湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

矢向湯|矢向銭湯散歩①|湯活レポート(銭湯編)vol658

f:id:kenichirouk:20211012060247j:plain

k-o-i.jp

f:id:kenichirouk:20211012071345p:plain

f:id:kenichirouk:20211012061332j:plain

f:id:kenichirouk:20211012061402j:plain

Google マップ

【入浴日】2021/10/11

 

この日は矢向銭湯散歩で1湯目に「矢向湯」さんへ行って参りました。
矢向湯さんへのアクセスは、まず最寄りのJR南武線 矢向駅改札を出たら左手ドトール方向へ進み、突き当りの道を左折。

f:id:kenichirouk:20211012060455j:plain

そのまま南武線の踏切を渡って直進。

f:id:kenichirouk:20211012060648j:plain

暫く進むと右手に矢向湯さんの煙突が見えて来ます。
その煙突に誘われるように、その先のらーめん店の角を右折。

f:id:kenichirouk:20211012060908j:plain

右折してすぐ、駅から徒歩5分程で矢向湯さん到着。

f:id:kenichirouk:20211012061114j:plain

駐車場側からは建物と一体化した矢向湯さんの煙突全景も仰ぎ見る事が出来ました。

f:id:kenichirouk:20211012061206j:plain

 

それでは早速、受付を済ませて浴室へ参ります。
白基調の清潔な浴室の中央にほぼ正方形の浴槽が鎮座しています。
1湯目でしたので、沐浴で全身丁寧にお清めを済ませ、まずはお風呂へライド温♨
※写真は神奈川県浴場組合HPからの拝借ですが、女湯側のようで男湯側はシンメトリの配置です。

f:id:kenichirouk:20211011113023j:plain

浴槽は幾つかのゾーンに仕切られ、手前が低温湯(40℃)で入口側にポイントマッサージ座風呂と電気風呂、奥側が広い浅湯と一部高温湯(43℃)になっています。
矢向湯さんは全ての浴槽に加水無しで自家源泉を注いでおり、お湯は珍しい薄緑茶色のナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉。クレンジング効果の高い炭酸水素イオンに加え、保湿成分のメタケイ酸も規定値の約1.5倍含有し塩化物のヴェールで保温するW美肌&保温の湯という贅沢さ。浴感は多少のツルスベ&キシキシ感があります。
階段を上った壁側は入口側にパイパワージェット、奥側にロウア―ハイジェットの水流系があり、その間は歩行浴になっていてバンブーソールマッサージと書かれた竹踏みゾーンとなっています。

特筆すべきは手前の電気風呂の強烈さ!一瞬バチッ!と音がしたような気がする程で電動マッサージチェアの最強を凌駕するパワフルさなので、不用意に踏み込まず、そろそろと近づきつつお試しください。後は壁側のロウア―ハイジェット。浴槽底面から足裏に合わせて2つのジェット水流が噴出していますが、体が水中で浮き上がる強烈さで、まるでフライボードに乗るかの如き感覚w

youtu.be

 

薄緑茶色の美肌温泉で楽しく温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
矢向湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターで、この日のコンディションは98℃。
BGMはド演歌が流れる通称ド演歌サウナ♬ この日聴きとれた曲をUPしておきますので、皆様もド演歌サウナの世界観を夢想して頂ければと存じますw

youtu.be

youtu.be

youtu.be

youtu.be

発汗後はメインバスお隣の水風呂へ。こちらは水温19℃。
こちらにも薄緑茶色の源泉が注がれていますが、元が泉温19.3℃の冷鉱泉の為、こちらがほぼ正真正銘の源泉掛け流しでツルスベ感もコチラがMAXです。
この日は連湯の為、予め水通しを挟みつつ以下2セット楽しませて頂きました。

・ド演歌サウナ3曲⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・ド演歌サウナ3曲⇒水風呂1.5分⇒休憩5分

仕上げは薄緑茶の温泉に再度身を沈め、その湯触りを心ゆくまで堪能してから、手桶に汲んだ源泉で絞ったタオルで全身を拭き上げて上がりました。

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
横浜方面へお立ち寄りの際は是非♪

※コチラはその他の矢向銭湯散歩の入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com