湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

アクアスポット ニュー松の湯|追浜銭湯散歩②|湯活レポート(銭湯編)vol619

f:id:kenichirouk:20210422081407j:plain

k-o-i.jp

f:id:kenichirouk:20210422081555p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/4/21

 

この日は追浜銭湯散歩で2湯目に「アクアスポット ニュー松の湯」(以下「ニュー松の湯」)さんへ行って参りました。
ニュー松の湯さんへは、京急本線  追浜駅東口を出て正面の夏島貝塚通りへ。

f:id:kenichirouk:20210422082300j:plain

こちらを右折し、追浜東町商店会通へ。

f:id:kenichirouk:20210422082547j:plain

駅から徒歩7~8分で追浜東町商店会通の左手にニュー松の湯さん発見。

f:id:kenichirouk:20210422082846j:plain

コチラのビル2Fへ上がったところがニュー松の湯さんです。
中へ入ると広いロビーが広がっています。
早速受付を済ませ、可愛らしい牛乳石鹸の暖簾を潜っていざ浴室へ。

f:id:kenichirouk:20210422083316j:plain

 

ココからはニュー松の湯さんの浴室内の写真がHP等にも出ていない為、私の拙い図解とレポートでお届けします。浴室はビル型銭湯的で白基調のシンプルデザイン。

f:id:kenichirouk:20210422090304p:plain

この日2湯目ですので沐浴は簡潔に済ませ、早速内湯からライド温♨
内湯は左手からスリーピングバス、エレキマッサージ、打たせ湯、ミクロンバイブラと水流・電流系が続きますが、ミクロンバイブラは豪快でゴジラ級!
※コチラはゴジラバイブラのある東新宿の東宝湯の入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

内湯で軽く温まったところで露天薬湯へ。コチラは一見室内風ですが、青空天井で外壁面も竹垣と外気が吹き抜ける正に露天風呂。この日はバスブレンド靄の薬湯で、人肌に温めたミルクのような優しい肌触りのお湯に包まれて至福のバスタイム。

 

露天薬湯でしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
ニュー松の湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターで、この日の室温は約95℃。
室温計は104℃を指していましたが、体幹的にはもう少しマイルドです。
白木の薫りも心地よく、リラックスして発汗タイムを楽しめます。
発汗後はサウナ室前のウォーターバスへ。水温17℃で心地よくクールダウン。
ニュー松の湯さんではこの日、以下3セット楽しませて頂きました。

・サウナ7分⇒ウォーターバス1.5分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒ウォーターバス1.5分⇒休憩3分
・サウナ12分⇒ウォーターバス1.5分⇒休憩5分

仕上げは露天薬湯「靄の湯」で再度体の芯まで温まり、熱めのシャワーで軽く流して上がりました。

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
追浜方面へお立ち寄りの際は是非♪