湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

荒井湯|本所吾妻橋|湯活レポート(銭湯編)vol520

f:id:kenichirouk:20201030093545j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20201025133031p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/10/29

 

この日は墨田区方面へ足を伸ばして「荒井湯」さんへ。
荒井湯さんへは、都営浅草線 本所吾妻橋駅A0出口より三ッ目通りを右手方向へ。

f:id:kenichirouk:20201030093644j:plain

本所三丁目交差点を右折し春日通りを進みます。

f:id:kenichirouk:20201030093851j:plain

駅から徒歩12~3分で左手に荒井湯さんの黄色い看板が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20201030094100j:plain

裏手路地から建屋の上に聳える煙突も見えます(写真の露光が甘く見づらくてすいません;;)

f:id:kenichirouk:20201030094536j:plain

入口上の唐破風と軒下の「鏝絵」(こてえ)が見事です。

f:id:kenichirouk:20201030094332j:plain

入口左手には荒井湯さんの案内板。

f:id:kenichirouk:20201030094359j:plain

それでは暖簾を潜ってお邪魔します。男湯は右手側です。

f:id:kenichirouk:20201030094508j:plain

 

中に入ると脱衣場は見事な折り上げ格天井。

f:id:kenichirouk:20201025135214j:plain

それでは番台で受付を済ませて浴室へ参ります。
入口洗い場上に鉢植えのヤシの木が置いてあり、一瞬ここは南国!?気分にw

f:id:kenichirouk:20201025135124j:plain

浴室正面には27.6.27ナカジマと雅号の入った銭湯絵師 中島盛夫氏の手による富嶽三十六計「神奈川沖浪裏」の豪快なペンキ絵。

f:id:kenichirouk:20201025135331j:plain

男女浴室仕切り壁には、東京スカイツリーの写真がズラリと並んでいます。

f:id:kenichirouk:20201025135514j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
メインバスは左手よりハイパージェット、ジェット付き座風呂、バイブラバスとなっており、ゲルマニューム鉱石が沈められた人工ラジウム温泉となっています。メインバスで軽く血行促進を済ませ、お隣の低温風呂(40℃)へ。壁面にワンチャン、猫ちゃんの写真が貼られていてほっこり。ゆったり入浴を楽しみます。

f:id:kenichirouk:20201025135354j:plain

続いて左手の高温湯へ。こちらは薬湯になっており、この日は抹茶風呂。
湯温は44℃としっかり江戸前熱湯。濃いグリーンのお茶に煮出される気分を味わいながら、富嶽三十六計の絶景を眺めつつ体の芯までしっかり温まります。

f:id:kenichirouk:20201030100636j:plain

じっくり抹茶の香りに浸り、程よく煮出された頃合いで、仕上げはシャワーで軽く流してから上がりました。

 

ちなみに女湯のペンキ絵はGoogleインドアビューによると、富嶽三十六計の「甲州三坂水面」。2015.10.17ナカジマ、マチダと雅号があり、こちらは銭湯絵師 中島盛夫氏と庶民文化研究所 所長の町田忍氏の珍しい合作のようです。
(男女浴室仕切り壁越しに緑の富士山の頭が見えましたので、今でもこちらの絵が見られる筈です)

f:id:kenichirouk:20201030094623j:plain

 

湯上り後は脱衣場に面した縁側で鯉の泳ぐ池を眺めながら秋風に吹かれて休憩。

f:id:kenichirouk:20201025135540j:plain

荒井湯さんを後にし春日通りに出た所で正面にライトアップされた東京スカイツリーが見えました。これまでの昭和レトロの世界から一気に令和の世界へ。

f:id:kenichirouk:20201030094641j:plain

本日も良い湯をありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※脱衣場・浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。

三徳湯|八広|湯活レポート(銭湯編)vol519

f:id:kenichirouk:20201030082619j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20201025131147p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/10/29

 

この日は墨田区方面へ足を伸ばし「三徳湯」さんへ。
三徳湯さんへは、京成押上線 八広駅北口より高架を潜って左手の路地へ。

f:id:kenichirouk:20201030082823j:plain

突き当りの曳舟川通りの先に三徳湯さんの特徴的なファザードが見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20201030083248j:plain

左手の更生橋というちょっといかつい名前の歩道橋を渡り曳舟川通りの向かい側へ。

f:id:kenichirouk:20201030083543j:plain

入口には重厚な三徳湯さんの表札が掲げられています。

f:id:kenichirouk:20201030083939j:plain

ビル型銭湯ですが、男女振り分け式玄関で右手男湯側からお邪魔します。

 

昔ながらの番台。。。あれ!?ご主人も女将さんもいらっしゃらない??
ご年配の常連さんが「多分、釜場の方だよ」と教えて頂き、脱衣場脇の扉から釜場の方を覗くと丁度ご主人様が戻っていらっしゃいました。銭湯は個人経営の為、OPEN後入店が落ち着いた時間帯とか、お手洗い等で番台にどなたも居らっしゃならい事もたまにございます。無事受付を済ませ、いざ浴室へ。

 

三徳湯さんはネットにも浴室写真等は出ておりません為、ここからは私の拙い図解とレポートでお付き合い願います。

f:id:kenichirouk:20201030085609p:plain
まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
まずは右手の浅湯で軽く温まり、センターの深湯でバイブラに揺られます。
体がポカポカしてきたところで左手の天然ラジウム鉱石投沈風呂へ。所謂ラドン風呂の一種で、浴室がガラスの仕切りで区切られています。ラジウム鉱石から出る微弱放射線が体に取り込まれると免疫系を刺激し、全身に良い効果をもたらすとされており、この微弱放射線は、経皮より呼気から吸収される事から、じっくり浸かりながら深く深呼吸。

しっかり温まってラジウム鉱石投沈風呂の効能を堪能したところで、軽くシャワーで流して上がりました。

本日も良い湯をありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

高砂湯|菊川|都内屈指の強冷水風呂|湯活レポート(銭湯編)vol518

f:id:kenichirouk:20201026235534j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20201027001149p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/10/26

 

この日は東京都公衆浴場業組合へ東京お遍路帳更新にお邪魔した流れで、そのまま墨田区まで足を伸ばし「高砂湯」さんへ。
※コチラは東京都公衆浴場業組合の訪問レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

高砂湯さんへは、都営新宿線 菊川駅A3出口より正面の三つ目通りを右手へ。

f:id:kenichirouk:20201026235754j:plain

菊川二丁目交差点の二つ先の交差点を右折すると、駅から徒歩3分程で高砂湯さんの看板が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20201027000145j:plain

ビル型銭湯ですが、裏手駐車場からは建屋上に高砂湯さんの煙突も見られます。

f:id:kenichirouk:20201027000255j:plain

中に入るとこじんまりながら、寛げそうなロビー。

f:id:kenichirouk:20201027000337j:plain

ロビーの反対側には神棚と豊臣秀吉の肖像画。この一角は霊験あらたかです。

f:id:kenichirouk:20201027000434j:plain

受付では親切なご主人が色々と説明をして下さり、お遍路をしている事が分かると番台の中に招いて写真撮影もして頂きました。

f:id:kenichirouk:20201027000701j:plain


それでは準備を済ませて浴室へ。
まずは沐浴で全身お清めを済ませて、早速お風呂へライド温♨

f:id:kenichirouk:20201025112538j:plain

メインバスは左手よりスーパージェット、マッサージ座風呂、右手は浅湯でバイブラとジェットバスが付いています。各種水流マッサージであちこちの凝りをほぐし、バイブラに揺られながらじっくり温まります(個人的にはグツグツ煮られている気分w)

f:id:kenichirouk:20201025112654j:plain

 

しっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
高砂湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターでこの日のコンディションは94℃。
熟成が進み、輻射熱の柔らかいサウナでじっくり発汗が楽しめます。
発汗後はサウナ室前の水風呂へ。この水風呂が冷たい❕
銭湯サウナとしては都内屈指の13℃の強冷水風呂‼
強烈なクールダウン後、椅子に腰かけて暫しの休憩中、脳内がグラングランする位ととのっちゃいましたw
この日は以下3セット。

・サウナ7分⇒強冷水風呂1分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒強冷水風呂1分⇒休憩3分
・サウナ12分⇒強冷水風呂1分⇒休憩5分

仕上げはバイブラバスできっちり温まり直し、シャワーで軽く流して上がりました。

 

湯上り後、ご主人から「お遍路している人にはこれをどうぞ。」と以前イベントで使用した葛飾北斎の版画スタンプと、浴場組合用の貴重なスタンプを頂きました。

f:id:kenichirouk:20201027001942j:plain

また、『鶯谷の萩の湯には、もう行った?』と聞かれ、『行きました』と答えると、『実はウチは萩の湯とは従弟関係なんだよね』との事。「萩の湯」と言えば、稲荷町の「寿湯」さん、東京スカイツリー前の「薬師湯」さんと三兄弟というのは、都内銭湯ファンの間ではかなり有名な話ですが、「高砂湯」さんも縁戚関係とは、意外な繋がりを知る事が出来て、ちょっとほっこり。
それぞれの銭湯にも、また是非行ってみたいですね。
※ちなみにコチラが三兄弟の銭湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

 

帰りに振り替えると、すっかり夜の帳が降りた中、高砂湯さんのネオンが灯り、後ろ姿を見送ってくれていました。

f:id:kenichirouk:20201027004144j:plain

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、店舗紹介ページより拝借しております。

南柏天然温泉すみれ|湯活レポート(温泉編)vol118

f:id:kenichirouk:20210503092013j:plain

minamikashiwa-sumire.com

【入浴日】2021/5/2
【所在地】千葉県流山市向小金1丁目272-8

Google マップ

【泉質】含よう素-ナトリウム‐塩化物泉 ph7.6

 

この日は2021/2/11グランドオープンした「南柏天然温泉すみれ」さん訪問。
南柏天然温泉すみれさんへは、常磐線 南柏駅西口ロータリー左手サンロードへ。

f:id:kenichirouk:20210503092232j:plain

その先、常磐線沿いを進みます。運よく常磐線が通過するところで一枚。

f:id:kenichirouk:20210503094743j:plain

跨線橋が見えてきたところで道なりに右手へカーブした先へ進みます。

f:id:kenichirouk:20210503095028j:plain

突き当りに南柏天然温泉すみれさんの案内板が出ています。

f:id:kenichirouk:20210503095541j:plain

案内板に沿って進むと駅から徒歩12分程で看板の向こうに南柏天然温泉すみれさん。

f:id:kenichirouk:20210503100300j:plain

 

それでは受付を済ませてまずは1Fの岩盤浴「La Viola」から参ります。
岩盤浴は以下の5種類。温度順に巡って参ります。
※室温計が見当たらなかった為、室温は体感温度です。

・瞑想の間(ホットルーム)40℃。
マイルドな温かさでリラックス。天井の照明は七色に変化します。

f:id:kenichirouk:20210502104441j:plain

・石癒の間(薬石岩盤浴)50℃
全11床に8種の薬石。手前からトルマリン①⑪、緑龍②⑩、甲翠③、鳳緑④、赤御影石⑤、麦飯石⑥⑧、ブラックゲルマニウム⑦、薬黄石⑨。個人的にはブラックゲルマニウムが一番遠赤外線を感じられ、心地よく感じました。

f:id:kenichirouk:20210503100636p:plain

・蒼錟の間(ファイテン岩盤浴)60℃
ファイテン社の技術を施した十和田石を使用した岩盤浴。

f:id:kenichirouk:20210503101831p:plain

・熱響の間(ミュージックロウリュ)70℃
こちらが岩盤浴エリアでは一番熱い部屋。巨大なロッキーサウナがあり、一日を通してBGMが流れ、定時になるとオートロウリュがサウナストーブに注がれる。

f:id:kenichirouk:20210503102029j:plain

・氷壁の間(クールルーム)10℃
岩盤浴で火照った体をじんわりクールダウンしてくれる間。

f:id:kenichirouk:20210502104516j:plain

 

岩盤浴でタップリ発汗した後は2Fの大浴場へ移動。
沐浴で岩盤浴でかいた汗を流し、まずは内湯からライド温♨

f:id:kenichirouk:20210502105256j:plain

湯巡りのスタートは爽楽の湯の各種ジェット水流で軽く血行促進。
ジェット座風呂×2、ボディーマッサージ×2、ハイパージェット×1、電気風呂×2。湯の色がレモンイエローなのは、加水した源泉が内湯にも使われている為。南柏天然温泉すみれさんの源泉は、含よう素-ナトリウム‐塩化物泉。よう素は傷薬に使用される成分で空気に触れると酸化して黄褐色を呈します。塩化物泉は塩のヴェールが全身を魔法瓶のように包み保温する熱の湯のW効果。若干スベスベ感も感じられます。

f:id:kenichirouk:20210502105324j:plain

続いて絹の湯に移動。奥には寝ころび湯もあります。

f:id:kenichirouk:20210502105420j:plain

内湯の〆は源泉ぬくもりの湯。
源泉三昧の露天風呂の前にまずはこちらで軽く湯慣らし。

f:id:kenichirouk:20210502105513j:plain

内湯で軽く温まったところで露天風呂へ移動します。
露天では手始めにファイテン炭酸泉から。ファイテン社のウォーターシステムで、炭酸泉にファイテンウォーターのパワーをプラスしたものだそうです。

f:id:kenichirouk:20210502110551j:plain

空いたところで源泉うたたね湯へ移動し、暫し休息。

f:id:kenichirouk:20210502110428j:plain

〆は源泉100%かけ流しあつ湯(43℃)でW効果の源泉を心ゆくまでじっくり堪能。

f:id:kenichirouk:20210502110911j:plain

こちらのあつ湯だと、熱過ぎる方は、かけ流しあつ湯から流れる源泉が注がれるくつろぎ湯がおススメ。こちらだと41℃程度ですので、ゆったり浸かれます。

f:id:kenichirouk:20210502111102j:plain

 

源泉に浸かってしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
南柏天然温泉すみれさんのサウナは2種。
まずはよもぎ泥塩サウナで、こちらのこの日のコンディションは50℃。
全身に塩を盛ってよもぎスチームの中で塩が溶けだすのをじっと待ちます。
塩が半透明になり溶けて来たら、全身を軽く撫でて古い角質と共に除去。

f:id:kenichirouk:20210502111330j:plain

十分発汗してスチームサウナを後にし、シャワーで全身流したらお肌がツルツルピカピカのモチモチに生まれ変わっています。
汗を流したらレモンイエローの源泉水風呂へ。こちらは加水した源泉をチラーで冷やしており、水温は14℃。キンキンですが、ツルツル感もあり柔らかさも感じます。

f:id:kenichirouk:20210503104353j:plain

続いて熱風オートロウリュサウナへ。こちらは4段タワー型のロッキーサウナでこの日のコンディションは84℃。マイルドなサウナですが、15分に一度ライトアップされオートロウリュがサウナストーブへ注がれます。その直後、サウナストーブ上部に設置されたブロワーが作動し、サウナ室内に陣取った入浴客へロウリュの熱風を浴びせかける仕様。十分な湿度と共に心地よい発汗が楽しめます。
この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・よもぎ泥塩サウナ10分⇒水風呂1分⇒露天外気浴3分
・熱風オートロウリュサウナ10分⇒水風呂1分⇒露天外気浴3分
・熱風オートロウリュサウナ10分⇒水風呂1分⇒露天外気浴5分

仕上げは露天の源泉100%かけ流しあつ湯で再度体の芯まで温まり、手桶に汲んだ源泉で絞ったタオルで全身拭き上げて上がりました。

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
柏方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、施設にご了承を得て公式HPより拝借しております。

Smart Stay SHIZUKU品川大井町|湯活レポート(サウナ編)vol55

f:id:kenichirouk:20210429070720j:plain

shizuku-hotel.jp

【所在地】東京都品川区東大井3-2-8

Google マップ

【入浴日】2021/4/28

 

この日は在宅ワークを片付けて、2021/4/21大浴場・サウナを先行OPENした「Smart Stay SHIZUKU品川大井町」さん初訪問。
Smart Stay SHIZUKU品川大井町店さんへの最寄り駅は大井町駅。
りんかい線 ですとB出口を出て正面の通りを左手。

f:id:kenichirouk:20210429070923j:plain

JR大井町駅ですと東口を出て、やはり駅前通りを左手に進みショッピングロードへ。

f:id:kenichirouk:20210429071700j:plain

その先一つ目の路地を左折し、すずらん通りに入ります。

f:id:kenichirouk:20210429071910j:plain

すずらん通りに入って程なく、通りの左手かなりセットバックした奥にSmart Stay SHIZUKU品川大井町さんを発見!これは知らないと通り過ぎるレベル。
何はともあれ中へお邪魔してみましょう。

f:id:kenichirouk:20210429072344j:plain

受付のあるのは2F。OPENして1週間ですので、祝い花が飾られていました。

f:id:kenichirouk:20210429072843j:plain

受付はフロントで希望のコースを伝え、RFIDセンサー付きリストバンドを受け取った後、下の写真のチェックイン機で受付を済ませます。ちなみに精算もコチラです。

f:id:kenichirouk:20210429073303j:plain

チェックインが済んだら3F大浴場フロアへ移動。
浴室入口では清水みさとさんがモデルのサウナイキタイのポスターが入浴客をお出迎え。否応なしにサウナイキタイ意欲が高まりますw

f:id:kenichirouk:20210429073438j:plain

浴室入口でも例のリストバンドをセンサーにかざして入場。

f:id:kenichirouk:20210429073750j:plain


浴室内は白木の天井に黒い石貼りのモノトーン。
無駄なモノが削ぎ落されたミニマルコンパクトな空間。

f:id:kenichirouk:20210424160728j:plain

サウナ専用施設ですのでアメニティは豊富に用意されています。
ナイロンタオル、髭剃り、シェービングフォーム、歯ブラシ等を駆使して全身隅々までお清めを済ませ、早速ジャグジーバスへライド温♨
広いジャグジーバスにはジェット水流が付いており、心地よく温まれます。

 

ジャグジーバスでしっかり温まったところで、いよいよサウナ室へお邪魔します。
Smart Stay SHIZUKA品川大井町さんのサウナは、現在6名定員制。本格的なフィンランド式のロッキーサウナで、この日のコンディションは96℃。10~15分程度に一度オートロウリュ*1が落ちて、体感温度がグンと上がる仕様になっています。
新鮮な白木の薫りが素晴らしく清新な気分で発汗タイムを楽しみます。

f:id:kenichirouk:20210424160320j:plain

発汗後はサウナ室隣の水風呂へ。こちらは水温12℃の強冷水風呂!
火照った体をキンキンにクールダウンしてくれます。

f:id:kenichirouk:20210424160343j:plain

この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・ロッキーサウナ7分⇒強冷水風呂1分⇒休憩3分
・ロッキーサウナ10分⇒強冷水風呂1分⇒休憩3分
・ロッキーサウナ12分⇒強冷水風呂1分⇒休憩5分

仕上げはジャグジーバスに再入湯して体の芯まで温まり、熱めのシャワーで軽く流して上がりました。

 

Smart Stay SHIZUKA品川大井町さんでは、先行OPEN期間中に1時間のショートコース利用の利用客に限りオロポ*2注文で30分延長サービスだそうです。

f:id:kenichirouk:20210429091625j:plain

私はガッツリサウナを満喫したく3hコースを選択していた為、注文はしませんでしたが、時間の無い方や軽くサウナを楽しみたい方にはおススメです。

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、施設のご了承を得て、公式Webサイトより拝借しております。
※コチラはもう一つの「Smart Stay SHIZUKU上野駅前
」の入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

*1:ロウリュはフィンランド語で「蒸気」の意味。サウナストーブ上から適宜水が噴霧され、サウナ室内を適湿に保つ他、高温蒸気を発生させ入浴客の体感温度を上げ発汗を促進する効果がある

*2:オロナミンCをポカリスエットで割ったサウナー御用達のドリンク。サウナで失われた水分とミネラルを同時に補給できる神ドリンクだそうですw

湯活レポート(銭湯編)vol517.森下「常盤湯」で池の錦鯉を見ながら外気浴

f:id:kenichirouk:20201024104907j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20201022104109p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/10/23

 

この日は江東区方面へ足を伸ばし「常盤湯」さんへ。
常盤湯さんへは、都営新宿線 森下駅A7出口を出て正面の清澄通りを右手へ。

f:id:kenichirouk:20201024105227j:plain

深川芭蕉通りを渡り、更に直進。

f:id:kenichirouk:20201024105313j:plain

その先一本目の路地を右折すると駅から徒歩5分程で常盤湯さん。
現在は正面左手に玄関がありますが、往年の正面玄関もそのまま残っており、こちらからも中に入る事が出来ます。

f:id:kenichirouk:20201024105429j:plain

建物裏手からは常盤湯さんの煙突も見る事が出来ました。

f:id:kenichirouk:20201024110414j:plain

玄関脇には常盤湯さんの案内板。

f:id:kenichirouk:20201024110502j:plain

新しい玄関から中へ入ると、往年の玄関の正面に九谷焼の七福神のタイル絵。

f:id:kenichirouk:20201024110644j:plain

この九谷焼を挟んで男女振り分け式入口より中へお邪魔します。

f:id:kenichirouk:20201024110748j:plain

中に入ると脱衣場は見事な折り上げ格天井。
昔ながらの番台で受付を済ませ、早速浴室へ参ります。

 

浴室正面には伊豆、早川と雅号の入った故早川利光絵師作の伊豆から望むセンター富士のペンキ絵。岩場に当たって波が砕ける豪快な構図。今となっては貴重な絵です。

f:id:kenichirouk:20201024110853j:plain

男女浴室仕切り壁には池のある長閑な風景のタイル画。

f:id:kenichirouk:20201024111214j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
浴槽は3槽に分かれており、まずは左手の低温湯から。低温湯といっても41℃程。軽く温まったところで中央のバイブラ付き浅湯へ移動。こちらは適温の42℃程。ゆったりリラックスバスタイムが楽しめます。
仕上げは右手の高温湯へ。こちらは久々の江戸前熱湯できっちり45℃あります。ピリッと痺れる熱湯で、早川富士を眺めながら体の芯まで温まらせて頂きました。

f:id:kenichirouk:20201024111332j:plain

 

シャワーを浴びて湯上り後、浴室から縁側に出て、中庭で見事な錦鯉が泳ぐ池を眺めつつ、汗が引くまで暫し外気浴。秋風が全身を撫でる至福の時間。

f:id:kenichirouk:20201024111354j:plain

こちらの池は都内銭湯有数の広さで、沢山の錦鯉が泳いでおり圧巻です。
大きな扇風機も置いてあり、夏場でも縁側での休憩が楽しめそうで嬉しいですね。

f:id:kenichirouk:20201024111407j:plain

本日も良い湯をありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※縁側・浴室内は撮影不可の為、店舗紹介ページより拝借しております。

湯活レポート(銭湯編)vol516.北砂三丁目「竹の湯」

f:id:kenichirouk:20201024101853j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20201024102343p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/10/23

 

この日は江東区方面へ足を伸ばし「竹の湯」さんへお邪魔しました。
竹の湯さんへは、都営新宿線 西大島駅から徒歩15分程、歩いて行こうかとも思いましたが、あいにくこの日は雨天でA4出口を出てすぐの1番バス乗場より門前仲町方面。

f:id:kenichirouk:20201024103037j:plain

最寄の北砂三丁目バス停で降車し、バス進行方向セブンイレブン先を左折。

f:id:kenichirouk:20201024103136j:plain

左折した先の稲荷通りを直進。

f:id:kenichirouk:20201024103328j:plain

バス停から徒歩5分程で右手に竹の湯さんの青い屋根が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20201024103428j:plain

建屋の先を曲がってみると壁面に現在の鳥獣戯画のようなアート。

f:id:kenichirouk:20201024103626j:plain

その先の建屋脇からは雨天を突く煙突を見る事が出来ました。

f:id:kenichirouk:20201024103600j:plain

入り口横壁の竹の湯さんの案内板に「大きな浴槽でゆったり・のんびり」の標語。
そうですね、雨の中ここまで来て冷えた体を温めたいものです。

f:id:kenichirouk:20201024104020j:plain

中に入ると湯上り後、ホッと落ち着けそうなロビー。

f:id:kenichirouk:20201024104354j:plain

それではフロントで受付を済ませ浴室へ。

f:id:kenichirouk:20201024104551j:plain


浴室正面には屋号を象徴する様な、緑が鮮やかな竹林のグラフィックアート。

f:id:kenichirouk:20201022140802j:plain

まず沐浴で全身お清めを済ませ、右手のポイントマッサージ座風呂からライド温♨

f:id:kenichirouk:20201022141120j:plain

軽く血行促進したら大きく張り出したセンターのメインバスへ。
エレキマッサージで低周波マッサージもしつつ、手間の広いゾーンへ移動。

f:id:kenichirouk:20201022141043j:plain
しっかり体の芯まで温まったところでシャワーで軽く流して上がりました。

 

帰りには雨も上がっており、西大島駅までの道筋、新開橋で小名木川を渡る際、雨上がりの秋風が火照った体に心地よく感じました。

f:id:kenichirouk:20201024105827j:plain

更に橋を渡った先左手に、以前、西大島銭湯散歩でお邪魔した第二久の湯さん発見。

f:id:kenichirouk:20201024110150j:plain

yukatsu.hatenablog.com

何だか知った銭湯に出会うと嬉しい気分になりますね。

本日も良い湯をありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。

湯活レポート(銭湯編)vol515.東砂三丁目「藤の湯」

f:id:kenichirouk:20201024095429j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20201021131433p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/10/23

 

この日は江東区方面へ足を伸ばして「藤の湯」さんへお邪魔しました。
藤の湯さんへは、都営新宿線 東大島駅下車、大島口階段を下り、番所橋通り沿いの3番バス乗場より葛西橋方面乗車。

f:id:kenichirouk:20201024095515j:plain

最寄の東砂三丁目バス停下車、番所橋通りをバス進行方向へ進み、右手のファミリーマート先を右折し、更に進みます。

f:id:kenichirouk:20201024095701j:plain

こちらの角で左折し、バス停から徒歩5分程で左手に藤の湯さんが見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20201024095817j:plain

f:id:kenichirouk:20201024100030j:plain

建物脇からは建屋のラインに合わせてクランクした特徴的な煙突が見られます。

f:id:kenichirouk:20201024100221j:plain

入口脇には藤の湯さんの案内板。藤棚が迎える・・・!?

f:id:kenichirouk:20201024100601j:plain

見上げると玄関上に広がるのが藤棚で、4~5月には藤の花が満開になるそう。
屋号通りのファザードですが、開花の時期にまた来てみたいと思います。

f:id:kenichirouk:20201024100843j:plain

 

それでは中へお邪魔し、受付を済ませて浴室へ。
浴室正面には峻険な岩山より清流が浴槽へ注ぎ込む構図のタイル絵。

f:id:kenichirouk:20201021135005j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速メインバスからライド温♨
メインバスは手前からジェットエステバス、ボディマッサージ、でんき風呂。
水流&低周波電流マッサージで血行促進し、広いゾーンへ移動し温まります。

f:id:kenichirouk:20201021135203j:plain

続いてお隣の薬湯へ。この日は温浴素じっこう。
天然生薬の香りに包まれ、心地よい入浴タイムが楽しめます。

f:id:kenichirouk:20201021135345j:plain

しっかり温まったところで、熱めのシャワーで流して上がり、湯上り後は汗が引くまで脱衣場に面した縁側で外気を浴びながら暫し休憩。
中庭には植木棚があり、盆栽がズラリと並んで目を楽しませてくれます。

f:id:kenichirouk:20201021135446j:plain

この季節の湯上がり後の縁側外気浴は最高ですね。

本日も良い湯をありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。

湯活レポート(銭湯編)vol514.葛飾「日の出湯」

f:id:kenichirouk:20201023072129j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20201024102824p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/10/22

 

この日は亀有方面へ足を伸ばして日の出湯さんへ。
日の出湯さんへの最寄はJR常磐線 亀有駅。
北口駅前ではお馴染みのこの方がお出迎え。

f:id:kenichirouk:20201023073115j:plain

まずは北口より常磐線高架沿いに左手方向へ。

f:id:kenichirouk:20201023073435j:plain

下の写真のY字路を右手の亀有やわらぎの道へ。

f:id:kenichirouk:20201023073556j:plain

その先一つ目の信号を右折し、更に中之台小学校校門前の一つ目路地を左折。
暫く歩くと右手にプラモ屋さん。小学校が近いと今でも需要があるのかな?
それとも顧客は昔プラモデルを作ったお父さん層かも。(自分もその一人・・・w)

f:id:kenichirouk:20201023074106j:plain

この先の信号を右折すると日の出湯さんが右手に見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20201023090113j:plain

中に入ると小綺麗なロビー。

f:id:kenichirouk:20201023090244j:plain

上を見上げると、漆喰の折り上げ格天井にパンチングメタルの珍しい天井。
壁には赤富士のポスターも貼られています。

f:id:kenichirouk:20201023090558j:plain

 

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。
浴室正面には大迫力の白い帆船のタイル絵。

f:id:kenichirouk:20201023090857j:plain

沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
メインバスは右手より電気風呂、ハイパワージェット、ボディーマッサージ、バイブラと低周波電流、水流マッサージが目白押し。まずはこちらで軽く血行促進。
Webから拝借した写真からも分かりますが_、日の出湯さんのお湯や水は薄いクリアグリーンを呈しています。後でおかみさんにお伺いしたところ、「ウチは鉄分が多いから。」と仰られており、温泉成分に近いミネラルの含有量が多いかもですね。ツルツル感も感じられ、温泉気分を満喫♪
続いてお隣の薬風呂へ。この日はエメラルドグリーンの米ヌカオリーブの湯。原水+薬湯効果でツルツル感が増して心地よい浴感です。

f:id:kenichirouk:20201023091128j:plain

 

湯巡りで体も温まってきたところで、サウナ室へもお邪魔します。
日の出湯さんのサウナは、ガス遠赤外線ヒーターでこの日のコンディションは100℃。
発汗後は天然井戸水かけ流しの淡いクリアグリーンの滑らかな水風呂へ。
この日は以下3セットで、心地よい❝ととのい❞*1の世界へ誘われました。

・サウナ7分⇒淡いクリアグリーンの天然井戸水風呂1.5分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒淡いクリアグリーンの天然井戸水風呂1.5分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒淡いクリアグリーンの天然井戸水風呂2分⇒休憩5分

仕上げは薬湯から、淡いクリアグリーンの沸かし湯でツルツルな湯触りを楽しみつつ、しっかり温まり直してから、熱めのシャワーで流して上がりました。

 

ちなみに店舗紹介Webサイトによると女湯のタイル絵は白雪姫と七人の小人のメルヘンなタイル絵だそうで、こちらも楽し気で良いですね。

f:id:kenichirouk:20201023093709j:plain

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、店舗紹介ページより拝借しております。

*1:サウナ⇒水風呂⇒休憩のループで心は大海原を駆ける白い帆船に乗って世界を旅する様w

湯活レポート(銭湯編)vol513. 瑞江「第二寿湯」

f:id:kenichirouk:20201022090258j:plain

www.oyunofuji1010.com

f:id:kenichirouk:20210529170209p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/10/21

1.第二寿湯 

この日は江戸川方面へ足を伸ばし「第二寿湯」さんへ。
第二寿湯さんへは、都営新宿線 瑞江駅南口ロータリー正面の通りを直進。

f:id:kenichirouk:20201022110848j:plain

突き当りを左折し篠崎街道へ。
※ちなみに正面の煙突は第二寿湯さんの物ではありませんw

f:id:kenichirouk:20201022110940j:plain

バスの場合は、篠崎通り沿いの東部区民館が最寄りのバス停になります。

f:id:kenichirouk:20201022111332j:plain

バス停の先を右折しエトワール・モールへ。

f:id:kenichirouk:20201022111553j:plain

下の写真の路地を左折すると左手セットバックしたところが第二寿湯さん。
ここまで駅から徒歩で15分強というところです。

f:id:kenichirouk:20201022111704j:plain

路地からセットバックした先第二寿湯さんの外観。

f:id:kenichirouk:20201022111834j:plain

こちらはもう一方の路地側から見た第二寿湯さん正面。

f:id:kenichirouk:20201022112046j:plain

建物裏手から煙突の全景が見られますが、真下から見上げると大迫力です!

f:id:kenichirouk:20201022113036j:plain

それでは暖簾を潜って中へ。左手が男湯、右手が女湯の振り分け式玄関。

f:id:kenichirouk:20201022113757j:plain

 

番台で受付を済ませていざ浴室へ。
正面には銭湯絵師 田中みずき絵師による富士山と江戸川区浴場組合公式キャラクターお湯の富士のペンキ絵。ちなみに第二寿湯さんの店主が江戸川区の公認キャラクターお湯の富士の生みの親なのだそうです(※「わたしは銭湯ペンキ絵師」田中みずき絵師参照)。
※写真はGoogleインドアビューからの拝借ですが、現在は新作の絵になっています。

f:id:kenichirouk:20201019084401j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
メインバスは奥からエレキマッサージ、ジェットバス、手前が岩盤泉。
エレキマッサージの手前に新たに天然ラドン鉱石のドラムが沈められており、メインバス全体がラドン風呂となっていました。電浴、水流マッサージで軽く凝りをほぐし、ラドン風呂×岩盤泉のハイブリッドな湯で温まります。

f:id:kenichirouk:20201019084552j:plain

浴槽の脇には足つぼ石が貼られていて、湯巡りの合間に足つぼマッサージ。
続いてサイドの薬湯へ。
この日は濃いバイオレッドのフルーツ酵素配合の湯。微かに甘い香りでツルツル感もあり、心地よい浴感。こちらでも岩盤泉が楽しめますよ。

f:id:kenichirouk:20201019084727j:plain

一通り湯巡りし、しっかり温まったところで、シャワーで軽く流して上がりました。

 

ちなみにWeb上で見つけたとこで、過去のペンキ絵作品には以下の物がありました。
どれも楽し気ですよね。今後も作品の更新が楽しみです。

f:id:kenichirouk:20201022115124j:plain

f:id:kenichirouk:20201022115205j:plain

f:id:kenichirouk:20201022115217j:plain

本日も良い湯をありが湯ございました。

 

2.寿楽

f:id:kenichirouk:20201022113222j:plain

tabelog.com

この日は湯上り後、第二寿湯さんお隣の中華店に惹かれコチラにもライド温♨
中華の香ばしい香りもさることながら、町中華のお手本のように香ばしい店内。

f:id:kenichirouk:20201022115554j:plain

f:id:kenichirouk:20201022115644j:plain

黄色の模造紙に貼られた手書きのメニューにもそそられる物があります。

f:id:kenichirouk:20201022115816j:plain

この日は油通ししたシャキシャキ野菜が食べたくて野菜炒め定食をチョイス。
それがコチラ、ジャーン❕美味しそうでしょ。

f:id:kenichirouk:20201022120143j:plain

ちなみにメッチャ美味しかったです。
良き湯に浸かれ、旨い飯を食って今日も一日平和で幸せ気分満喫。

 

第二寿湯さんへもお隣の聚楽さんへも、お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。