湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

湯活レポート(銭湯編)vol134.戸越「戸越銀座温泉」月の湯

f:id:kenichirouk:20191130220648j:plain

togoshiginzaonsen.com

f:id:kenichirouk:20200715065700p:plain

f:id:kenichirouk:20200715065812j:plain

Google マップ

【入浴日】2019/11/30

 

この日は土曜出勤で仕事帰りに「戸越銀座温泉」へ行ってまいりました。
戸越銀座温泉へは、都営浅草線 戸越駅A2出口を右手へ。

f:id:kenichirouk:20191130220320j:plain

一つ目の交差点で戸越銀座商店街を右折。

f:id:kenichirouk:20191130220357j:plain

ちなみに戸越銀座は東京一長い商店街としても有名です。

f:id:kenichirouk:20191130220618j:plain

駅から4~5分で右手の路地に戸越銀座温泉の看板が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20191130220451j:plain

こちらは銭湯建築の今井健太郎建築設計事務所の設計で2007年4月にリニューアルし、温泉付きデザイナーズ銭湯として生まれ変わりました。
券売機でチケットを購入し、早速浴室へ向かいます。

f:id:kenichirouk:20191130221137j:plain

 

戸越銀座温泉には月の湯と陽の湯があり、日替りで男女別となっております。

f:id:kenichirouk:20191130220744j:plain
本日は月の湯が男湯でした。

f:id:kenichirouk:20191130220926j:plain
入ってすぐ掛け湯に磁器水と軟水の2種の立ちシャワー。

f:id:kenichirouk:20191130221414j:plain
まずは沐浴で本日の汗を流し、内湯からお邪魔します。
「月の湯」の内湯は、天然温泉の黒湯です。

f:id:kenichirouk:20191130221352j:plain

色は番茶のような濃い茶褐色。古代海水の植物質のミネラルを含んだ炭酸水素塩泉でツルツルした浴感に包まれます。奥に水枕・バイブラ付きの寝湯、手前にジェットバス。ゆったり浸かると向こう正面に富士山が湯けむりで煙って見えます。

f:id:kenichirouk:20191130221756j:plain

左下に26.4.16ナカジマの雅号があり、銭湯絵師 中島盛夫氏の手によるものだと分かります。内湯で軽く温まった後、2Fの露天風呂へもお邪魔します。
露天風呂は檜風呂。湯温は40℃程でリラックスして浸かっていられます。

f:id:kenichirouk:20191130222114j:plain
こちらでじっくり温まり、体の芯まで温まった頃合いでサウナ室へも参ります。


本日は家族同伴の為、少ないセット数勝負で、予め水通し*1して挑みました。
「月の湯」のサウナはコンフォートサウナで本日のコンディションは84℃。

f:id:kenichirouk:20191130222404j:plain

マイルドな温度で湿度も適度にあり、予め水通しして挑んでいる為、1セット目からじっくりサウナ浴を楽しめます。遠赤外線の熱で深部体温が上がり、手足の先まで汗が滴ってきた頃合いを見計らって、サウナ室前の水風呂へ。

f:id:kenichirouk:20191130222516j:plain
コチラの水風呂は17℃。掛け水で汗を流して、ゆっくり首筋まで水に浸かると、底面からのバイブラの効果もあり、グングンクールダウンします。この季節は余り寒くならない程度で切り上げ、水気を軽く拭いたら2F休憩コーナーへ。

f:id:kenichirouk:20191130222629j:plain
本日はこのルーティンを2セットこなし、週末の戸越銀座商店街の雑踏から微かに聞こえる賑やかなざわめきと、外気浴の秋風に撫でられ、気持ちよくととのう*2事が出来ました。

 

今度は陽の湯にもお邪魔してみたいですね。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。

*1:サウナ前に水風呂に浸かる事。皮膚を引き締め、体幹をクールダウンする事で、1セット目からじっくりサウナ室へ入れる事から、1セットや2セットの短時間勝負でも満足が得られやすい

*2:サウナ⇒水風呂⇒外気浴の過程で、体の中がリオのカーニバル状態になり、静寂だけどハッキリと祝宴のリズムが1音1音聞き取れるようなサウナトランス状態