湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

湯活レポート(スーパー銭湯編)vol11.お別れ入浴編 相模原「JNファミリー」

f:id:kenichirouk:20201218051021j:plain

【入浴日】2020/12/17
【閉店日】2021/2/28
【所在地】神奈川県相模原市中央区相模原7-1-20

Google マップ

 

この日はSNSで閉店の一報を伺い、「JNファミリー」さんへ出掛けました。
JNファミリーさんへは、横浜線 相模原駅南口より、であいの丘左手正面のさがみ夢大通りを直進。南口駅前デッキであいの丘には、ツリーのモニュメントがありました。

f:id:kenichirouk:20201218051159j:plain

駅から徒歩7~8分で左手にJNファミリーさんの看板が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20201218051440j:plain

ファミマの先に大きなヤシの木がある南国リゾート風のJNファミリーさん。

f:id:kenichirouk:20201218053034j:plain

入口はXマス装飾が施されていました。フロント・ロビーへはこちらより2Fへ。

f:id:kenichirouk:20201218053236j:plain

踊り場の壁のプルメリアのレリーフ。そう、Xマス装飾があるけれど、ココは南国バリ風リゾート「JNファミリー」さんです。

f:id:kenichirouk:20201218053911j:plain

2Fエントランスより入口側を見ると「本物よりも本物らしい理想の湯質『人工温泉』導入!」の案内板。これは楽しみです!

f:id:kenichirouk:20201218054055j:plain

エントランスには「サ道」作者のタナカカツキ氏、サウナ好きで知られる音楽プロデューサー ヒャダイン氏のサインも飾ってありました。

f:id:kenichirouk:20201218054525j:plain

 

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。

f:id:kenichirouk:20201218054809j:plain

ロッカールーム手前にはサウナサービスの立て看板。
3と7のつく日はアウフグース*1開催‼ 残念ながらこの後の予定もある為、18:00と20:00は合わせられなそうですが、セルフロウリュ*2毎日やってますとの事!また一つ楽しみが増えちゃいましたw

f:id:kenichirouk:20201218054942j:plain

その横に閉店案内のお知らせ。事前に知って訪問しましたが、現実を目の当たりにすると、「うわ!やっぱり本当だったんだ」と軽いショックを受けますね。

f:id:kenichirouk:20201218055802j:plain

気を取り直して準備を済ませ、いざ大浴場と行きたいところですが、JNファミリーさんは10Fに展望露天風呂があるとの事で、そちらへ先に行ってみます。

10FでEVを降り、露天風呂の方へ向かうと手前に屋上デッキがあり、遠くの秩父山系の山並みを背景に相模原の街並みが一望です。

f:id:kenichirouk:20201218060110j:plain

さて、天空のバリスタ展望露天風呂へ。
バリ伝統の石工で作られた女神や蛙の彫像が湯船を取り囲み、周囲は相模原の街並みを眼下に見下ろす絶景のロケーション。
こちらにも洗い場があり、シャンプー、トリートメント、ボディーソープも揃っていますので、まずは沐浴で丁寧にお清めを済ませ、天空のバリスパへライド温♨
青い空、そよぐ風、開放的な空間で温かい湯に包まれ至福のバスタイムを満喫。
※写真はHPからの拝借の為、夜景ですw

f:id:kenichirouk:20201218060431p:plain

 

暫し天空のバリスパを楽しんで、体も温まった頃合いで、大浴場へ移動します。
大浴場はロッカールームのある2Fから階段を下って1Fへ。

f:id:kenichirouk:20201210215812p:plain

天空のバリスパで沐浴は済ませて来たので、掛け湯で湯慣らしし、早速カラーバイブラ・ジェットバスからライド温♨ LEDライトでライトアップされた広い浴槽で、ジェットバスとバイブラジャグジーを浴び、心地よく血行促進。

f:id:kenichirouk:20201218061344p:plain

続いて薬湯「萬翠」へ。
コチラは「紅花」「蕃椒」「桂皮」「当帰」「陳皮」「蒼朮」「生姜」「甘草」「艾葉」「茴香」の10種の天然生薬がブレンドされた生薬風呂。濃緑色の湯に生薬の薫りがプンと鼻をつき、いかにも効き目がありそう。
天然生薬の効果もあり、魅惑的な薫りに包まれしっかり温まれます。

「萬翠」の薬湯で温まったら、いよいよお隣の人工温泉「だんらんの湯」へ。

f:id:kenichirouk:20201210221453p:plain

JNファミリーさんオリジナルの人工温泉(だんらんの湯)は、下のスプリンガーという機械で、美肌温泉の条件と言われる「pH7.5以上」「炭酸水素塩泉」「硫黄泉」「硫酸塩泉」等の条件を全て満たした『理想の湯質』となっているそうです。
軽く硫黄泉っぽい薫りもする白濁りの湯にじっくり浸かって暫くすると、皮膚に成分が浸透し、じーんと来るような浴感が味わえます。『理想の湯質』を実感!

f:id:kenichirouk:20201210221838p:plain

 

理想のオリジナル人工温泉でじっくり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
まずは低温の黄土サウナ。奥に長い洞窟上の黄土サウナの室温は75℃。
マイルドな温度ですが、壁・天井が一面黄土で覆われており、岩盤浴×サウナのような空間で床に寝転ぶことも可能です。浴感は汗蒸幕に近いかも知れません。

f:id:kenichirouk:20201210222531p:plain

じっくり発汗したところで15.3℃と静水ながらキンキンの水風呂でクールダウンし、休憩はリフレッシュサウナ(クールルーム)へ。リフレッシュサウナは常時20℃程度に保たれており、白樺やヴィヒタが吊られ、森林浴気分でリフレッシュ出来ます。

f:id:kenichirouk:20201210222620p:plain

汗が引いたところで高温のアメジストサウナへ。
このアメジストサウナがなかなか凄い!正面左右に大きなガス遠赤外線ヒーター、センターに張り出したロッキーサウナを擁するトリプルストーブ。壁面はその名の通り、アメジスト他鉱石が貼り込まれ、この日のコンディション90℃ながら、輻射熱もかなりあり、体幹温度はそれ以上に感じられます。
他の入浴客にお断りし、ロッキーサウナに用意されたアロマ水をラドル
*3で1杯、2杯・・・高温蒸気がサウナ室へ立ち込め発汗を促進します。

f:id:kenichirouk:20201218063308p:plain

アメジストサウナの後は、水風呂クールダウンからプールバスへ。
プールバスは横10m×縦5m×深さ1m程ある本格的な物で、水温は33℃と真夏の炎天下のプールと同程度。冷たくはないけど、温かいようなひんやりするような絶妙な温度。水風呂からの冷冷浴で、サウナで脱力した体をプールに浮かべ暫し陶然。

f:id:kenichirouk:20201218063722p:plain

この日は以下4セット。

・黄土サウナ10分⇒水風呂1分⇒リフレッシュサウナ3分
・アメジストサウナ7分⇒水風呂1.5分⇒プールバス3分
・アメジストサウナ10分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・アメジストサウナ12分⇒水風呂1.5分⇒プールバス5分

仕上げは薬湯「萬翠」からオリジナル温泉「だんらんの湯」をはしごし、体の芯まで温まってから、軽く拭き上げて上がりました。

 

この日はお別れ入湯でしたので、四季レストラン「旬彩」にもお邪魔してみました。
おススメは、ヒャダインさんも絶賛の「五目あんかけラーメン」、サウナ後のガッツリ飯「サウナ飯シリーズ」等のようです。

f:id:kenichirouk:20201218064209j:plain

中へ入るとレストラン入口のバリ石のレリーフが見事!

f:id:kenichirouk:20201218064355j:plain

四季レストラン旬彩では、14:00~17:00はTEE TIMEとの事で、この日は火照った体を内側からもクールダウンする為にクリームソーダを注文し、ホッとひといき。

f:id:kenichirouk:20201218064822j:plain

 

本日も良い湯、良きサウナ、クリームソーダをごちそう様でした。
JNファミリーさんの閉店は2021/2/28。それまで営業は無休で浴室はAM6時~翌AM4時と驚異の22時間稼働しています。
もう一度という方も、未訪問の方も機会がありましたら足をお運び下さい。

※浴室内は撮影不可の為、施設にご了承頂き公式Webサイトより拝借しております。

*1:スタッフがサウナストーブにアロマ水を注ぎ、立ち昇った高温蒸気をタオル等で撹拌し入浴客へ浴びせる事で発汗を促すサービス

*2:ロウリュとはフィンランド語で蒸気の意味。サウナストーブへアロマ水等を注ぎ、高温蒸気を立てる行為まで含めロウリュと呼んだりする

*3:アロマ水を掬う柄杓