湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

横浜天然温泉くさつ(コンフォートサウナ編、ロッキーサウナ編)|井土ヶ谷|湯活レポート(銭湯編)vol539

f:id:kenichirouk:20210604081224j:plain

yokohama-kusatu.com

f:id:kenichirouk:20210518214637p:plain

f:id:kenichirouk:20210604091156j:plain

Google マップ

【入浴日】2021/6/3:コンフォートサウナ編

この日は横浜方面へ所用ついでに「横浜天然温泉くさつ」さんへ行って参りました。
横浜天然温泉くさつさんの最寄は京急本線 井土ヶ谷駅。駅ホームに早くも横浜天然温泉くさつさんの看板を発見!温泉旅情が高まりますw

f:id:kenichirouk:20210604081800j:plain

駅改札脇の周辺案内地図にも横浜天然温泉くさつさんの掲示が出ています。

f:id:kenichirouk:20210604082054j:plain

案内に従って井戸川駅を出たら正面の環状1号線を右手へ。

f:id:kenichirouk:20210604082621j:plain

二本目のコチラの路地を右折。(※道程の内真ん中2枚は再訪時撮影の為、雨天です)

f:id:kenichirouk:20210617062332j:plain

南郵便局前交差点に差し掛かったら道なりにそのまま直進。

f:id:kenichirouk:20210617063349j:plain

駅から徒歩4~5分で通りの左手に横浜天然温泉くさつさんが見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20210617063738j:plain
ビル型銭湯で建物裏手の駐車場側からは鈍色の煙突も見られました。

f:id:kenichirouk:20210604085351j:plain

煙突の脇には貯湯タンクとジェネライトシステムがあります。

f:id:kenichirouk:20210604085548j:plain

コチラは業務用の物で、温浴施設やホテル等、46時中ガスボイラーを焚く施設で、ボイラーの排熱を利用し発電するコジェネシステムです。一般家庭用の物もありますが、まだまだ機器本体価格と省エネ効率化によるコストダウンの算盤が合わずなかなか導入が難しいところですが、温浴施設やホテルでは46時中大型のガスボイラーを動かす為、発電効率が良く数年で設備投資の償却が可能でガスボイラーの温浴施設にはおススメです。(※実は前職で施設に導入した事がありますw)

小型ガスコージェネレーションシステム(ジェネライト)とは|東京ガス

横浜天然温泉くさつさんは、奇数日と偶数日で男女浴室入替となっており、それぞれの浴室にコンフォートサウナとロッキーサウナがあります。

f:id:kenichirouk:20210604095522j:plain

それでは外回りはこの辺にして中へお邪魔します。
玄関入口では富士山をバックに草津湯の屋号入り七福神の船が浮かぶ縁起物の章仙の九谷焼タイル絵が入浴客をお出迎え。

f:id:kenichirouk:20210604090455j:plain

1Fの下足箱に靴を預け、階段かEVで2Fに上がったところがフロントロビー。
券売機でサウナ付き入浴券を購入し、下足札と一緒にフロントに提出します。

f:id:kenichirouk:20210604091103j:plain

この日は奇数日で男湯がコンフォートサウナの日でした。

f:id:kenichirouk:20210604091441j:plain

 

それではいざ、浴室へ参ります。
正面が窓面になっており、日が差し込んで明るい浴室内。

f:id:kenichirouk:20210604091809j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速内湯からライド温♨
奥の広いメインバスはハイパワージェット、ボディジェット、電気風呂。
手前は円形の深い気泡風呂、その間に温泉浴槽があります。
順に湯巡りし、深さのある気泡風呂で全身バブルに揉まれた後、黒湯温泉浴槽へ。
横浜天然温泉くさつさんの源泉は、源泉名「横浜温泉(くさつ温泉)」という名の自家源泉。泉質はナトリウムー炭酸水素塩泉で、古代海水の海藻ミネラルなどを豊富に含む漆黒の黒湯温泉。若干湯の花も舞い、ツルスベ感もある心地よい浴感。

f:id:kenichirouk:20210604091705j:plain

内湯で軽く温まったところで露天風呂へ移動。
竹垣に瓦屋根、行燈照明に囲まれた純和風の露天岩風呂に黒湯温泉が満ちています。
写真はGoogleインドアビューからの拝借で透明のお湯ですが、この日は漆黒の黒湯の表面に窓明りや行燈照明が映り込みゆらゆら揺れる様はなかなか幻想的。お湯もこちらの方が新鮮な感じがして、ぬるめの湯温なのでいつまでも浸かっていられます。

f:id:kenichirouk:20210604092524j:plain


内湯と露天の温泉でしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
奇数日の男湯サウナはコンフォートサウナで、この日のコンディションは94℃。
しっかり熱量も感じられる良コンディションでしっかり発汗が楽しめます。

f:id:kenichirouk:20210604093053j:plain

発汗後はサウナ室前の水風呂へ。水風呂は黒湯冷鉱泉が満たされており水温は22℃。
然程キンキンという感じではないですが、元が18.9℃の冷鉱泉を奥の吐水口からザアザアと贅沢に掛け流している為、ほぼ源泉掛け流し浴槽。ツルツルするシルキーな肌触りの黒湯に全身包まれ、ソフトにクールダウンされていきます。湯活のススメ管理人は温泉ソムリエでもありますので、冷鉱泉の場合は源泉本来の持ち味を活かして、チラー等で無理に冷やさず、かけ流しはむしろ最高だと思います。

f:id:kenichirouk:20210604093444j:plain

この日は以下2セット楽しませて頂きました。

・コンフォートサウナ10分⇒黒湯冷鉱泉水風呂2分⇒露天外気浴3分
・コンフォートサウナ12分⇒黒湯冷鉱泉水風呂2分⇒露天外気浴5分

仕上げは露天外気浴から幻想的な露天岩風呂にライド温してじっくり体の芯まで温まり、源泉で絞ったタオルで軽く全身を拭き上げて上がりました。

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。 

 

【入浴日】2021/6/16:ロッキーサウナ編

この日はもう一つのロッキーサウナのある浴室を体験すべく井土ヶ谷の「横浜天然温泉くさつ」さん再訪。歩道橋の上から横浜天然温泉くさつさんを発見!

f:id:kenichirouk:20210617064026j:plain

この日は6の付く日のサービスデー(16日)で生姜風呂との事。楽しみです。

f:id:kenichirouk:20210604094315j:plain

2Fフロント、ロビーに上がり受付を済ませたら浴室へ参ります。
この日は偶数日で予定通り男湯がロッキーサウナのある右手の浴室。

f:id:kenichirouk:20210617064708j:plain

 

浴室に入ると正面はガラス張りで午後の明るい日差しが浴室に満ちています。

f:id:kenichirouk:20210604094409j:plain

それではこの日も沐浴で全身お清めを済ませ、早速内湯からライド温♨
メインバスは左手から座風呂、電気風呂、ボディジェット、ハイパージェットと水流、電流系が揃い踏みの広い浴槽で、リラックスしながら湯浴みを満喫。
続いてセンターの黒湯温泉浴槽へ。湯の花が煌めき、ツルスベ感満開。モール泉特有の香りも素晴らしく黒湯の感触を全身で享受します。

f:id:kenichirouk:20210604094458j:plain

軽く温まったところで露天風呂へ移動。
こちらも竹垣に瓦屋根、行燈照明の純和風岩風呂。この日はこちらが薬湯で薄黄色の生姜風呂になっていました。露天エリア全体に生姜の香りが満ち溢れ、ゆっくり肩まで身を沈めると生姜の香りが濃くなり、成分の効能で良く温まります。

f:id:kenichirouk:20210604094734j:plain


内湯と露天の温泉でしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
偶数日の男湯サウナはロッキーサウナで、この日のコンディションは87℃。
適宜サウナストーブ頭上のユニットがライトアップされ、オートロウリュが落ちる仕様。適度な湿度もあり、室温以上に熱気も感じられる良コンディション。

f:id:kenichirouk:20210604094940j:plain

発汗後はサウナ室前の水風呂へ。こちらも黒湯冷鉱泉水風呂で水温20℃。

f:id:kenichirouk:20210604095104j:plain

源泉水風呂でクールダウンした後は露天外気浴を堪能。
この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・ロッキーサウナ7分⇒黒湯冷鉱泉水風呂1.5分⇒露天外気浴3分
・ロッキーサウナ10分⇒黒湯冷鉱泉水風呂1.5分⇒露天外気浴3分
・ロッキーサウナ12分⇒黒湯冷鉱泉水風呂2分⇒露天外気浴5分

仕上げは露天の生姜風呂と温泉浴槽をはしごして体の芯まで温まり、手桶に組んだ源泉で硬く絞ったタオルで軽く拭き上げて上がりました。

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
横浜方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。