湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

仙石湯|幡ヶ谷|湯活レポート(銭湯編)vol62

f:id:kenichirouk:20190814062711j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20191206171241p:plain

Google マップ

【入浴日】2019/8/13

 

昨日は夏季休暇の振替出勤で、仕事帰りに立ち寄り湯に行きました。
仙石湯さんの最寄は京王新線 幡ヶ谷駅です。
幡ヶ谷駅南口では「友愛の広場」で可愛い少年・少女が見送ってくれます。

f:id:kenichirouk:20190814062924j:plain

南口から地上へ上がり、NISHIHARA STREETを真っ直ぐ徒歩3分で右手ビル1Fに仙石湯さんの暖簾が見えてきます。

f:id:kenichirouk:20190814063156j:plain

 

フロントは昔ながらの番台方式、入浴料+スチームサウナ代200円を払ってサウナのリストバンドを受け取ります。

 

浴室と脱衣所の仕切り上の窓は、人魚や熱帯魚が泳ぐガラス彫刻になっていました。
早速沐浴して汗を流し、お湯を頂きます。

低温浴槽:バイブラ・マッサージバス、高温浴槽:ヘルシーバス(ハーブのお湯)

f:id:kenichirouk:20190810081456j:plain

マッサージバス

低温浴槽は41℃。奥がバイブラバスで、手前は4連のマッサージバスです。
低温と言っても、熱湯と比較してという事ですので適温です。
まずはバイブラとマッサージバスで仕事の凝りをほぐしていきます。

f:id:kenichirouk:20190810081525j:plain

ハーブのお湯

高温浴槽は44℃。湯口のライオンから新鮮なお湯がザバザバ投入されます。本日のハーブはローズヒップでした。カランに結えた薬袋の中に細かい薔薇の花びらが沢山入っていて、仄かな薔薇の薫りが湯気と共に立ち上ります。

 

充分ヒートアップしたところで、立ちシャワーで一旦汗を流し、体の水滴を良くふき取ってから、お次はスチームサウナへ向かいます。

<スチームサウナ>

f:id:kenichirouk:20190810081607j:plain

スチームサウナは約50℃。中は明るいレンガで清潔な感じです。本日スチームサウナは空いていて独占でしたので、ベンチに横になって目を瞑り、静かに10分程汗を流しながらリラックスさせて頂きました。

スチームサウナの汗を立ちシャワーの冷水で流し、仕上げはやっぱりハーブのお湯で薔薇の芳香に包まれながらしっかり温まってから上がりました。

脱衣所ではしばらく汗が引きませんでしたが、汗が引いてからは、発汗による放熱効果で体内・体表の温度がクールダウンされている為、さっぱり感が持続します。

 

本日も良いお湯をありがとうございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、店舗紹介ページより拝借しております。