湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

湯活レポート(銭湯編)vol425.板橋本町「愛染湯」で天女に見守られ、すだちの湯に浸かる

f:id:kenichirouk:20200922063724j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20200921112953p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/9/21

 

この日は4連休を利用し、ご近所銭湯へチャリ銭訪問。
「愛染湯」さんをチョイスしたのは、この日「すだちの湯」でしたので💛

f:id:kenichirouk:20200921113759p:plain

愛染湯さんへは、我が家からはチャリンコですが、電車だと都営三田線 板橋本町駅よりA3出口を出て、正面の中山道を右手方向へ。

f:id:kenichirouk:20200922063836j:plain

途中右折し愛染通りへ。

f:id:kenichirouk:20200922063950j:plain

下の路地を左折し、その先道なりへ進むと駅から徒歩10分弱で愛染湯さん。

f:id:kenichirouk:20200922064301j:plain

建物裏手からは特徴的な煙突も見る事が出来ます。

f:id:kenichirouk:20200922064417j:plain

入口券売機で入浴券を求め中へ。

f:id:kenichirouk:20200922064550j:plain

ロビーは正面の絵も絨毯も和テイストの花柄で華やかな空間。

f:id:kenichirouk:20200922064623j:plain

それでは受付を済ませて浴室へ。


モノクロームのシックな浴室。
浴室正面には天女の舞うタイル絵。男女浴室仕切り壁には闘鶏の絵が彩ります。

f:id:kenichirouk:20200921115806j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
メインバスは右手から電気風呂、座風呂。センターが高温湯。
右から順繰りに湯巡りし、高温湯で体がポカポカしてきたところで露天風呂へ。

f:id:kenichirouk:20200921120104j:plain

露天風呂は薬湯になっており、この日は冒頭のすだちの湯。
すだちがこれでもかって位袋に詰められ、湯船をプカプカ。近づくと微かに柑橘系の香りがプンと鼻先をくすぐります。

f:id:kenichirouk:20200921120309j:plain

こちらでじっくり温まってからサウナ室へもお邪魔します。

 

愛染湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターでこの日のコンディションは92℃。
サウナ室扉前に陣取ると、浴室正面の女神がにこやかに微笑みかけて来ます。

f:id:kenichirouk:20200921120451j:plain

じっくり発汗したところでサウナ室手前の水風呂(22℃)へ。
水風呂でクールダウン後は露天エリアのベンチで初秋の微風に吹かれる外気浴。
この日は以下3セット。

・サウナ7分⇒水風呂2分⇒露天外気浴3分
・サウナ10分⇒水風呂2分⇒露天外気浴3分
・サウナ10分⇒水風呂2分⇒露天外気浴5分

仕上げは露天ベンチで休憩後、そのまま露天のすだちの湯に潜り込み、柑橘系の香りと共にしっかり温まり直してから、最後に軽くシャワーで流して上がりました。

 

帰りに付近をプラッと散策すると、愛染湯さんや愛染通りの由来となった愛染明王をお祀りする日曜寺がありました。裏手から愛染廟も見られます。

f:id:kenichirouk:20200922065453j:plain

nichiyouji.or.jp

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
愛染湯さんへも、日曜寺へもお近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。