湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

閉店お別れ編|よしかわ天然温泉ゆあみ|左・右浴室|吉川|湯活レポート(温泉編)vol.187

【所在地】埼玉県吉川市保1-14-5

Google マップ

【泉質】ナトリウムー塩化物強塩泉(高張性・中性・高温泉)ph7.5

アクセス

よしかわ天然温泉ゆあみさんへは、最寄駅のJR武蔵野線 吉川駅。
吉川市はなまずで有名だそうで、南口には巨大な金のなまず像が鎮座しています。

反対の北口駅前ロータリーには謎のオブジェも。

さて、よしかわ天然温泉ゆあみさんへは、謎のオブジェがある方の北口ロータリーより、まずは正面のいちょう通りを直進。

駅から徒歩1分ですぐによしかわ天然温泉ゆあみさんが見えて来ます。

 

館内外施設

まず目につくのは入口のもさくなまず足湯。
なまずに所縁のある吉川市らしいですね。

早速もさくなまず足湯に入湯。ツルスベ感もありいい湯加減です。

もさくなまず足湯の後ろには源泉口もあります。この下が源泉井ですね。

表示を見てみると現在測定不能との事ですが、掘削自噴1,200ℓ/分は凄い‼
一日換算で1,728t(200ℓドラム缶で8,640本)!想像を絶するドバドバ具合ですねw

それでは玄関を潜って館内へ。

さて、コチラは館内案内図。

よしかわ天然温泉ゆあみさんは、昨年(2021年)ニフティの温泉ランキングで埼玉県ベストオブくつろぎ賞を受賞されています。

ロビーでは吉川名物なまずの「ゆーちゃん」「あみちゃん」がお出迎え。

3Fには食堂があり、もさく座という大衆演劇の舞台となっています。

 

【入浴日】2022/11/16:左浴室

この日は夫婦連れだって「よしかわ天然温泉ゆあみ」さんへ行って参りました。
浴室は階段を上がった2Fにあります。
コチラは、男女浴室入替施設で、奇数日は男湯が右浴室、偶数日は男湯が左浴室。
女湯はその逆です。この日は偶数日でしたので男湯が左浴室。

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速2F浴室からライド温♨
浴槽は以下の3浴槽。
・五行石五色の湯(センター)
コチラは以下5種類の鉱石が浴槽奥に埋められていて、手で触れると全身に鉱石のパワーがみなぎるというちょっとスピリチュアル系の湯。
「青木」ソーダライト
「赤火」レッドジャスパー
「黄土」メノウ
「白金」ネフライト
「黒水」オプシティアン

・源泉風呂
黄土色の源泉満ちていて、こちらでも温泉気分が楽しめます。

・智光薬湯
日本一の薬湯と称された36種の天然生薬配合の橙色の薬湯で、香りも素晴らしいです。論より証拠、とにかく一度浸かればその効果を実感出来ます。30秒も浸かれば敏感なところがピリピリしてくる特濃の薬湯で、保温効果も抜群です。

源泉と薬湯で軽く温まったところで3F浴室へ。
3Fは内湯と露天風呂があり、まずは内湯のアトラクションバスから。
コチラは吹き出し湯(ジェットバス)と寝ころび湯で水流マッサージ浴。

続いてコチラも源泉風呂でコチラは源泉かけ流し。

その流れで3F露天風呂も源泉かけ流しの源泉三昧。
よしかわ天然温泉ゆあみさんの源泉は、ナトリウムー塩化物強塩泉。地下1,500m、6,000万年~1億年前の白亜紀の地層から湧出する源泉だそうで、太古のロマンを感じます。湯口からの湯を掌に掬って一舐めすると円やかな塩味。まずはぬる湯で寛ぎ。

続いて熱めの広い岩風呂で、の~んびり源泉を堪能し尽くします。

源泉三昧で念入りに下茹でも済んだところでサウナ室へもお邪魔します。
左浴室のサウナは2種でまずはよもぎ蒸し風呂から。コチラの室温は40℃程。
クールダウンは源泉を冷水で希釈した33℃程のクールダウン風呂へ。
これが塩化物泉の為、浮遊感もアリ、軽いスベスベ感も感じられる究極の癒し風呂!

2セット目からはドライサウナ「さうな風呂」へ移動。
コチラはロッキーサウナで、この日のコンディションは96℃。
適度に湿度も感じられ、息苦しくない為、じっくり勝負出来る良コンディション。

2セット目からサウナ室前の水風呂へ。こちらは水温16℃でキリリとクールダウン。
休憩は、露天エリア奥の大気浴エリアでデッキチェアに身を委ねます。

この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・よもぎスチームサウナ10分⇒クールダウン風呂2分⇒大気浴3分
・さうな風呂10分⇒水風呂1分⇒大気浴3分
・さうな風呂12分⇒水風呂1.5分⇒大気浴5分

仕上げは露天の源泉かけ流しぬる湯とあつ湯をはしごし、温まったところで手桶に汲んだ源泉を数杯頭から被り、これまた源泉で絞ったタオルで保温効果の高い塩化物泉のヴェールを全身に纏って上がりました。

帰りに乗換えの北朝霞駅前の「牛串煮込みと串揚げさんちゃん」へ吸い込まれ・・・

宴という名のサ飯タイム💛

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。

 

【入浴日】2022/11/:右浴室

この日はもう一つの右浴室を体験すべく「よしかわ天然温泉ゆあみ」さん再訪。
この日もロビーのなまずの「ゆーちゃん」「あみちゃん」は元気でした^^

それでは早速、受付を済ませて2F浴室へ参ります。
この日は奇数日に訪問しましたので、男が右浴室。

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速2F智光薬湯側からライド温♨
コチラも五行石五色の湯、源泉風呂、智光薬湯の3種。
五行石五色の湯は、浴槽奥に埋め込まれた鉱石のラインナップが若干違います。
「青木」ラピスラズリ
「赤火」レッドジャスパー
「黄土」シトリン
「白金」ハウライト
「黒水」トルマリン

源泉と薬湯で軽く温まったところで3F浴室へ。
まずはアトラクションバス健美浴で軽く血行促進。
コチラは手前側がハイパージェット×2、ボディジェット×2、奥が広い歩行浴です。
続いて吹き出し湯、源泉風呂と巡り、軽く温まります。

軽く体も温まってきたところで露天エリアに出て手始めに寝ころび湯へ。

湯巡りの〆は龍神の湯でじっくり源泉を堪能。
よしかわ天然温泉ゆあみさんは、源泉の湯量が豊富な為、随所にかけ流し浴槽がありますが、この龍神の湯が最も濃厚で源泉の個性が感じられるような気がします。他は湯口から直接源泉がドボドボと注がれていますが、コチラは湯の花が凄いようで湯口にネットが被せられています。それでも湯の花が溢れており、湯口付近はモール泉特有の仄かな油臭が漂っています。

源泉巡りで温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
左浴室のサウナは2種でまずはペパーミントの蒸し風呂から。コチラは室温45℃程。
1セット目のクールダウンはコチラも源泉と冷水の合わせ湯クールダウン風呂へ。

2セット目からはさうな風呂へ移動。
コチラはロッキーサウナで、この日のコンディションは98℃。
ここで是非ともお試し頂きたいのは、2F智光薬湯にじっくり浸かって芯から温まった状態で下茹でを済ませ、そのまま流さず良く拭いて、「さうな風呂」へ。敏感なところのみならず全身熱さとはまた違うヒリヒリ感が襲い、ロウリュやアウフグースとは一味違う強烈な刺激がお楽しみ頂けますw

2セット目からのクールダウンはサウナ室前の水風呂へ。こちらは水温16℃。
左浴室より広さがあり、水量も豊富な為、更にクールダウン効果が加速w
この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・ペパーミント蒸し風呂10分⇒クールダウン風呂2分⇒露天外気浴3分
・さうな風呂10分⇒水風呂1分⇒露天外気浴3分
・さうな風呂12分⇒水風呂1.5分⇒露天外気浴5分

仕上げは龍神の湯の源泉かけ流し浴槽で再度体の芯まで温まり、手桶に汲んだ源泉で絞ったタオルで拭き上げつつ保温効果の高い塩化物泉のヴェールを全身に纏って上がりました。

帰り道、またまた乗換の北朝霞駅で今度は駅前の風風ラーメンさんに立ち寄りサ飯。
この日頼んだのは「ばり黒豚骨ラーメン」と「ピリ辛ネギ乗せ唐揚げ」でしたが、美味しくてペロリと平らげ、写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました;;

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。

【閉店日】2023/1/31

そのよしかわ天然温泉ゆあみさんですが、残念ながら閉店されるそうです。

以前は岩盤浴もあったようですが、コロナ禍以降は休止中で再開は無さそうです。

開業時より健康道場、エメラルドマリンと屋号を変え、今日のゆあみまで30年以上もの間、吉川の地で営業なさっていたそうです。諸般の事情との事であえて詳細はお伺いしておりませんが、ひとまずこれまでの永きに渡るご営業に深謝。

それまでは、年中無休で毎日AM10:00~22:00のご営業だそうです。
施設はそれなりに年季が入っていますが、毎分1,200ℓの贅沢な源泉かけ流し風呂と日本一の智光薬湯、2つのサウナと2つの水風呂が楽しめ、しかも男女浴室入替施設は都内近郊でもかなり充実した部類です。個人的には、温泉ファン、サウナファンのみならず是非とも一度はご体験頂きたいと思います。

※浴室内は撮影不可の為、公式HPより拝借しております。