汗後はサウナ室お隣の水風呂へ。こちらは水温16℃。 吐水口からザアザアと新鮮な水が掛け流されており、爽快にクールダウンしてくれます。
クールダウン後はお約束の露天外気浴。
この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・サウナ7分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・サウナ12分⇒水風呂1.5分⇒休憩5分

仕上げはエメラルドグリーンの露天岩風呂で心地よい浴感を満喫し、熱めのシャワーで軽く流してから上がりました。

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。

 

麺屋 湯や軒

f:id:kenichirouk:20210303060541j:plain

tabelog.com

旭湯さんからの帰り道、武蔵新城の「湯や軒」さんへ立ち寄りました。
こちらは何と!旭湯さんのご主人の甥御さんが経営するお店なのだそう。
入口窓面に風呂桶の装飾があり、湯屋風情が漂っています。
中に入ると暖簾がお風呂屋さん仕様w

f:id:kenichirouk:20210303060809j:plain

銭湯絵師 丸山清人氏の富士山の絵も2幅飾ってありました。

f:id:kenichirouk:20210303060833j:plain

f:id:kenichirouk:20210303060846j:plain

カウンター横には柱時計に沢山のサイン。これはラーメンも楽しみです!

f:id:kenichirouk:20210303061043j:plain

この日はおススメとの事で、「とん八チャーシュー麺」をチョイス。
カウンターの風呂桶とカランで湯屋感MAX(笑)。

f:id:kenichirouk:20210303061203j:plain

スープはとんこつ×魚介だしとの事で濃厚。これまたおススメの平打ち麺と良く絡み、大変美味しいです。どんぶりも温められており、最後まで熱々で頂けました。

 

湯屋の風情と美味しいラーメンをごちそうさまでした!
旭湯さんへも、湯や軒さんへも、お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、神奈川県浴場組合Webサイトより拝借しております。

みどりの湯 都賀店|都賀|閉店お別れ編②|湯活レポート(温泉編)vol128

f:id:kenichirouk:20210911160355j:plain

【所在地】千葉県千葉市若葉区若松町545-20

Google マップ

【入浴日】2021/9/10
【閉店日】2021/10/31
【泉質】ナトリウム‐塩化物強塩泉(高張性・弱アルカリ性・冷鉱泉)ph7.65

f:id:kenichirouk:20210911161440j:plain

 

この日は閉店の一報を受け、「みどりの湯 都賀店」さんへ行って参りました。
みどりの湯 都賀店さんの最寄はJR総武本線と千葉モノレールが乗り入れる都賀駅。

f:id:kenichirouk:20210911161845j:plain

この日は総武本線都賀駅東口を出て2番バス乗場より千葉内陸バスで四街道方面へ。

f:id:kenichirouk:20210911162214j:plain

最寄りの鎌池バス停下車。
バス進行逆方向にみどりの湯 都賀店さんの看板が見えています。

f:id:kenichirouk:20210911162651j:plain

鎌池交差点を渡った先、バス停から徒歩2分でみどりの湯都賀店さん到着。

f:id:kenichirouk:20210911163717j:plain

みどりの湯 都賀店さんが面する御成街道は徳川家康公が佐倉城主 土井勝正に命じて作られた街道との事で、その由来にちなんで、露天の源泉掛け流し浴槽は「鷹狩の湯」と名付けられたそうです。早く浸かってみたい!

f:id:kenichirouk:20210911164042j:plain

こちらが館内案内図。

f:id:kenichirouk:20210911165050j:plain

それでは受付を済ませて、いざ大浴場へ。

f:id:kenichirouk:20210911164915j:plain



まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速内湯からライド温♨

f:id:kenichirouk:20210911165624p:plain

内湯の手始めはアトラクションバスの水流・電流系五車星。

f:id:kenichirouk:20210911165729p:plain

リラクゼーションバス・ジェットバス

f:id:kenichirouk:20210911165956j:plain

座湯・電気風呂

f:id:kenichirouk:20210911170023j:plain

スーパージェット

アトラクションバスで全身の凝りも解れたところで炭酸風呂へ。
こちらには足湯ゾーンがあり、つぼ石もある為、プチ歩行浴も楽しめます。

f:id:kenichirouk:20210903164149j:plain

ここらで湯腰掛を挟んで暫し休息。

f:id:kenichirouk:20210903164232j:plain

内湯の〆は温泉檜風呂へ。
みどりの湯 都賀店さんの艶やかな飴色の源泉は、地下1,500mから毎分164ℓ湧出するナトリウム‐塩化物泉。塩化物のヴェールが魔法瓶の様に体を包む「熱の湯」です。

f:id:kenichirouk:20210903164320j:plain

内湯で軽く温まったところで露天風呂へ移動。
みどりの湯 都賀店の露天風呂も源泉三昧です。まずは壺湯で源泉独り占め。

f:id:kenichirouk:20210903164613j:plain

続いて広い岩風呂に移動して手足を伸ばして暫しのんびりします。

f:id:kenichirouk:20210903164743j:plain

湯処の〆は露天の鷹狩の湯。コチラは案内の通り源泉掛け流し浴槽となっています。
一際濃い飴色で、ツルスベ感もあり強塩味。しっかり温まります。
浴槽周囲の岩肌が赤茶色に染まり、源泉の濃さを物語っています。

f:id:kenichirouk:20210903164840j:plain

 

温泉三昧でしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
みどりの湯 都賀店さんのサウナは2種で、まずは露天エリアの塩サウナへ。
こちらはスチームサウナでこの日のコンディションは55℃。
塩を全身に盛ってじっくり発汗を待ちます。十分発汗して塩が溶けたところで、全身を軽く撫でてシャワーで全身の汗と塩を洗い流すと古い角質と皮脂が洗い流され、新しい皮脂でコーティングされお肌ツルツルに。

f:id:kenichirouk:20210903165054j:plain

発汗後は備長炭冷水風呂へ。こちらは水温18℃。
奥の岩肌から滝のように水が降り注ぎ、脳天から冷水を浴びて速攻クールダウン。 

f:id:kenichirouk:20210903165214j:plain

休憩は露天エリアの寝ころび座敷で。
仰向けに横たわる事で、全身に均等に血流が回り、心地よさが数倍に増幅w

f:id:kenichirouk:20210903165306j:plain

続いて内湯エリアの遠赤外線サウナへ。
左右にガス遠赤外線ヒーターを配した4段タワー型のサウナで室温は92℃。

f:id:kenichirouk:20210903165454j:plain

この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・塩サウナ10分⇒備長炭冷水風呂1分⇒寝ころび座敷外気浴3分
・遠赤外線サウナ10分⇒備長炭冷水風呂1分⇒寝ころび座敷外気浴3分
・遠赤外線サウナ12分⇒備長炭冷水風呂1分⇒寝ころび座敷外気浴5分

仕上げは鷹狩の湯で再度生源泉を心ゆくまで全身に浴び、掛け流しの源泉を手桶に汲んで絞ったタオルで全身丁寧に拭き上げてから上がりました。

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。

 

みどりの湯 都賀店さんの閉店は2021/10/31。

f:id:kenichirouk:20210911172722j:plain

残り少ない期間ですが、訪問される方はどうぞお気をつけてお出かけくださいませ。

※浴室内は撮影不可の為、施設にご了承頂き、公式HPより拝借しております。
※コチラは同じ系列の「みどりの湯 田喜野井店」の閉店お別れレポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

みどりの湯 田喜野井店|薬園台|閉店お別れ編①|湯活レポート(温泉編)vol127

f:id:kenichirouk:20210911133848j:plain

【所在地】千葉県船橋市田喜野井6-24-10

Google マップ

【入店日】2021/9/10
【閉店日】2021/10/31
【泉質】含よう素‐ナトリウム‐塩化物強塩泉(高調性・弱アルカリ性・低温泉)ph7.5

 

この日は閉店の一報を受け「みどりの湯 田喜野井店」さんへ行って参りました。
みどりの湯 田喜野井店さんは無料送迎バスもありますが、本数が少ない為、私は電車と徒歩で。最寄駅の薬園台駅のホームでみどりの湯さんの看板を発見!

f:id:kenichirouk:20210911134829j:plain

さて、薬園台駅東口を出たら、まずは左手方向へ。

f:id:kenichirouk:20210911134307j:plain

道なりに進んだ先、一つ目の信号を左折し成田街道を進みます。

f:id:kenichirouk:20210911134630j:plain

遠目に寿司店 銚子丸の看板が見える下の写真で右折。

f:id:kenichirouk:20210911135251j:plain

下の写真まで来たら正面の下り坂の手前で左折。

f:id:kenichirouk:20210911135431j:plain

突き当りを左折し、緩い上り坂を進みます。

f:id:kenichirouk:20210911135543j:plain

上り坂を上り切って右にカーブするともうすぐです。

f:id:kenichirouk:20210911135713j:plain

駅からの散歩を兼ねて徒歩16分程でみどりの湯 田喜野井店さん到着。

f:id:kenichirouk:20210911135927j:plain

ここまで薬円台の住宅街の中をうねうねと進みますので、特徴的な建物や交差点も無い為、上記で分かり辛い方は、冒頭のGoogleマップとスマホの地図アプリをお使い頂いた方が間違いないかも知れません。

駐車場の先の大通りには大看板が出ていました。

f:id:kenichirouk:20210911140409j:plain

入口には足湯もあり、ぬる湯の源泉でここまでの行程の疲れが癒されます。

f:id:kenichirouk:20210911140743j:plain

玄関から中へお邪魔するとミュゼットが入浴客をお出迎え。

f:id:kenichirouk:20210911141031j:plain

こちらは館内案内。

f:id:kenichirouk:20210911141220j:plain

ロビーにはみどりの湯 田喜野井店の源泉(二宮温泉)を掘削した際のドリルビットが展示してありました。さて、その源泉の実力は!?・・・

f:id:kenichirouk:20210911144203j:plain

それでは早速受付を済ませて2F大浴場フロアへ。

f:id:kenichirouk:20210911143231j:plain

暖簾を潜っていざ、お待ちかね大浴場へLet’s Go!!

f:id:kenichirouk:20210911144407j:plain

 

いつも通り沐浴で全身お清めを済ませ、早速内湯からライド温♨
まずはアトラクションバスのジェットバス、リラックスバス、シェイプアップバスの水流3兄弟で軽く凝りをほぐしつつ血行促進。

f:id:kenichirouk:20210911150839j:plain

ジェットバス

f:id:kenichirouk:20210911150904j:plain

リラックスバス

f:id:kenichirouk:20210911150951j:plain

シェイプアップバス

続いて炭酸風呂へ。
こちらには足湯ゾーンがあり、底につぼ石が付いているので、歩行浴も楽しめます。

f:id:kenichirouk:20210903152444j:plain

内湯の〆は温泉檜風呂へ。
みどりの湯 田喜野井店さんの源泉は地下1,500mから毎分291ℓ沸く成分総計32,120㎎/㎏と特濃の含よう素‐ナトリウム‐塩化物泉。
塩化物のヴェールが全身を魔法瓶のように包んで冷えを防止する別名「熱の湯」。

f:id:kenichirouk:20210903154611j:plain

内湯で軽く温まったところで露天風呂へも移動。露天風呂は源泉三昧です。
手始めに寝ころび湯で暫し休憩。

f:id:kenichirouk:20210911151243j:plain

続いて源泉が満ちたつぼ湯にザバーンと浸かって、源泉独り占め。

f:id:kenichirouk:20210911151304j:plain

おふろの〆は御滝の湯と大岩風呂へ。
御滝の湯は源泉掛け流しです。源泉温度が25.5℃の為、加温こそしていますが、湯量が豊富な為、湯口から掛け流されて、下の大岩風呂へ流れ落ちています。源泉はオレンジティーのような深い赤茶褐色でスベスベ感もあり、しっかり塩味。
その他の温泉浴槽は、加温循環の過程で酸化が進む為か、よう素の黄色が強く発色する為ようで、マンダリンオレンジのような明るいオレンジ色を呈しています。

f:id:kenichirouk:20210911151423j:plain

 

内湯と露天でしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
みどりの湯 田喜野井店さんのサウナはガス遠赤外線で、この日の室温は92℃。
正面左右に遠赤外線ヒーターを配したツインストーブの5段タワー型。
マイルドな熱気で全身しっかり包まれ、心地よい発汗タイムが楽しめます。

f:id:kenichirouk:20210903155410j:plain

発汗後はサウナ室の隣の冷水風呂へ。こちらは水温16℃。
背面の岩壁から新鮮な冷水が静かに流れ落ち、スッキリクールダウン出来ます。

f:id:kenichirouk:20210903161210j:plain

休憩は露天エリアの寝ころび座敷で露天外気浴。
サウナ・水風呂後に横になると、血流が効率よく頭まで均等に巡りますので、Maxのととのい効果、心地よさが得られます。房総の風に吹かれ正に桃源郷w

f:id:kenichirouk:20210903161530j:plain

この日は寝転び座敷の露天外気浴を挟みつつ、以下2セット楽しませて頂きました。

・サウナ10分⇒冷水風呂1.5分⇒寝ころび座敷の露天外気浴3分
・サウナ12分⇒冷水風呂1.5分⇒寝ころび座敷の露天外気浴5分

仕上げは御滝の湯で掛け流しの源泉を存分に堪能し、手桶に汲んだ源泉で絞ったタオルで全身を拭き上げ、しっかり塩化物泉のヴェールを全身に纏わせて上がりました。

 

みどりの湯 田喜野井店さんには岩盤浴もありましたが、この日は残念ながらコロナ禍で休止中。こちらは利用叶わずとなりました。

f:id:kenichirouk:20210903155843j:plain

f:id:kenichirouk:20210903155855j:plain

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。


みどりの湯 田喜野井店さんの閉店は2021/10/31。
コロナ禍の影響との事で、あの素晴らしい源泉が入り納めかと思うと残念でなりませんが、改めて源泉掘削に始まりこれまでのご営業に感謝する次第です。

f:id:kenichirouk:20210911153659j:plain

残り短い期間ではございますが、良い湯、掛け流しの源泉、良きサウナが待っていますので、お越しの際はお気をつけてお出かけくださいませ。

※浴室内は撮影不可の為、施設にご了承頂き、公式HPより拝借しております。
※コチラはもう1湯の「みどりの湯 都賀店」さんの入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

小金バスランド|北小金|湯活レポート(銭湯編)vol603

f:id:kenichirouk:20210611092518j:plain

onsen.nifty.com

f:id:kenichirouk:20210520181053p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/6/10

 

この日は松戸方面へ出掛けついでに「小金バスランド」さんへ行って参りました。
小金バスランドさんへは、常磐線 北小金駅南口を出て駅前デッキを右手へ。

f:id:kenichirouk:20210611092602j:plain

南口駅前デッキの前方には「飛翔」と名付けられた彫像があります。
ここから左手階段を下り、目の前の道を直進し小金宿通りへ。

f:id:kenichirouk:20210611092720j:plain

小金宿通り入口に立つモニュメントを見てみると、この辺りは約3万年前から人類が暮らし始め、江戸時代には水戸街道の4番目の宿場町として栄えたのだそうです。

f:id:kenichirouk:20210611093020j:plain

小金宿通り(旧水戸街道)の歴史に想いを馳せながらそぞろ歩き、左手に下の写真の美容室が見えたら、そのお隣の駐車場の先の路地を左折。

f:id:kenichirouk:20210611093545j:plain

程なく路地の正面に小金バスランドさんの煙突が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20210611093708j:plain

駅から徒歩8分程で、小金バスランドさん到着。
併設のコインランドリー壁面には赤富士のペンキ絵が描かれています。

f:id:kenichirouk:20210611093809j:plain

実はコチラにはこれ以前にも一度訪問しましたが、その際は臨時休業で空振りに終わりました。その際、駐車場に何も停まっていないコインランドリー壁面がコチラ。
こちらのペンキ絵は田中みずき絵師による作品だそうです。

f:id:kenichirouk:20210525071645j:plain

建物脇には小金バスランドさんの煙突が聳え、麓には積まれた薪がありました。

f:id:kenichirouk:20210611094429j:plain

玄関を入ると広いロビーの正面にはオーディオセットが鎮座しています。

f:id:kenichirouk:20210611094526j:plain

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。男湯は左手ですね。

f:id:kenichirouk:20210611094704j:plain


準備を済ませ中に入ると、白亜の壁面と浴槽のブルーのタイルのコントラストが美しい浴室。正面は露天で窓から午後の日差しが入って来ます。

f:id:kenichirouk:20210520181718j:plain

沐浴で全身お清めを済ませ、早速内湯からライド温♨
浴槽は右手が座風呂で、センターがバイブラ付き浅湯、左手前が電気風呂。
まずはメインバスの水流、電浴マッサージで軽く血行促進。

f:id:kenichirouk:20210520181953j:plain

内湯で軽く温まったところで露天エリアに移動。
露天風呂は何だかジャングル風の岩風呂ですw
こちらは薬湯になっており、この日は温浴素じっこう。
天然生薬の香りに包まれ、心地よい浴感でじっくり温もります。

f:id:kenichirouk:20210520182122j:plain

 

露天風呂でしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
小金バスランドさんのサウナはガス遠赤外線ヒーターで、この日の室温は95℃。
オーソドックスなサウナですが、常連さんが多く利用され、人気が伺えます。

f:id:kenichirouk:20210520182232j:plain

発汗後はサウナ室隣の水風呂へ。こちらのこの日の水温は20℃。
天然井戸水が満たされ、肌触りがソフトでじんわりナイスクールダウン。

f:id:kenichirouk:20210520184119j:plain

クールダウン後は露天エリアの休憩椅子に腰かけて初夏に夕風に身を任せます。
この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・サウナ7分⇒水風呂1.5分⇒露天外気浴3分
・サウナ10分⇒水風呂1.5分⇒露天外気浴3分
・サウナ12分⇒水風呂2分⇒露天外気浴5分

仕上げは露天薬湯で再度体の芯まで温まり、シャワーで軽く流して上がりました。

 

帰りに日が落ち始め暮れなずむ空に映える小金バスランドさんのシルエットに別れを告げ、北小金の駅へ元来た道を戻りました。

f:id:kenichirouk:20210611104859j:plain

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
松戸方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。

馬橋バスセンター(馬橋場)|馬橋|湯活レポート(銭湯編)vol602

f:id:kenichirouk:20210525070201j:plain

mabashi-shops.com

f:id:kenichirouk:20210520175138p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/5/21

 

この日は松戸方面へ出掛けついでに「馬橋バスセンター(馬橋湯)」さんへ。
馬橋バスセンターさんの最寄は、常磐線 馬橋駅。東口を出ると右手前方に早くも馬橋バスセンターさんの煙突が見えています。但し、経路は駅前通りを直進。
※右手からも行けますが、区画の関係で若干遠回りになります。

f:id:kenichirouk:20210525070359j:plain

一本目を右折し、中華料理店とインドカレー屋の間の路地へ。

f:id:kenichirouk:20210525070434j:plain

駅から徒歩2分程で馬橋バスセンターさん。

f:id:kenichirouk:20210525070507j:plain

建物脇からは、馬橋バスセンターさんの煙突と綺麗に積まれた薪が見られます。

f:id:kenichirouk:20210525070639j:plain

中へ入るとちょっと異国情緒を感じさせるロビーが広がっています。

f:id:kenichirouk:20210525070715j:plain

 

それではフロントで受付を済ませて浴室へ。
浴室正面には海とかもめをデザインしたタイル絵が入浴客をお出迎え。

f:id:kenichirouk:20210520180004j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
浴槽は右手が座風呂で左手はバイブラ付きの浅湯。
馬橋バスセンターさんのお湯は天然井戸水薪沸かし。角の無い円やかなお湯が全身を包み、心地よい浴感に身を委ねます。

f:id:kenichirouk:20210520180045j:plain

 

しっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
馬橋湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターで、この日のコンディションは120℃!
なかなかの灼熱サウナでジリジリと蒸されます。

f:id:kenichirouk:20210520180207j:plain

発汗後はサウナ室隣の水風呂へ。こちらは水温20℃。
吐水口から天然井戸水がかけ流しで、少し手で掬い口を付けてみましたが、雑味のないクリアな口当たりで美味しい水です。その天然ミネラルウォーターにザブリと浸かれば、全身蕩けて水と一体化するような心地よさ。

f:id:kenichirouk:20210520180254j:plain

温度差100℃の温冷交互浴で全身にあまみも出て極上のととのい体験。
この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・灼熱サウナ7分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・灼熱サウナ10分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・灼熱サウナ12分⇒水風呂2分⇒休憩5分

仕上げは浅湯で薪沸かしのお湯と一体になり、最後シャワーで流して上がりました。

 

ちなみに松戸市HPには閉店時のシャッターに描かれた田中みずき絵師のペンキ絵の写真も出ておりました。開店待ちの間もちょっとほっこりしそうですね。

f:id:kenichirouk:20210520180446j:plain

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
松戸方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。

宮前場|松戸|湯活レポート(銭湯編)vol601

f:id:kenichirouk:20210525063700j:plain

onsen.nifty.com

f:id:kenichirouk:20210520165933p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/5/21

この日は松戸市方面へ出掛けついでに「宮前湯」さんへ行って参りました。
宮前湯さんへは、常磐線 松戸駅西口より常磐線沿いに左手方向へ進みます。

f:id:kenichirouk:20210525063746j:plain

線路沿いを進むと金毘羅さんのところで道は線路から逸れますが、すぐに左折し、再び線路沿いに近い道を進みます。

f:id:kenichirouk:20210525063957j:plain

その先狭い路地を進み、下の写真の開けた通りまで来たら常磐線を離れ右折。

f:id:kenichirouk:20210525064055j:plain

程なく右手に松戸神社が見えて来ます。

 

松戸神社

f:id:kenichirouk:20210525064321j:plain

松戸神社 ホームページ

松戸神社の御祭神は日本武尊(やまとたけるのみこと)。本殿は300年前の建造物で参道の入口には龍神様が祀られ御神水(100%天然水)が流れています。

f:id:kenichirouk:20210525065430j:plain

 手水舎の雲形や龍の彫り物もかなりの見事さです。

f:id:kenichirouk:20210525065511j:plain

折角ご縁があってきたので、コロナの早期収束と良き湯との出会いを祈念して参拝。
御神水といい、水繋がりで何だか良い湯巡りが出来そうな予感。

f:id:kenichirouk:20210525065545j:plain

 

宮前湯

さて、松戸神社の参詣を済ませ、神社を出て先へ進むと程なく宮前湯さん到着。
駅から徒歩8分程、黄色の外壁、ピンク色のファザードが目印です。

f:id:kenichirouk:20210525065628j:plain

建物裏手、松戸神社の別の参道方向からは、宮前湯さんの煙突も見られました。

f:id:kenichirouk:20210525065834j:plain

松戸神社前のバス停も宮前バス停でしたので、屋号もそんなところから来ているのかもしれませんね。ちなみに宮の湯さんは日替りの薬用風呂が目玉のようです。

f:id:kenichirouk:20210525065922j:plain

それでは、パッチワークが施されたオリジナルの暖簾を潜ってお邪魔します。

f:id:kenichirouk:20210525065952j:plain

 

レトロ銭湯よろしく番台式ですが、中へ入ってビックリ!
脱衣場の男女浴室とも鴨居上には色鮮やかなジグソーパズルがズラリ‼
ご主人に伺うと、入口の暖簾含め全て女将さんの作との事。

f:id:kenichirouk:20210520173617j:plain

極彩色のジグソーパズルを鑑賞しながら準備を済ませ、浴室へ参ります。

 

浴室に入ると正面には田中みずき絵師による富士山のペンキ絵。

f:id:kenichirouk:20210520173929j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、お楽しみのお風呂へライド温♨
右手は超音波ジェット付きの浅湯、左手は深湯の薬湯でこの日はレモン風呂でした。
やはり水が良いのか、柔らかな肌触りで良い湯加減。至福のバスタイムを暫し満喫。

f:id:kenichirouk:20210520174031j:plain

ボーッと湯に浸かり、少し汗ばんで来た頃合いで湯を上がり、シャワーで流して上がりました。湯上り後は、脱衣場でジグソーパズル鑑賞しながら汗が引くまで休憩。

 

ちなみに女湯のペンキ絵は山間の川の絵のようで、こちらも長閑で良いですね。

f:id:kenichirouk:20210520174916j:plain

本日も良い湯をありが湯ございました。
松戸方面へお立ち寄りの際は是非♪

※脱衣場・浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。

平和湯ランド|五香|新京成線銭湯散歩②|湯活レポート(銭湯編)vol600

f:id:kenichirouk:20210601065233j:plain

onsen.nifty.com

f:id:kenichirouk:20210602072801p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/5/31

 

この日は新京成線銭湯散歩で2湯目に「平和湯ランド」さんへ行って参りました。
平和湯ランドさんへの最寄り駅は、新京成線 五香駅。
TOMYTECの鉄道むすめとコラボしたキャラクター五香たかねが駅看板に出ています。

f:id:kenichirouk:20210601065346j:plain

鉄道むすめ~鉄道制服コレクション~

五香駅西口を出たら駅前ロータリー正面のサンロード五番街へ。

f:id:kenichirouk:20210601065505j:plain

左手に京葉銀行が見えたらその手前を左折。

f:id:kenichirouk:20210601065600j:plain

こちらのY字路どちらからも平和湯ランドさんへ行けますが、左手からの方がちょっと近いので左手の路地を進みます。

f:id:kenichirouk:20210601065633j:plain

路地に入ってすぐ、平和湯ランドさんの煙突が屋根の間から顔を出します。

f:id:kenichirouk:20210601065856j:plain

程なくペンキ絵が壁一面に描かれた建物のところが平和湯ランドさん。

f:id:kenichirouk:20210601065930j:plain

コインランドリーの壁面には、山並みとお城のペンキ絵。

f:id:kenichirouk:20210601070047j:plain

実は先のY字路の表通りと裏通りにはペンキ絵が沢山描かれているペンキ絵ストリートになっています。下の写真は、平和湯ランドの行き帰りに撮ったものです。

f:id:kenichirouk:20210601070126j:plain

ちなみに表通りのホンダカーズ側から平和湯ランドさんの煙突全景が見られました。

f:id:kenichirouk:20210601070153j:plain

玄関に回ると中では福の神の額が入浴客をお出迎え。

f:id:kenichirouk:20210601070227j:plain

玄関入口脇には千葉県銭湯大使 汐川ほたてさんのポスターも貼られていました。

f:id:kenichirouk:20210601070254j:plain

中に入ると奥に広いロビーに所狭しとグッズや絵が飾られています。

f:id:kenichirouk:20210601070332j:plain

他にも、ロビー、脱衣場に平和湯ランドさん近くの松飛台に部屋がある佐渡ヶ武部屋の力士の方の写真が数多く飾られていていました。良く来られているようですね。

f:id:kenichirouk:20210601070409j:plain

大相撲 佐渡ケ嶽部屋

 

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。
窓面の下にがんばろう東北!!と書かれた鉄人28号のポスターが目を引きます。

f:id:kenichirouk:20210525150341j:plain

この日2湯目ですので沐浴は簡潔に済ませ、早速お風呂へライド温♨
浴槽は奥手前からウエストバス、座風呂、寝風呂と水流系が並び、手前に足つぼ石の付いた歩行湯ゾーンがあります。平和湯ランドさんのお湯はゲルマニウム温浴という事で、保温効果を高めたお湯で心地よく温もれます。

f:id:kenichirouk:20210525150441j:plain

湯船につかると正面の浴室入口上のステンドグラスが見られます。
男湯側が星空で、女湯側は山並み。ちょっぴり露天風呂気分が味わえます。

f:id:kenichirouk:20210525150510j:plain

メインバスの湯巡りで軽く体も温まったところで森林浴室へ移動。
コチラは薬湯になっており。この日はクリスタルブルーの檜の湯。頭上からは森林浴ミストが降り注ぎ、檜の薬湯の香りと森林浴ミストの香りで暫し森林浴気分を楽しみました。ガラス壁に囲まれた個室内ですが、香りの効果は意外と大きいですね。

f:id:kenichirouk:20210525150557j:plain

 

森林浴室で体の芯まで温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
平和湯ランドさんのサウナはガス遠赤外線ヒーターで、この日の室温は85℃。
マイルドなサウナですが、湿度も感じられじっくり発汗が楽しめます。

f:id:kenichirouk:20210525150723j:plain

発汗後はサウナ室隣の水風呂へ。こちらは水温22℃。
然程キンキンで無いですが、水が柔らかいのでいつまでも入っていられる心地よさ。

f:id:kenichirouk:20210525150744j:plain

心地良いクールダウン後は森林浴室のベンチで森林浴ミストを浴びながら休憩。
森林浴ミストと檜の薬湯の香りに包まれてディープにリラックス。

f:id:kenichirouk:20210602090544j:plain

この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・サウナ7分⇒水風呂2分⇒森林浴ミスト休憩3分
・サウナ10分⇒水風呂2分⇒森林浴ミスト休憩3分
・サウナ12分⇒水風呂2分⇒森林浴ミスト休憩5分

仕上げは森林浴室の檜の薬湯で再度温まり、シャワーで軽く流して上がりました。

 

帰り道サンロード五番街と五香駅が夕焼けに照らされ、青い空に映える一枚。

f:id:kenichirouk:20210601070614j:plain

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。
※コチラは新京成線銭湯散歩①みのり台「松戸ヘルスランド」さんの入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

松戸ヘルスランド(みなもと湯)|みのり台|新京成線銭湯散歩①|湯活レポート(銭湯編)vol599

f:id:kenichirouk:20210601064426j:plain

ameblo.jp

f:id:kenichirouk:20210602071120p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/5/31

 

この日は新京成線銭湯散歩1湯目に「松戸ヘルスランド」さんへ行って参りました。
松戸ヘルスランドさんへは、最寄りの みのり台駅 京成津田沼方面改札を出て新京成線の踏切を背に左手方向へ進みます。

f:id:kenichirouk:20210602061440j:plain

程なく右手に松戸ヘルスランドさんの看板が見えて来ます。駅から徒歩で2分程。

f:id:kenichirouk:20210601064607j:plain

矢印に従ってセットバックした奥に入ると何故かカラオケランドピュアの看板!?
実は松戸ヘルスランドさんの入口はこの奥です。

f:id:kenichirouk:20210601064647j:plain

この先の大通り側から見ると松戸ヘルスランドさんの全貌が見られます。
かなり大きなビル型銭湯ですね。

f:id:kenichirouk:20210601064759j:plain

さて、入口の券売機でサウナ付き入浴券を求め中へお邪魔します。

f:id:kenichirouk:20210601064920j:plain

松戸ヘルスランドさんの紹介ブログによると、創業は昭和40年。従来は、みなもと湯さんという屋号だったものを現在の屋号に改められたようです。
それではフロントで受付を済ませて浴室へ参ります。

f:id:kenichirouk:20210601064825j:plain

 

浴室内は奥に広く、男女浴室仕切り壁沿いに広い湯船が広がっています。

f:id:kenichirouk:20210525145711j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
浴槽は、奥の滝湯口から地下100数十mからの天然井戸水の沸かし湯が注がれる浅湯と深湯、手前に向かってドリームバス、ローリングバス、バイタルバス、リラックスバス、エステバスがズラリと並び、手前のゾーンが流れ風呂となってザアザアと掛け流されています。井戸水の沸かし湯の感触が心地よく、グルリと湯巡り後、深湯に浸かって滝湯口の湯の流れる音を聴きながらじっくり温まります。

f:id:kenichirouk:20210525145740j:plain

 

しっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
松戸ヘルスランドさんのサウナはロッキーサウナで、この日の室温は90℃。
20名は入れそうな広いサウナが現在は同時入室5名制限で、しかも空いてるのでほぼ貸切状態。サウナストーンからの対流熱に包まれ、存分に発汗を楽しみます。

f:id:kenichirouk:20210525145813j:plain

発汗後はサウナ室前の水風呂へ。こちらは水温18℃。
天然井戸水が滝吐水口から常時ザアザア掛け流され、浴槽内からも新鮮な天然水が注がれている為、静水ながら緩く水の流れが有り、全身を優しく撫でていく極上のクールダウンタイム。「はぁぁ~」と思わず吐息が漏れますw

f:id:kenichirouk:20210525145840j:plain

この日は都合で以下3セット楽しませて頂きました。

・ロッキーサウナ7分⇒天然井戸水風呂1.5分⇒休憩3分
・ロッキーサウナ10分⇒天然井戸水風呂1.5分⇒休憩3分
・ロッキーサウナ12分⇒天然井戸水風呂1.5分⇒休憩5分

仕上げは深湯で再度体の芯まで温まり、シャワーで軽く流して上がりました。

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。
※コチラは、新京成線銭湯散歩②「平和湯ランド」さんの入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

サウナ&カプセルホテルニュー小岩310(男性専用)|小岩|湯活レポート(サウナ編)vol62

f:id:kenichirouk:20210818081642j:plain

www.newkoiwa310.com

【所在地】東京都江戸川区西小岩1-19-24

Google マップ

【入浴日】2021/8/17

 

この日は小岩方面へ出掛けついでに「サウナ&カプセルホテル ニュー小岩310」(以下「ニュー小岩」)さんへ行って参りました。
ニュー小岩さんの最寄、JR小岩駅北口の出口手前にニュー小岩さんの看板発見!
サウナ浴気分が早くもクライマックスにw

f:id:kenichirouk:20210818082111j:plain

北口を出たら左手に進み、イトーヨーカドー角を右折。

f:id:kenichirouk:20210818081909j:plain

その先、一つ目を左折し西小岩通りへ。

f:id:kenichirouk:20210818083354j:plain

西小岩通りへ入るとすぐ、駅から徒歩2分程でニュー小岩さん到着。

f:id:kenichirouk:20210818083533j:plain

それでは松明を持つ女神に見守られた入口より中へお邪魔します。

f:id:kenichirouk:20210909102338j:plain

ニュー小岩さんの館内はご覧の通り、1Fが受付ロビーで大浴場は2Fです。

f:id:kenichirouk:20210818083839j:plain

ニュー小岩さんにはギリシア・ローマ調の美術品が満載です。
1F階段下には何かの天使か神様でしょうか、摩訶不思議なデザインの絵。

f:id:kenichirouk:20210818084113j:plain

2F踊り場には古代ローマ風騎士の絵

f:id:kenichirouk:20210818084443j:plain

それでは準備を済ませて浴室へ。

 

この日は平日だった為か、暫く貸切状態で、施設にご了承を得て浴室内も撮影させて頂きましたので、そちらを交えてレポートさせて頂きます。
浴室に入るとステンドグラスが彩る浴室が広がっています。

f:id:kenichirouk:20210818084800j:plain

まずは備え付けのアメニティ(ナイロンタオル、髭剃り、シェービングクリーム、歯ブラシ、軽石等)を駆使して全身お清めを済ませ、まずはメインバスからライド温♨
裸婦像が見守るメインバスは、右手が寝風呂で左手が広いジャグジーバス。

f:id:kenichirouk:20210818085211j:plain

浴槽正面右手には男女が抱擁するレリーフ。

f:id:kenichirouk:20210818085255j:plain

左手にはマーメイドのレリーフ。
男性専用サウナではこういったオブジェを良く見かけますが、ニュー小岩さんのそれは徹底してます。それにしても素晴らしいですね。

f:id:kenichirouk:20210818085506j:plain

 

レリーフに見惚れながらしっかり温まったところでいざ、サウナ室へ。
この日は時間がありましたので、予め水通しで準備を済ませて挑みます。
光の加減で薄いグリーンに彩られた水風呂には天然井戸水が満ち、静かに掛け流されていますが、チラーでギンギンに冷やされ、水温は11~12℃。痺れる冷たさです。

f:id:kenichirouk:20210818090310j:plain

水通しでガッチリクールダウンしたところでサウナ室へ。
ニュー小岩さんのサウナは、サウナストーン使用のロッキーサウナで、この日のコンディションは90℃。奥に深いサウナ室で実に優しくマイルドな熱気が心地よいです。

f:id:kenichirouk:20210818090623j:plain

発汗後はサウナ室前のジュビナシャワーで汗を流し、再び強冷水風呂へ。
サウナ、水風呂の温冷交互浴の合間に浴室中央の休憩椅子で一休み。マイルドサウナのじっくり発汗とキンキン水風呂のクールダウンでキッチリととのいます。

f:id:kenichirouk:20210818090915j:plain

この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・ロッキーサウナ10分⇒強冷天然井戸水風呂1分⇒休憩3分
・ロッキーサウナ10分⇒強冷天然井戸水風呂1分⇒休憩3分
・ロッキーサウナ12分⇒強冷天然井戸水風呂1分⇒休憩5分

仕上げは広いジャグジーで再度温まり、シャワーで軽く流して上がりました。

 

湯上り後はドレッサールームでアフターシェーブローション等でアフターケアを行い、ドライヤーで髪を乾かしてニュー小岩さんを後にしました。

f:id:kenichirouk:20210818091441j:plain

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
小岩方面へお立ち寄りの際は是非♪