湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

ニュー松の場|蕨|1F 泉の湯編 / 2F 森緑の湯編|湯活レポート(銭湯編)vol713

f:id:kenichirouk:20210821142644j:plain

ebl.jp

f:id:kenichirouk:20210821143006p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/8/20:2F 森緑の湯編

この日は蕨方面へ出掛けついでに「ニュー松の湯」さんへ行って参りました。
ニュー松の湯さんへは、JR京浜東北線 蕨駅東口より正面の東口駅前通りを直進。

f:id:kenichirouk:20210821143333j:plain

「キューポラのある街」の舞台になった川口が近いせいでしょうか?
通りの不動産の物件紹介も倉庫・店舗・工場・貸地と独特のラインナップです。

f:id:kenichirouk:20210821144850j:plain

そのまま道なりに進み、西村歯科医院の手前を左折して、みゆきロードへ。

f:id:kenichirouk:20210821143535j:plain

さがみ典礼 芝葬祭センターを通過したら、次の信号を右折。

f:id:kenichirouk:20210821144402j:plain

駅から徒歩10分程でニュー松の湯さん到着。

f:id:kenichirouk:20210821144543j:plain

大型ビル型銭湯で、中に入るとステンドグラスに彩られたロビーが広がっています。

f:id:kenichirouk:20210821144728j:plain

ニュー松の湯さんは、男女浴室入替式で、火曜定休を挟んで、月、木、土は男湯が2F、水、金、日は男湯が1F、女湯はその逆です。この日は男湯が2F 森緑の湯でした。

f:id:kenichirouk:20210821145407j:plain

 

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。
洗い場の壁一面に大瀑布のグラフィックが彩る浴室。
まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速内湯からライド温♨

f:id:kenichirouk:20210821145903j:plain

メインバスはボディマッサージ、ハイパワーマッサージ、ポイントマッサージ座風呂、電気風呂と水流、電流系が揃い踏み。まずはこちらで軽く血行促進。
続いて奥の高温湯。こちらは43℃程と少し熱めのお湯でしっかり温もれます。
内湯のラストは手前の薬湯へ。こちらは火龍薬湯と書かれ、蕃昌(トウガラシ)、生姜の天然生薬が袋に詰められ、湯の中にプカリプカリ。39℃程のぬるめのお湯ですが、その分じっくり薬湯の効能を堪能でき、薬効がジンジンと体に染み渡ります。

内湯で体も温まってきたところで露天岩風呂へ。

f:id:kenichirouk:20210821151628j:plain

青空天井の開放的な広い岩風呂で手足を伸ばして贅沢な湯浴みを満喫。

 

内湯と露天でしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
2F 森緑の湯のサウナはガス遠赤外線ヒーターで、この日の室温は86℃。

f:id:kenichirouk:20210821151742j:plain

発汗後はサウナ室隣の水風呂へ。こちらは水温19.6℃。
天然井戸水が金獅子の吐水口とカランからザバザバ掛け流しでメチャ心地よいです。
天然井戸水風呂クールダウンの後は、ベンチの置いてある露天で外気浴。
この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・サウナ7分⇒天然井戸水風呂1.5分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒天然井戸水風呂1.5分⇒休憩3分
・サウナ12分⇒天然井戸水風呂1.5分⇒休憩5分

仕上げは火龍薬湯で再度体の芯まで温まり、シャワーで軽く流して上がりました。

 

湯上り後は日暮れ時でライトアップされたニュー松の湯さんを記念に一枚。

f:id:kenichirouk:20210821151026j:plain

本日も良い湯と良きサウナをありが湯ございました!

 

【入浴日】2021/8/20:1F 泉の湯編

この日はもう一つの浴室体験の為、連日で「ニュー松の湯」さん再訪w

f:id:kenichirouk:20210821151349j:plain

この日は日替りで予定通り男湯は1F 泉の湯。

f:id:kenichirouk:20210821151522j:plain

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。

 

1F いずみの湯は洗い場の壁がヴィーナスの誕生のグラフィックが彩る浴室。

f:id:kenichirouk:20210821151940j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
裸婦像が見守るメインバスは、奥にタイプの異なる2つの寝風呂、電気風呂、座風呂、ハイパワージェットがズラリと並び、手前の広いゾーンがバイブラバス。2つの寝風呂の内、右手のジェットパワーが最強で、ボタンを押すと体が湯船から飛び出すんじゃないかという勢いで浮き上がりますw

f:id:kenichirouk:20210821152019j:plain

メインバスで軽く凝りもほぐれたところで手前の薬湯へ。
こちらの薬湯は実母散で良く温まります。
1F 泉の湯にも露天風呂があり、こちらの露天風呂でも裸婦像が見守っていますw

 

内湯と露天でしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
1F いずみの湯のサウナもガス遠赤外線で、この日のコンディションは86℃。
ちなみに平日昼間のニュー松の湯さんのサウナ室の客層は墨入り率も高くかなり芳ばしいです。会話の端々にそちら方面の話も出ますが、大体最後は健康の話になって、「アッチィ~」とサウナ室を出られる背中をお見送りしつつ、皆さんサウナ、水風呂がお好きなんですねと妙に納得しました。
発汗後の水風呂はやはり金獅子の吐水口とカランから天然井戸水がザバザバ掛け流される贅沢仕様。水温は22~23℃程ですが、肌に馴染んで、とにかく心地よいんです。
この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・サウナ7分⇒天然井戸水風呂1.5分⇒露天外気浴3分
・サウナ10分⇒天然井戸水風呂1.5分⇒露天外気浴3分
・サウナ12分⇒天然井戸水風呂1.5分⇒露天外気浴5分

最後は実母散の薬湯で再度体の芯まで温まり、シャワーで軽く流して上がりました。

 

実はこちらのニュー松の湯さんで都内銭湯に続き、千葉、埼玉銭湯も完湯です。
3都県銭湯制覇を記念し、またサウナ後の水分補給も兼ね、サーティーワンでご褒美アイスを頂きました。この日はサーティーワンワールドレコードとジャモカアーモンドファッジ、ダイキュリーアイスのトリプルをチョイスし、体内からもクールダウン。

f:id:kenichirouk:20210821155925j:plain

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
蕨方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、公式HPより拝借しております。