湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

太平湯|七辻通り|湯活レポート(銭湯編)vol526

f:id:kenichirouk:20201111082742j:plain

ota1010.com

f:id:kenichirouk:20201105085719p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/11/8

 

この日は大田区方面へ足を伸ばして「太平湯」さんへ参りました。
太平湯さんへは、京浜東北線 蒲田駅東口3番バス乗場より京急バスで羽田空港、天空橋駅方面に乗車し6駅目です。

f:id:kenichirouk:20201111082958j:plain
最寄りの七辻通りバス停下車。正面のこちらの路地を直進。

f:id:kenichirouk:20201111083334j:plain

突き当りを左折するとバス停から2分程で太平湯さん。

f:id:kenichirouk:20201111083608j:plain

建物裏手からは太平湯さんの鈍色の煙突も見られます。

f:id:kenichirouk:20201111083917j:plain

それでは暖簾を潜って中へお邪魔します。男湯は右側ですね。

f:id:kenichirouk:20201111084402j:plain

 

番台で受付を済ませ浴室へ。浴室正面には堂々の富士山のペンキ絵。
男女浴室仕切り壁には、洋館と灯台が見える海辺のタイル絵。

f:id:kenichirouk:20201111084839j:plain

銭湯美術を軽く眺め、まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
メインバスは右側から寝湯、座湯、ボディジェット、岩盤泉、電気風呂。順に湯巡りし、軽く血行促進されたところで、左手のバイタル温浴泉へ。こちらは44℃の江戸前熱湯で麦飯石を通して保温効果を高めている為、メッチャ温まります。

f:id:kenichirouk:20201105091257j:plain

湯船に浸かりながら周りを見回すと、浴室に入る時には気づきませんでしたが、浴室正面の脱衣場との仕切り窓に綺麗な絵が描かれていました。後でご主人に伺うと、ご主人自ら描かれた物だそうで、大師橋との事。
※写真は太平湯さん公式Facebookよりお借りしたものです。

f:id:kenichirouk:20201111090235j:plain※この時の女湯側は洗足池に架かる池月橋との事でした。

f:id:kenichirouk:20201111090343j:plain
※ちなみに上記は入浴時の物ですが、最近描き換えられたそうで、今は多摩川大橋だそうです。

f:id:kenichirouk:20210624202248j:plain

 

さて、バイタル温浴泉でしっかり体も温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
太平湯さんのサウナはスチームサウナで室温は50℃。

f:id:kenichirouk:20201105091347j:plain

しっかり蒸されたら、立ちシャワーで冷水を頭から浴び、仕上げは再度バイタル温浴泉で体の芯までじっくり温まります。

最後は久々に冷水シャワーで〆て上がりましたが、バイタル温浴泉とスチームサウナの相乗効果か、暫く汗が引きませんでした。


本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、大田区浴場組合Webサイト・他より拝借しております。