湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

観音湯|糀谷銭湯散歩②|湯活レポート(銭湯編)vol225

f:id:kenichirouk:20200315161912j:plain

ota1010.com

f:id:kenichirouk:20200315220446p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/3/15

 

この日は糀谷銭湯散歩で2湯目に「観音湯」さんへ足を運びました。
観音湯さんへは、京急空港線 糀谷駅下車、改札を右手に出て駅前のこちらのOIDE通りをひたすら直進。

f:id:kenichirouk:20200315161006j:plain

この日はOIDE通りの黄色い看板の向こうに入道雲が見えました。

f:id:kenichirouk:20200315161156j:plain

駅から徒歩8分程。OIDE通りの突き当りに観音湯さんの鈍色に輝く煙突が見えます。

f:id:kenichirouk:20200315161756j:plain

レンガ造りの外観から、パッと見洋風に見えますが、こちらは外塀的な部分で銭湯自体は昔ながらの宮造り銭湯です。玄関を入ると右手が男湯、左手が女湯。

f:id:kenichirouk:20200315161932j:plain

番台で受付を済ませ、早速浴室へお邪魔します。

 

浴室に入ると正面壁には大宇宙のタイル絵。

f:id:kenichirouk:20060103020206j:plain

私の知る限り銭湯内の宇宙絵はかなり珍しく、こちらの他後2か所。

yukatsu.hatenablog.com

もう1湯は板橋区の「熊の湯」さんですが、こちらはまだ未湯の為、その内行ってみたいですね。

 

さて、この日は2湯目でしたので、沐浴は軽く済ませ、早速お風呂へライド温♨
まずは8方向ジェットとバイブラの円形風呂で軽く温まります。

f:id:kenichirouk:20060103015917j:plain

センターバスはシンプルなバイブラバスとジェットバス。
向かって左手はガリウム石温浴泉になっており、ラジウム浴が楽しめます。ガリウム鉱石から出る微弱放射線にはホルミシス効果*1がありますが、皮膚より呼気から多く取り込まれる為、こちらでじっくり温まりながら深く深呼吸。

f:id:kenichirouk:20060103015849j:plain

 

湯通し後は、サウナ室へもお邪魔します。
観音湯さんのサウナはバイタル温浴泉と呼ばれるスチームサウナ。
室温は50℃程で高温蒸気に包まれ、心地よい発汗が楽しめます。
10分程発汗を楽しんだ後は、立ちシャワーで水を浴びての温冷交互浴。
仕上げは再度ガリウム石温浴泉で体の芯まで温まり直し、最後は熱めのシャワーで流して上がりました。

 

帰りに銭湯ポスターでほっこり。

f:id:kenichirouk:20200315171015j:plain

観音湯さんは、不定休で2020年3月は火、金定休だそうです。
遠方から訪問の際は、事前に確認が無難かと思います。

f:id:kenichirouk:20200315162107j:plain

帰りに糀谷駅の高架下で夕日に見送られ糀谷の街を後にしました。

f:id:kenichirouk:20200315171832j:plain

本日も良い湯とGoodサウナをありが湯ございました♨
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※コチラは糀谷銭湯散歩1湯目「幸の湯」さんのレポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

*1:1980年にミズーリ大学生化学教授のトーマス・D・ラッキー氏が提唱し、人体に悪影響の出ない程度の低線量放射線が細胞の免疫系を刺激し、体のさまざまな活動を活性化するとされる