湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

自宅風呂で「クナイプバスソルト/オレンジ・リンデンバウム」を試してみた|湯活レポート(入浴剤編)vol.61

【入浴日】2022/6/25


この日は自宅入浴剤デーで、「クナイプバスソルト/オレンジ・リンデンバウム」を試してみました。

入浴準備を済ませ、早速入浴剤を投入。
真っ赤なバスソルトが入浴剤袋よりジャボジャボ湯に放り込まれます。

投入するとバスソルトが融解し、少しずつオレンジに色づいてきます。

バスソルトが融解する間、一旦風呂蓋を閉じて、入浴前の沐浴へ。
バスグッズでお清めを済ませ、サッパリ洗い終えたところで風呂蓋を開けてみると薄っすらオレンジ色の湯に。スパークリングにも同じ芳香がありますが、あちらは菩提樹の森の香りが強い気がしたのに対し、こちらは仄かに柑橘系が香る気がします。

そろりとみかん色の湯に身を沈めると、むふぅぅぅ。。。
浴感は軽いスベスベ感もあり、リラックス出来る浸かり心地。
スパークリングの方はガツンと来る感じでしたが、こちらは軽めでいつまでも浸かっていられそうです。
※この日は入浴剤にちなみオレンジ色のタオルをチョイスw 相変わらずの無精ひげはご勘弁<(_ _)>

オレンジリンデンバウムの香りで、湯に浸かりながらボーッと無になる時間。

暫し温まってから、ぬるめのシャワーで全身を流して上がりました。

 

尚、スパークリングタブレットの方は色が濃い為、選択再利用は不向きとの事でしたが、こちらは選択再利用も可(但し、すすぎは上水でとの事)です。残り湯を無駄にしないで済むのもちょっぴり嬉しいですね。

 

気になる方は、是非一度お試し下さいませ♨

※コチラはその他のクナイプの入浴剤入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com