湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

改栄湯(リニューアル前・後)|三ノ輪|湯活レポート(銭湯編)vol145

f:id:kenichirouk:20201127074248j:plain

kaieiyu.business.site

f:id:kenichirouk:20201113062129p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/11/26(「いい風呂の日」に三ノ輪リニューアル銭湯巡り①)

この日は11/26(いい風呂の日)三ノ輪リニューアル銭湯巡りで2湯目に2020/11/14リニューアルOPENされた「改栄湯」さんへ。
リニューアル前に訪問した際は、三ノ輪橋銭湯散歩で都電荒川線方面から向かいましたが、日比谷線 三ノ輪駅からのアクセスも紹介しておきます。
まずは3番出口を出て、正面の明治通りを左手方向へ。

f:id:kenichirouk:20201127075415j:plain

その先一本目の路地を左折し道なりに進むと、すぐ改栄湯さんの煙突が見えます。

f:id:kenichirouk:20201127075606j:plain

駅から徒歩3分程で改栄湯さん。こちらは新しく入口に掲げられたロゴです。

f:id:kenichirouk:20201127075742j:plain

建物脇からは先程の煙突も見られます。撮影時たまたまご主人がいらっしゃり、あの白い方はシンボルとして残してあるけど今は使ってなくて、ガス釜で今活躍しているのはその下のクランクした銀色の方との事。現在はこういうスタイルが多いですね。

f:id:kenichirouk:20201127075916j:plain

それでは中へお邪魔します。
ロビー入口のICカードも使える券売機で入浴券を購入するスタイルに。

f:id:kenichirouk:20201127080317j:plain

こちらがロビーから見たフロントサイド。

f:id:kenichirouk:20201127080619j:plain

それでは受付を済ませ浴室へ参ります。男湯は右手側。

f:id:kenichirouk:20201127080727j:plain

 

浴室内は以前の面影は全くなく、シックでスタイリッシュに一新!
脱衣場と内湯にはモダンジャズのBGMが流れています。

f:id:kenichirouk:20201127080857j:plain

シャワー等がニードルシャワーでなく、使い勝手が良いのは嬉しいポイントですね。
また使用するお湯も高純度軟化水にされたそうで、心なしかスベスベ感があります。
この日2湯目ですので、沐浴は簡潔に済ませ、早速内湯からライド温♨
手前がドリームバス、センターが浅湯でここまでは44℃と江戸前熱湯。
後でフロントで伺いましたが、これでも常連さんにはぬるくなったと嘆かれる事もとの事。以前、特にOPEN直後は超激熱でしたからねw
奥は高濃度浸透炭酸泉。湯温は炭酸泉では珍しい湯温42℃。肌に近いph4.5の弱酸性で、保湿効果も通常のお湯の3.0倍の軟化水の炭酸泉で発汗効果が凄いです。

f:id:kenichirouk:20201127081417j:plain

体も温まってきたところで、露天エリアへ。
コチラはシルク風呂で軟化水×ナノバブルのお湯が肌を包んで心地よい浴感。

f:id:kenichirouk:20201127082436j:plain

 

体が十分温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
改栄湯さんの新設サウナはガス遠赤外線サウナ。アイボリーとダークブラウンのレンガに囲まれたサウナ室は輻射熱も心地よく、この日のコンディションは100℃程。

f:id:kenichirouk:20201127082747j:plain

たっぷり発汗したら、サウナ室前の露天水風呂へ。
水風呂の水温は17℃程でバイブラも効いており、爽快なクールダウンが楽しめます。
クールダウン後そのまま露天エリアの休憩椅子でリラックス。導線もバッチリです!
この日は以下2セット。

・サウナ10分⇒水風呂1.5分⇒露天外気浴3分
・サウナ12分⇒水風呂1.5分⇒露天外気浴3分

仕上げはシルク風呂と高濃度浸透炭酸泉をはしごしてじっくり温まり直し、レインシャワーで流して上がりました。

 

ここだけの話、この日ドラマ「サ道」でも有名な錦糸町ニューウィングの吉田支配人もいらっしゃってましたよ。以前、錦糸町「黄金湯」のプレ見学撮影会でお会いしたので、軽く会釈させて頂きましたが、リニューアル銭湯サウナも体験されるとは研究熱心ですね。いずれまたそちらにも伺わなくちゃと思いました。
※コチラは錦糸町「ニューウィング」さんの入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。

※コチラは11/26(いい風呂の日)三ノ輪銭湯巡り①「湯どんぶり栄湯」さんの入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

 

【入浴日】2019/12/14(週末銭湯散歩②・リニューアル前)

f:id:kenichirouk:20201113070346j:plain

この日の週末銭湯はしご2湯目は「改栄湯」さんへ。
改栄湯さんへは、日比谷線 三ノ輪駅の方が近いですが、この日は都電荒川線 三ノ輪橋より行った為、そちらからの道筋を紹介しておきます。
まずは三ノ輪橋駅  乗車口側から線路沿いを車両留め方向へ。

f:id:kenichirouk:20191215130628j:plain

そのまま飲食ビルの中も直進して通過。

f:id:kenichirouk:20191215130919j:plain

第3三の輪ガードを潜って更に直進し、突き当りを右折。

f:id:kenichirouk:20191215131031j:plain

浄閑寺の脇を通過し大通りを左折すると東京スカイツリーが見えます。

f:id:kenichirouk:20191215131957j:plain

この先2本目の路地を右折すると、右手に改栄湯が見えてきます。

 

受付を済ませて浴室へと移動。
動物達がお神輿を担ぐタイル絵が印象的な浴室。

f:id:kenichirouk:20191215132314p:plain

ちなみに台東区浴場組合HPによると、女湯は鶴の舞う桜の里のタイル絵です。
こちらもメルヘンですね。

f:id:kenichirouk:20191216195846p:plain

 

改栄湯さんは、リンスインシャンプー・ボディーソープ完備です。
2湯目ですので、手早く沐浴を軽く済ませ、早速お湯を頂きます。

向かって右手が浅湯でジェットバスとバイブラ付き。
改栄湯さんは、天然井戸水薪沸かしのお湯で、湯触りが滑らかです。
こちらで軽く温まってから続いて左手のバイブラ付き深湯へ・・・

何とコレが私史上最高温の江戸前熱湯。推定湯温は51~2℃!!
私個人は50℃の熱湯でも1分は入っていられると思いますが、浸かったところが10秒もしない内にみるみる真っ赤、刺激的過ぎて30秒も入っていられませんでした。
常連さん達も熱湯は手を入れるだけで、すぐにその手を引っ込めて、浅湯に浸かり、「今日は熱いね」と水で埋めていましたので、相当熱いのだと思います。
不思議なのは、深湯と浅湯の浴槽同士、中で繋がっているのですが、深湯の熱い湯が底の方から給湯されて、すぐに熱対流で上面に溜まるので、足元と湯面が集中的に熱く、なかなか隣の浅湯までその熱い湯が流入して来ないのではと思いました。

 

その後浅湯に入り直して、湯馴らしし、再び深湯に挑んでみましたが、腰まで浸かるのが精一杯。足が悲鳴を上げてすぐに上がっちゃいました。

 

湯上り後おかみさんに、「ここの深湯は熱いですね!私の知ってる中で一番かも。ビックリしました。」と感想をお伝えすると、おかみさん曰く、「沸かしたてだから・・・」との事。今日は特別熱かったかも知れませんが、いつもは営業中に常連さん達が徐々に水で埋めて、自分達の入りやすい温度に調節する事で、適温になっているのかも知れませんね。

 

お近くへお立ち寄りの際は是非♪
我こそは熱湯好き!というチャレンジャーな方は、ヒートショックに十分気を付けた上で、是非OPENアタックで一番風呂へ。

※浴室内は撮影不可の為、店舗紹介ページ、他より拝借しております。
※深湯は激熱なので、入浴時、湯上り時ヒートショックにお気をつけください。
 試しに何杯か掛け湯して、掛け湯で無理と思ったら無理をせず隣の朝湯へどうぞ。
※コチラはこの日の週末銭湯はしごのレポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com