湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

富士の湯|西が丘|湯活レポート(銭湯編)vol525

f:id:kenichirouk:20201107072720j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20201104092721p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/11/6

 

この日は北区方面へ足を伸ばし「富士の湯」さんへ行って参りました。
富士の湯さんへは、国際興業バス 西が丘バス停が最寄です。
赤羽、十條、ときわ台からアクセス出来ますが、私は自宅からのアクセスの関係でときわ台駅北口2番バス乗場より国際興業バス赤羽駅西口行きに乗車。

f:id:kenichirouk:20201107073055j:plain

ちなみに赤羽からですと西口3番バス停よりときわ台駅行き乗車となります。

f:id:kenichirouk:20201107073227j:plain

最寄りの西が丘バス停(ときわ台⇒赤羽駅西口)で下車したら、三岩通りを渡った先の正面の路地へ。

f:id:kenichirouk:20201107073438j:plain

路地に入ってすぐ、バス停から徒歩1分程で右手に富士の湯さんが見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20201107073658j:plain

ロビー入口の券売機で入浴券を購入し、受付を済ませます。

f:id:kenichirouk:20201107073741j:plain

こちらは落ち着いた感じの待合ロビー。

f:id:kenichirouk:20201107073834j:plain

 

それでは準備を済ませ、いざ浴室へ。
浴室正面は背景に長閑な山並み、手前に荒磯に波が打ち寄せる構図のタイル絵。

f:id:kenichirouk:20201107074056j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
浴槽は、右手がハイパージェットとサイドボディジェット。左手が浅湯のバイブラ風呂。順に湯巡りし、バイブラに揺られながらタイル絵を眺めていると、波打ち際を揺蕩っているような気分になります。

しっかり温まったところで、最後にレインシャワーで軽く流して上がりました。

 

ちなみに店舗紹介ページによると、女湯のタイル絵は湖の畔の古城のようです。
こちらも優雅で良いですね。

f:id:kenichirouk:20201107074612j:plain

本日も良い湯をありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、店舗紹介ページより拝借しております。