湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

スパメッツァおおたか 竜泉寺の湯|流山おおたかの森|サウナ&スパ先行体験会潜入|湯活レポート(温泉編)vol165

www.ryusenjinoyu.com

【所在地】千葉県流山市おおたかの森西1-15-1

Google マップ

【入浴日】2022/4/23
【泉質】ナトリウムー塩化物泉(高張性・弱アルカリ性・低温泉)ph7.6

 

この日は2022/4/27グランドオープンを迎えた「スパメッツァおおたか 竜泉寺の湯」(以下「スパメッツァおおたか」)さんのサウナ&スパ先行体験会が実施されるとの事で事前申し込みの上、先行体験会に参加して参りました。

スパメッツァおおたかさんの最寄は、最近、住みたい街ランキングで急浮上して知名度を上げた、つくばエクスプレス 流山おおたかの森駅。

スパメッツァおおたかさんへは、駅改札を出てまず西口階段を下ります。

そのままTXと交錯する東武アーバンパークライン(東武野田線)の線路沿いに進むと、正面にスパメッツァおおたかさんの看板が見えて来ます。

看板の裏手には貯湯槽を始め巨大なプラントが立ち並び、スパメッツァおおたかさんが『関東最大級のスパ』と銘打つのも納得がいきます。

そのプラントを横目に施設に沿って進むと、駅から徒歩3分程で入口に到着。

まだグランドオープン前で館内案内や掲示物は貼られていませんでしたが、フロント・ロビーはEVを上がった2F。EVを降りると別天地と書かれたネオンサインがお出迎え。その脇にはグランドオープンの祝い花が並んでいました。

館内のあちこちに設置されたデジタルサイネージには、スパメッツァおおたかさんの案内が出ており、これからの体験会に期待感が高まります。

さて、この日は先行体験会ですので、リクライングスペースに集合して一通り説明を受けた後、早速浴場へ移動。浴場は内部階段を下った1Fにあります。

 

ココからの先行体験は文字通り入浴体験が出来るのですが、今回はそれに先立ち、入浴前に先行体験会参加者の為に特別に15分程度浴室見学&撮影タイムが設けられ、普段は撮る事の出来ない浴室内も時間内で可能な限り撮影して参りましたので、そちらの写真を交えてレポートを進めさせて頂きます。

準備をととのえて浴室に入ると、まず入口には掛け湯があり、その向かいがスパメッツァおおたかさんの目玉の一つドラゴンサウナ。内湯の向こうが露天風呂です。

いつも通り沐浴で全身お清めを済ませ、早速内湯からライド温♨
まずは3種の水流のエステバスで軽く血行促進し、お隣のスーパー電気風呂へ。
4基の電気風呂が並び、スーパーというだけあって、なかなか強烈な電浴w
そのお隣には浅めの源泉風呂「ちびっこ風呂」もあり、ファミリーにも優しい仕様。

エステバスとスーパー電気風呂で凝りほぐしと血行促進が済んだところで内湯の源泉ゾーンに移動し、源泉炭酸泉と源泉あつ湯体験へ。源泉炭酸泉は35.4℃と思い切った不感温帯設定で、最初はひんやり感じますが源泉のツルスベ感と炭酸の泡付きでくせになりそうな心地よさです。
続いて源泉あつ湯へ。コチラは43~4℃とキッチリ熱め。

内湯の〆は、竜泉寺の湯と言えば代名詞とも言える広いメインバスの高濃度炭酸泉。
炭酸泉の広さとしては、マジで北関東最大級かも!
こちらの贅沢な炭酸泉では手足を伸ばしてゆったり寛がせて頂きました。

内湯で軽く温まったところで露天エリアへ移動。

露天エリアでは皮切りに美泡の炭酸泉壺風呂で美泡の湯の独り占めを堪能。
続いて露天炭酸泉と炭酸泉巡りが続き、〆はほたるの温泉へ。
ほたるの温泉は、浴槽内にLED照明が散りばめられ、夜はライトアップされると天の川の中に浸かるようなエモい光景に。コチラに注がれる源泉の泉質は、ナトリウムー塩化物泉。成分に微量のよう化物イオンを含む為、酸化により透明感のある琥珀色を呈する黄金の湯。軽いツルスベ感もあり、湯口の湯を掌に掬って一舐めするとしっかりとした塩味が感じられます。保温効果の高い湯でしっかり下茹でを済ませます。

(手前側)露天炭酸泉 / (奥側)ほたるの温泉

黄金の源泉でしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
スパメッツァおおたかさんのサウナは3種。水風呂も3種。
まずは露天エリアにある「アロマ香る潤いソルトサウナ」から。

コチラは濃密なアロマ香るスチームで満たされたスチームサウナで、室温は50℃。
男湯には珍しく泥パックと塩が置いてあり、泥パック&塩サウナが楽しめます。
※スチームが濃い為、写真はこの程度が限界ですw

これに合わせたのは通常の水風呂。深さは108㎝あり、水温16℃と十分です。

2セット目はドラゴンロウリュタイムが始まるとの事で、ドラゴンサウナへ。

コチラは正面にHalvia社の円筒ストーブとブロアが5基並ぶ異様な光景ですw
(機動戦士ガンダムの黒い三連星は有名ですが、こちらはそれを超える5連星!!!!!)
適宜ランダムにオートロウリュが落ちるそうですが、5基一遍にオートロウリュが落ち、ブロアが一斉に作動するドラゴンサウナは毎時00分1回との事。
室温90℃程ですが、ドラゴンロウリュが発動すると体感温度は一気に100℃超え!
体験会の時はまだ調整中との事でしたが、グランドオープン後にどのようなモンスターロウリュに変貌を遂げているのか、楽しみであります。

さて、このドラゴンロウリュ後に合わせたのはやっぱりメッツァ冷水風呂。
コチラは常時シングル*1でこの日は8.8~9.4℃程を行ったり来たり!

ラストは露天エリアにあるmedi saunaへ。
コチラは5~6人も入ればいっぱいになる程度のこじんまりしたサウナ小屋に大きなロッキーサウナが設置され、室温は90℃程。コチラではセルフロウリュも出来ます。

これに合わせたのはmedi saunaの隣にあるこの時点で北関東最深の深水風呂へ。

こちらは水深157㎝あり、身長179㎝の湯活のススメ管理人でも最深部では顎先まで水に浸かり、首を後ろに傾ければ後頭部までしっかり冷やされます。水温は16.4℃程。

この日は露天エリアにズラリと並んだデッキチェアに身を委ねての露天外気浴を楽しみつつ、入浴体験は80分弱と限られた時間でした為、存分なサウナセッションと言うよりは全てを体験し尽くす事を優先して以下3セット。

・アロマ香る潤いソルトサウナ7分⇒水風呂1分⇒露天外気浴3分
・ドラゴンサウナ(ドラゴンロウリュ)7分⇒メッツァ冷水風呂1分⇒露天外気浴3分
・medi sauna7分⇒深水風呂1分⇒露天外気浴5分

仕上げはほたるの温泉で黄金の源泉を存分に享受し、手桶に汲んだ源泉で絞ったタオルで全身を拭き上げて上がりました。

 

湯上り後、体験会にはワンドリンクサービスが付いていた為、浴室隣の潤美茶房へ。

オロポ*2等もありましたが、ココはおススメと言われたスムージーよりキウイスムージーをチョイス。スッキリ美味でサウナ浴後の水分&ミネラル補給完了。

館内には他にもカフェエリアLuanaや、、、

セレクトショップBEAMSとコラボしたボタニカルなリラックス空間「metsä Neliö(メッツァネリオ)」

コワーキングスペース

この日はまだ未開放だった6種の岩盤浴ラウンジなど、まだまだ魅力的なエリアが盛り沢山でしたので、また折を見て来てみたいと思います。

 

ちなみにココだけの話、先行体験会のアンケートに要望欄がありましたので、自分が書いたのは以下の点。スパメッツァさんかどこかでいつか実現して欲しい!

『3種の水風呂、3種の温度帯は素晴らしいが、どうせなら水浴の肌触りにもこだわって3種の水質を用意してくれると嬉しい!具体的にはスパメッツァ冷水風呂のシングル水風呂はそのままに、通常水風呂を源泉水風呂に、深水風呂を炭酸泉水風呂に。』
多分水深157㎝の炭酸泉は日本一だし、3種の水質の水風呂もきっと日本初、の筈。

こんな事、銭湯サウナでは不可能ですので、大手のスーパー銭湯チェーンしか実現出来なそうですからね。

帰りに竜泉寺の湯のタオル他、サウナを監修したTTNEのステッカー等お土産も!
大変充実したサウナ&スパ先行体験会となりました。

何はともあれ本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
流山市方面へお立ち寄りの際は是非♪

※コチラはその他の竜泉寺の湯の入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

*1:10℃未満の水風呂の事。サウナーの間ではグルシンとも言われる

*2:オロナミンC+ポカリスエット。サウナー御用達ドリンクと言われている