湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

閉店銭湯|松の湯|田無|くる年銭湯・サウナ|湯活レポート(銭湯編)vol156

f:id:kenichirouk:20200101233756j:plain

【所在地】東京都西東京市南町1−13−11

Google マップ

【入浴日】2020/1/1
【閉店日】2021/7/31


皆様、明けましておめで湯ございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
という訳でめでたく令和二年を迎えましての新年の銭湯・サウナ始めは、奥さんの実家に年始ご挨拶の道すがら、田無の「松の湯」さんへお邪魔しました。

 

松の湯さんへは、西武新宿線 田無駅 北口を出て西武新宿線沿いを右方向へ。

f:id:kenichirouk:20200101233924j:plain

調布田無線を右折。西武新宿線のガードを潜って文化通りに入ります。

f:id:kenichirouk:20200101234042j:plain

石神井川を渡って真ん中の道をそのまま直進。

f:id:kenichirouk:20200101234506j:plain

駅から徒歩10分程で左手に松の湯さんの煙突が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20200101234150j:plain

元旦の澄んだ青空に煙突から棚引く煙がお風呂気分を盛り上げます。
入口より入ると明るく居心地の良さそうなロビー。

f:id:kenichirouk:20200101234404j:plain

受付で干支石鹸を受け取り、早速浴室へ参ります。


浴室正面には、銭湯ペンキ絵師 田中みずきさんが2018年1月に描かれた黄金富士。高窓から差し込む元旦の午後の柔らかな日差しに照らされ、いつもより映えて見える気がします。正月から貴重な絵にお目に掛かれて、なかなか縁起が良いですw

f:id:kenichirouk:20191212165432p:plain

備え付けのリンスインシャンプーとボディソープで全身を丁寧に洗って新年の禊を済ませ、お湯を頂いて参ります。
松の湯さんのお湯は天然井戸水薪沸かしです。

f:id:kenichirouk:20191212165446j:plain

 

メイン浴槽は手前より、ジェット付き座風呂、バイブラバス、一番奥は薬湯。

f:id:kenichirouk:20191212165501j:plain
手前から順番に湯巡りし、気泡風呂で血行促進した後、クリスタルブルーに煌めくひのきオイル配合の薬湯でじっくり温まってからサウナ室へもお邪魔します。

こちらはサウナが銭湯料金込みで入れるので、嬉しいですね。
松の湯さんのサウナは遠赤外線ヒーター式で本日のコンディションは80℃前後。
2~3人入ると一杯になりそうなこじんまりとしたサウナ室ですが、比較的マイルドな温度でじっくり発汗を楽しむ事が出来ます。
サウナ横の水風呂は20℃前後。ゆっくり水風呂に沈んで心地よくクールダウン。
サウナ室と水風呂の間にタイルのベンチがあり、休憩までの導線は抜群です!

f:id:kenichirouk:20191212165517j:plain

新年から以下3セットで有難く❝ととのい❞*1ました。

・サウナ5分⇒水風呂1分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒水風呂1分⇒休憩3分
・サウナ15分⇒水風呂1分⇒休憩5分

 

最後はやはり薬湯に浸かって黄金富士を眺め、良い気分になって上がりました。
新年から良い湯をありがとうございました!

 

ちなみに頂いた干支石鹸はコチラ↓

f:id:kenichirouk:20200102104359j:plain
松の湯さんの閉店が聞こえて来たのは今月に入ってから、設備の老朽化だそうです。
閉店は2021/7/31。
不定休ですが、月に2、3回水曜日がお休みになる事が多いようです。
営業時間は14:30-24:00。昨年の初湯でお世話になりましたが、良い銭湯でした。
これまでのご営業に感謝♨♨

f:id:kenichirouk:20210711053249j:plain

※浴室内は撮影不可の為、店舗紹介ページ及び公式インスタグラムより拝借しております。
※コチラは田無のもう一つの銭湯「庚申湯」さんの入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

*1:サウナ⇒水風呂⇒休憩のゴールデンループの過程で、黄金富士より後光の光を浴びて、新年の天啓を得る様