湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

立川湯屋敷 梅の湯(1Fコンフォートサウナ編・2F岩盤浴、ロッキーサウナ編)|蔵書数都内No.1のコミック銭湯|湯活レポート(銭湯編)vol402

f:id:kenichirouk:20200802131245j:plain

www.ume-no-yu.net

f:id:kenichirouk:20210421070606p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/8/1:立川銭湯散歩①(1Fコンフォートサウナ編)

この日は立川銭湯散歩で1湯目に「立川湯屋敷 梅の湯」さんへ。
立川湯屋敷 梅の湯さんへは、JR立川駅下車、北口デッキから正面の北口大通りへ。

f:id:kenichirouk:20200802131752j:plain

途中、曙橋交差点右手に「LA FAMIGLIA」という名の家族像。

f:id:kenichirouk:20200802132220j:plain

そのまま直進し、立川女子高東交差点を左折。

f:id:kenichirouk:20200802132433j:plain

通りに入ってすぐ右手、駅徒歩10分程で立川湯屋敷 梅の湯さんが見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20200802132522j:plain

駐車場の壁には、立川湯屋敷 梅の湯さんの案内板。

f:id:kenichirouk:20200802133150j:plain

玄関には11日はキラキラ風呂、22日はアヒル風呂のイベント告知。現在はコロナの影響で自粛中のようですが、落ち着いてイベント再開時にまた来てみたいですね。

f:id:kenichirouk:20200802132749j:plain

玄関を入ると下足箱にプリントされた富士山の絵が圧巻!

f:id:kenichirouk:20200802133011j:plain

自販機で入浴券を求めてフロントで受付のスタイル。

f:id:kenichirouk:20200802133057j:plain

立川湯屋敷 梅の湯さんは、1Fと2Fの週替わりで男女入替制。
この日は1Fが男湯でした。
コチラは1Fロビー。立川湯屋敷 梅の湯さんは、都内随一12,000冊のマンガやアニメキャラのやフィギュアも多数置いてあるコミック銭湯でもあります。マンガ喫茶並みですね。フリーWiFiやレンタル充電器もあり、リモートワークにも使えちゃいそう。

f:id:kenichirouk:20200802133750j:plain

さて、見学はこの辺りにして、いざ浴室へ。

 

まずは入口の掛け湯で湯慣らし。沐浴で全身お清めを済ませてお風呂へライド温♨

f:id:kenichirouk:20200802134630j:plain

メインバスは左手奥から座風呂、ハイパージェット、ボディージェット、センターに電気の湯、右手にリラックスバス。こちらで湯巡りし軽く温まったところで露天へ。

f:id:kenichirouk:20200802134646j:plain

露天岩風呂は広い湯船で手前側が寝風呂エリアになっています。
空を仰ぎ見ながら、ゆったりリラックスバスタイム♪

f:id:kenichirouk:20200802134715j:plain

 

じっくり体も温まったところで、この日は銭湯サウナ散歩ですので、1湯2セットと決め、予め冷水風呂で水通し*1しておきます。冷水風呂は22℃程ですが、広く深さもあり、じっくりクールダウン出来ます。

f:id:kenichirouk:20200806120054j:plain


冷水風呂で水通し後、いざサウナ室へ。梅の湯さんの1Fサウナはコンフォートサウナ*2でこの日の室温は85℃。
心地良いコンディションでじっくり発汗が楽しめます。

f:id:kenichirouk:20200802134810j:plain

サウナ、水風呂後は露天エリアの休憩椅子へ。
吹き抜けの空を仰ぎながらの極上外気浴タイム。

f:id:kenichirouk:20200802134848j:plain

この日は以下2セットでキッチリ❝ととのい❞*3ました。

・コンフォートサウナ10分⇒冷水風呂1.5分⇒休憩3分
・コンフォートサウナ12分⇒冷水風呂1.5分⇒休憩5分

仕上げは露天風呂で夏空を仰ぎ見ながらのリラックスバスタイムを満喫。
最後はシャワーを軽く浴びて上がりました。

 

立川湯屋敷 梅の湯さん、週替わりで2Fにはロッキーサウナがあり、別料金の岩盤浴もあるそうで、こちらにもまた改めて訪問してみたいと思います。
本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。

※この後は、立川銭湯散歩2湯目の「高砂湯」へTo be continued♪

 

【入浴日】2021/1/18:(2F岩盤浴・ロッキーサウナ編)

f:id:kenichirouk:20210118213419j:plain

この日は「立川湯屋敷 梅の湯」再訪。目的はまだ見ぬ2F岩盤浴とロッキーサウナ。
北口大通りの先、立川女子高東交差点でコックさんのオブジェの角を左折。

f:id:kenichirouk:20210118213631j:plain

この日も無事、立川湯屋敷 梅の湯さん到着。

f:id:kenichirouk:20210118213819j:plain

入口脇には、沢山のサイン色紙が貼られていて、番組のロケやプライベートでも多くの著名人が立川湯屋敷 梅の湯さんを訪問している事が伺えます。

f:id:kenichirouk:20210118213849j:plain

それでは受付を済ませて岩盤浴と、本日の男湯浴室のある2Fへ。
立川湯屋敷 梅の湯さんは銭湯としてはコミック蔵書数都内一ですが、キャラクターフィギュア等のグッズ展示の量も半端ないです。マニアならずとも圧倒されますw

f:id:kenichirouk:20210118214227j:plain

そのコミックの物量は、1Fも凄いと思いましたが、2Fは輪を掛けて凄いかも。流石1万2千冊以上、蔵書数都内No.1のコミック銭湯の名は伊達じゃありません。

f:id:kenichirouk:20210114193833j:plain

 

さて、館内見学はこの辺りにして、まずは岩盤浴からお邪魔します。
岩盤は全4床。室温は38℃程ですが、岩盤浴マットを敷いて*4横になると熱せられた岩盤からの温かさと遠赤外線で次第にじんわり汗が滲んで来ます。天井の一角からミストが落ちており、室内には適度な湿度が保たれていて過ごしやすいです。この日は30分コースでしたが、20分程でしっかり発汗して来たので、2F浴場へ移動。

f:id:kenichirouk:20210114193659j:plain

2F浴室にも入口にかけ湯があり、まずは岩盤浴でかいた汗をかけ湯で流しつつ、軽く体を湯に慣らしてきます。

f:id:kenichirouk:20210114193757j:plain

沐浴で丁寧に全身お清めを済ませたら、早速メインバスからライド温♨
メインバスは正面がミドルジェット、ボディジェット、ショルダージェットのだんご三兄弟ならぬ水流三兄弟。手前が2種類のリラックスバス。まずはこちらで軽く全身の凝りをほぐします。

f:id:kenichirouk:20210114195223j:plain

凝りもほぐれてきたところ、お隣のサブ浴槽へ。こちらは手前がミクロバイブラで奥が電気風呂。電浴で腰回りを重点的に低周波マッサージし、手前のミクロバイブラで温まります。

f:id:kenichirouk:20210114195454j:plain

水流、電浴で軽く体も温まってきたところで露天エリアへ移動。
つぼ湯でお湯を独り占めする贅沢を味わったところで広い露天岩風呂へ。
手足を伸ばして寛ぐと、一週間の疲れが湯に溶けていくようです。

f:id:kenichirouk:20210114195548j:plain

 

全身しっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
立川湯屋敷 梅の湯さんの2Fサウナはロッキーサウナ。ログハウス調の室内、大きなサウナストーブにストーンが積まれた贅沢な造りでこの日のコンディションは80℃。マイルドな浴感ながら7分おきにオートロウリュ*5が落ちる仕様で、適湿に保たれつつ、室温以上の体感温度を感じられ、心地よい発汗タイムを楽しめます。

f:id:kenichirouk:20210114195804j:plain

タップリ発汗したらサウナ室前の冷水風呂へ。
こちらの水温は20℃。バイブラが効いており程よくクールダウン。

f:id:kenichirouk:20210114200122j:plain

立川湯屋敷 梅の湯さんはクールダウン後の休憩スペースが贅沢です。
①浴室奥のベランダ外気浴スペース。床に人工芝が敷いてあり、足裏が必要以上に冷たくならないのが嬉しいポイントです。写真はGoogleインドアビューからの拝借ですが、現在は椅子を間引いて木製の休憩椅子が2脚置いてありました。
②内湯水風呂脇の休憩椅子。最もととのいの為の導線に無駄の無い位置にあります。外気とは異なる感覚ですが、湯けむりに包まれての休憩もかなり心地よいです。
③露天風呂エリアの休憩椅子。本来の露天外気浴スペース。露店の湯けむりと外気に全身を撫でられる恍惚のひとときが過ごせちゃいますw
それぞれ、混雑状況やお好みで休憩スペースを選べるのも良いですね。

f:id:kenichirouk:20210114200247j:plain

この日贅沢な休憩タイムを味わいながら以下3セット。

・ロッキーサウナ7分⇒冷水風呂1.5分⇒ベランダ外気浴3分
・ロッキーサウナ12分⇒冷水風呂1.5分⇒内湯椅子で休憩3分
・ロッキーサウナ15分⇒冷水風呂1.5分⇒露天外気浴5分

仕上げはそのまま露天岩風呂に浸かって、体の芯まで温まり直し、熱めのシャワーで軽く流して上がりました。

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
立川方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。
※ちなみにコチラは姉妹店の「府中湯楽館 桜湯」さんの入湯レポートです。併せてどうぞ↓

yukatsu.hatenablog.com

*1:サウナ浴前に水風呂でクーリングしておく事で皮膚を引き締め、体幹温度を下げてサウナ浴をじっくり楽しめるようになります

*2:サウナヒーター内に蒸発皿が仕込んであり、サウナ室内の湿度を一定に保つと共に、高温蒸気で入浴者の発汗を促進する

*3:コンフォートサウナ⇒冷水風呂⇒露天外気浴のループで特有の浮遊感、多幸感に包まれる様

*4:この時岩盤浴マットは枕の上から敷きましょう。枕は顔面や口元に一番近いですし、頭部も汗をかきますので、枕の上からマットを敷く方が衛生的です

*5:ロウリュはフィンランド語で「蒸気」の意味。サウナストーブにアロマ水等を注いで高温蒸気を発生させ、体幹温度を上げて発汗を促す事を含めてロウリュと呼ぶ