湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

萬歳湯|戸部銭湯散歩②|湯活レポート(銭湯編)vol607

f:id:kenichirouk:20210429100830j:plain

k-o-i.jp

f:id:kenichirouk:20210424174126p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/4/28

 

この日は戸部銭湯散歩で2湯目に「萬歳湯」さんへ行って参りました。
萬歳湯さんへは、京急 戸部駅改札を抜けたら、正面の東海道を左手方向へ。

f:id:kenichirouk:20210429101135j:plain

東海道を暫く進んで中央一丁目交差点のところを左折。

f:id:kenichirouk:20210429101214j:plain

その先三つ目の路地を右折すると、駅から徒歩5~6分で萬歳湯さんが見えて来ます。
建物裏手からは力強く聳えるコンクリートの煙突を拝む事が出来ました。

f:id:kenichirouk:20210429101652j:plain

それでは暖簾を潜って中へお邪魔します。男湯は右手ですね。

f:id:kenichirouk:20210429102040j:plain

 

中は昔ながらの番台式で受付を済ませたら、いざ浴室へ。
男女浴室仕切り壁には熱帯魚が舞い踊るタイル絵、浴槽脇には湖と古城が描かれた西洋風のタイル絵が入浴客の目を楽しませてくれます。

f:id:kenichirouk:20210424180129j:plain

上の写真は神奈川浴場組合Webサイトからの拝借ですが、浴室正面は、桜の季節の富士山のペンキ絵に書き換えられていました。下のYoutube動画によると28.10.25ナカジマと書かれており、5年前に銭湯絵師 中島盛夫氏によって書き換えられたようです。
※更にその後2021.5.8銭湯絵師 中島盛夫氏により再度描き換えられたとの事で今は違う絵です。

youtu.be

この日2湯目ですので沐浴は簡潔に済ませ、早速お風呂へライド温♨
お風呂はジェットバス付の広い一槽の湯船で、富士山のペンキ絵と熱帯魚のタイル絵を鑑賞しながら、のんびり湯浴みを楽しみます。
体の芯まで温まったところで、熱めのシャワーでサッと流して上がりました。

 

本日も良い湯をありが湯ございました。
横浜方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、神奈川県浴場組合Webサイトより拝借しております。
※コチラは、その他の戸部銭湯散歩の入湯レポートです↓