湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

おふろcafé utatane|大宮のフィンランド|湯活レポート(温泉編)vol133

f:id:kenichirouk:20210930070026j:plain

ofurocafe-utatane.com

【所在地】埼玉県さいたま市北区大成町4-179-3

Google マップ

【入浴日】2021/9/22
【泉質】ナトリウム-塩化物泉(低張性・中性・冷鉱泉)ph6.7

 

この日は前から気になっていた「おふろcafé utatane」さんへ行って参りました。
おふろcafé utataneさんの最寄駅は埼玉新都市交通ニューシャトル 鉄道博物館駅。
JR大宮駅より六角形のフォルムが特徴的な埼玉新都市交通ニューシャトルへ乗換。

f:id:kenichirouk:20210930070330j:plain

埼玉新都市交通ニューシャトルの車窓風景は、視界が広く一見モノレール風です。

f:id:kenichirouk:20210930072120j:plain

1駅目の鉄道博物館駅の改札を抜けたら左手方向へ。
ちなみに改札を出て直進すると日本最大級の鉄道博物館。駅名に冠するだけあって構内にアーケード版の電車でGO‼や列車のタイヤが展示してあったりと、改札を出る前から鉄道好きにはたまらない景色かも。

f:id:kenichirouk:20210930072616j:plain

通りに出たら埼玉新都市交通の高架沿いに右手方向へ直進。

f:id:kenichirouk:20210930074058j:plain

高架下にも鉄道博物館の入口があり、実物展示車両が顔を覗かせていました。

f:id:kenichirouk:20210930091742j:plain

通り沿いの所々におふろcafé utataneさんの電柱看板を発見!

f:id:kenichirouk:20210930074515j:plain

途中1ヵ所迂回ポイントがありますが、ココにもおふろcafé utataneさんの看板が。

f:id:kenichirouk:20210930075450j:plain

その先埼玉新都市交通高架沿いを進む事徒歩10分程でおふろcafe utataneさん到着。
こちらの幟(のぼり)の先がおふろcafé utataneさんの入口です。

f:id:kenichirouk:20210930080043j:plain



おふろcafé utataneさんは、サウナの本場フィンランドを模した施設の数々を館内に散りばめ、「埼玉のフィンランド」と呼ばれています。玄関脇では白樺の枝葉を束ねたドライヴィヒタをあしらった「ウィスキング始めました」の看板がお出迎え。

f:id:kenichirouk:20210930080456j:plain

ロビーにもサウナ小屋を模した展示施設や北欧を想起させるアイテムの数々が。

f:id:kenichirouk:20210930080332j:plain

受付を済ませ奥に進むと、館内案内の矢印が付いた白樺の木がお目見え。
左手がホテル、正面がレストラン、左手奥がお風呂、サウナの大浴場。
階段を上ると広いレストスペースが広がっています。

f:id:kenichirouk:20210930080729j:plain

奥に進むとライブラリースペースや、ヘルシンキと名付けられた航空機内を模したフリースペースもあり、フィンランド気分を満喫。

f:id:kenichirouk:20210930081038j:plain

f:id:kenichirouk:20210930081253j:plain

 

それではそろそろ暖簾を潜って浴室へ参ります。

f:id:kenichirouk:20210930081437j:plain

正面に露天エリアの窓が広がる明るい浴室内。

f:id:kenichirouk:20210918125759j:plain

まずは沐浴で丁寧に全身お清めを済ませ、早速内湯からライド温♨
内湯は奥が寝ころび湯、左手がエステバス、センターのうたた寝湯には電気風呂とバイブラゾーンが付いています。順に湯巡りしつつ全身の血行促進。

内湯巡りで軽く温もったところで露天風呂へもお邪魔します。

f:id:kenichirouk:20210918130126j:plain

コチラの露天岩風呂には系列のおふろcafé白寿の湯さんの濃厚塩化物泉が注がれています。運び湯の為、鮮度や濃度は源泉地のおふろcafé白寿の湯さんに譲りますが、元が特濃の塩化物泉ですので、スベスベした浴感も感じられ、良く温まります。
※コチラは源泉地のおふろcafe'白寿の湯さんの入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

 

内湯と露天風呂でしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
おふろcafé utataneさんのサウナは3種。
まずは内湯エリアに忽然と建つサウナ小屋「サウナコタ」から。

f:id:kenichirouk:20210918130305j:plain

サウナコタはサウナストーンを使用した本格的なフィンランドサウナで、セルフロウリュ可。この日は使いませんでしたが、フロントで3種のアロマオイルを選べるサービス(税別¥480)や脱衣場にアロマガチャ(200円)もあります。
室温は60℃程とかなりマイルドですが、ロウリュで体幹温度と湿度を上げる仕様。
2Fエリアには水を満たしたバケツと大きなラドル*1が用意されていますが、ロウリュする際は周りの方に一言お断りしてサウナストーブに静かに水を注ぎましょう。ラドルが大きい為、間隔も10~15分空けないとサウナストーンが冷えてロウリュが立たず室温も下がってしまう為、要注意です。

f:id:kenichirouk:20210930083124j:plain

2つ目はイズネスサウナ。
毎時00分(女湯は毎時30分)にオートロウリュが落ちる仕様。
この日のコンディションは88℃。でガッツリ発汗を楽しみたい方はコチラがお薦め。
しっかりと湿度もあり、広い室内に熱気が満ちている為、汗が滴り落ちます。
コチラでは毎日以下の時間で金木犀アロマロウリュも実施されています。
・男湯 AM5:30、14:30、19:00
・女湯 AM6:00、14:00、18:30
この日は運よく午後の金木犀アロマロウリュタイムに入る事が出来ました。
イズネスサウナにスタッフの手で金木犀のアロマ水が注がれると、ジュワーッという音と共に金木犀のアロマが全身を包み込み薫りも楽しめます。

f:id:kenichirouk:20210918130328j:plain

発汗後は両サウナの隣にある白亜の水風呂へ。こちらは水温17℃。
週末は水風呂ゾーンで以下の時間に白樺スモックアロマが焚かれるそうです。
・男湯 14:45、19:15
・女湯 14:15、18:45

f:id:kenichirouk:20210918131918j:plain

心地良いクールダウン後、おふろcafé utataneさんでは至る所に休憩ゾーンを用意してあります。水風呂エリア、内湯ゾーンのととのい椅子、ベンチ、露天エリアのととのい椅子にインフィニティチェア。個人的には空いていればベンチかインフィニティチェアでの寝ころび外気浴がおススメです。

この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・コタサウナ10分⇒水風呂1.5分⇒露天外気浴3分
・イズネスサウナ10分⇒水風呂1.5分⇒露天外気浴3分
・イズネスサウナ(金木犀アロマロウリュ)10分⇒水風呂1.5分⇒露天外気浴5分

ちなみに露天に設置してあるもう一つのバレルサウナは貸切予約制で中でウィスキング(サウナトリートメント)体験が出来ます。私は利用しませんでしたが、マッサージやエステ好きな人はハマるかも。お心当たりの方は是非お試しください。

f:id:kenichirouk:20210918131934j:plain

【予約受付中】ウィスキング(サウナトリートメント) | おふろcafe utatane

サウナ、水風呂、温冷交互浴からの露天外気浴を存分に満喫した後、仕上げは露天岩風呂の塩化物泉で再度体の芯まで温まり、シャワーで軽く流して上がりました。

 

帰りに下足箱のエリアでおふろ万博のPOPを発見!
面白そうなので帰って調べてみました。

f:id:kenichirouk:20210930090419j:plain

onsendojo10th.galaxy.bindcloud.jp

気になるイベントがあれば、また覗いてみようかな~♬

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
大宮方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、施設にご了承頂き、公式HPより拝借しております。
※コチラは系列の温泉道場さんのもう一つの施設「昭和レトロな玉川温泉」さんの入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

*1:フィンランド語で柄杓の事