湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

東湯|吉塚|湯活レポート(銭湯編)vol.779

fukuoka1010.com

Google マップ

【入浴日】2022/6/19

 

この日は福岡市銭湯巡りで「東湯」さんへ行って参りました。
東湯さんへは、JR鹿児島本線 吉塚駅西口(県庁口)よりまずはロータリー正面の妙見通りを左手方向へ進みます。

その先、妙見交差点を右折しパピヨン通りへ。

右折してすぐのY字路は右手の道を進みます。

駅から徒歩7分程で東湯さん到着。

裏手からは傾斜した屋根と東湯さんの煙突も見る事が出来ました。
今回福岡銭湯を10軒程回りましたが、表はビル型風、裏手は木造屋根に短い煙突というスタイルが多いようです。

それではコチラの玄関より中へお邪魔します。
それにしても都内近郊の銭湯に慣れた身としては、これで営業中というのが不思議。

 

中は番台式のコンパクトなレトロ銭湯の風情。
それでは受付を済ませて浴室へ参ります。
壁面の白亜のタイルと浴槽のブルーのタイルとのコントラストがさながらギリシャのサントリーニ島を彷彿とさせます。

ギリシャ サントリーニ島(フリー素材より)

浴室正面に28.9.20ナカジマと雅号が入った男女浴室に跨るセンター富士のペンキ絵。
都内近郊では良く見ますが、九州の銭湯でペンキ絵はかなり珍しいです。

まずはいつも通り沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
浴槽は主浴槽手前がバイブラ、その隣が電気風呂。
この電気風呂が超強烈⚡電気風呂で足が攣ったのは後にも先にもここだけかも。
奥は深湯で浴槽底面から新湯が滔々と注がれるタイプ。そのお隣は水風呂です。

手前のバイブラと強烈電気風呂で凝りをほぐし!?深湯と水風呂で温冷交互浴。
電気風呂の刺激と温冷交互浴でシャッキリしたところで、上がり湯を頂いて浴室を後にしました。

 

本日も良い湯をありが湯ございました。
博多方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、福岡県浴場組合HPより拝借しております。