湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

かすかべ湯元温泉|春日部|湯活レポート(温泉編)vol121

f:id:kenichirouk:20210714220150j:plain

www.kasukabeonsen.com

【所在地】埼玉県春日部市下大瀬増田66-1

Google マップ

【泉質】アルカリ性単純温泉(低張性・アルカリ性・低温泉)ph8.77
<(第一)かすかべ湯元温泉>

f:id:kenichirouk:20210715075448j:plain

f:id:kenichirouk:20210715075528j:plain

<第二かすかべ湯元温泉>

f:id:kenichirouk:20210715075721j:plain

f:id:kenichirouk:20210801200252j:plain

【入浴日】2021/7/14

 

この日は先日「熱波甲子園2021」で優勝した今最も熱い熱波師にして支配人「ラーメン清水」さんに敬意を表して「かすかべ湯元温泉」さん初訪問。
※コチラは先日の「熱波甲子園2021&ハッピーサウナ文化祭」のレポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

かすかべ湯元温泉さんへは、東武スカイツリーライン 武里駅、せんげん台駅、もしくは東武アーバンパークライン 豊春駅から無料送迎バスが出ていますが、一日に3便から5便ですので、東武アーバンクライン 春日部駅から路線バスで参ります。
ビビる大木とクレヨンしんちゃんを生んだ街「春日部」に人生初上陸w
春日部駅西口2番バス乗場より朝日バスで、かすかべ温泉行に乗車します。

f:id:kenichirouk:20210715074727j:plain

終点のかすかべ温泉バス停はかすかべ湯元温泉の敷地内にあります。

f:id:kenichirouk:20210715075350j:plain

到着して改めて見ると、デ、デカい‼
右側のドーム状の部分は温泉プール「テルメビッグドーム」の部分です。

f:id:kenichirouk:20210715080027j:plain

建屋の脇からは屋号入りの源泉櫓も仰ぎ見る事が出来ました。温泉地ではたまに見かけますが、最近の温泉は大深度掘削で深さ数百m~2㎞から汲み上げる為、それだけの深井戸に揚湯管、他数本のパイプを通します。そのメンテナンスと定期的な交換の為に源泉井の上に櫓を組んでパイプを引き上げられるようにしてあるのです。

f:id:kenichirouk:20210715080324j:plain

玄関脇にはご案内があり、湧出量毎分800ℓとの事。
自家源泉で毎分800ℓはかなり驚異的(1時間に家庭用のお風呂240杯分入れ替えられる量が湧き続けている)ですが、フロント脇の温泉分析書によると自家源泉が2本、それぞれ同じ泉質で一本が320ℓ/分、もう一本が360ℓ/分との事で、併せて約800ℓとの事。この豊富な湧出量が広いかすかべ湯元温泉の内湯、露天、温泉プール「テルメビッグドーム」に惜しげもなく注がれているという訳です。

f:id:kenichirouk:20210715080928j:plain

早速中へお邪魔すると、ありました!
熱波甲子園2020 総合部門優勝のチャンピオンベルトと表彰状。
改めておめで湯ございます♨♨

f:id:kenichirouk:20210715081302j:plain

さて、館内はと申しますと、下の写真の館内案内図の通り。

f:id:kenichirouk:20210715081052j:plain

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。

f:id:kenichirouk:20210715081211j:plain

 

いつも通り沐浴で全身お清めを済ませ、早速内湯からライド温♨
かすかべ湯元温泉は単純温泉ですが、モール泉の成分を含むようで淡褐色を呈しています。モールの成分かアルカリ度の影響でツルツル感があり、保湿成分のメタケイ酸も規定値以上含む美肌の湯。まずは源泉×高濃度ナノ炭酸泉からスタート。

f:id:kenichirouk:20210715093444j:plain

続いてお隣の源泉バイブラバス。

f:id:kenichirouk:20210703194708j:plain

更に源泉ぬる湯。

f:id:kenichirouk:20210715093919j:plain

源泉あつ湯の順番で源泉浴槽を贅沢はしご。

f:id:kenichirouk:20210715093953j:plain

続いて10種の和漢生薬がズッシリ詰まった袋が湯船に吊るされた薬湯「健美泉」に身を沈めるとジーンと生薬の効果が肌に染み渡ります。

f:id:kenichirouk:20210715094249j:plain

内湯の最後は露天風呂脇の檜風呂(白湯)で暫しリラックス。

f:id:kenichirouk:20210703194902j:plain

ここまでの内湯湯巡りで体も温まって来たところで露天風呂へLet’s Go♪
こちらの広い岩風呂にも淡褐色の源泉が贅沢に満ちています。

f:id:kenichirouk:20210703195333j:plain

 

内湯と露天の源泉三昧でしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
かすかべ湯元温泉さんのサウナはミストサウナとドライサウナの2種ありますが、この日はミストサウナは休止中でした。
ドライサウナに入室すると、正面にはサウナストーンがギッシリ詰まった巨大なikiストーブが鎮座し、コンディションは90℃。しっかりと熱気に包まれます。

f:id:kenichirouk:20210703200205j:plain

発汗後はサウナ室前の水風呂へ。こちらは微かに黄味がかっていてツルツル感も感じられるため、恐らく源泉を加水冷却した源泉水風呂でこの日の水温は15.4℃。
冷え冷えですが、静水の為、身を沈めてじっとしていると天使の羽衣に包まれ、心地よいクールダウンのひとときを楽しめます。

f:id:kenichirouk:20210703200608j:plain

クールダウン後は、露天外気浴でかすかべの風に身を委ねます。
結局この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・ikiサウナ7分⇒源泉水風呂1.5分⇒露天外気浴3分
・ikiサウナ10分⇒源泉水風呂1.5分⇒露天外気浴3分
・ikiサウナ12分⇒源泉水風呂2分⇒露天外気浴5分

仕上げは薬湯「健美泉」から、源泉温度に近いせいか最も心地よく色も濃い、内湯の源泉ぬる湯で心ゆくまで源泉を味わい尽くし、手桶に汲んだ源泉で絞ったタオルで全身を拭き上げてから上がりました。

 

この日はお邪魔しませんでしたが、こちらがテルメビッグドームの入口。

f:id:kenichirouk:20210715081345j:plain

こちらは2Fから見たテルメビッグドーム。
分かりますでしょうか、プールとは言え浴槽の水の色、そう源泉プールです!
豊富な湯量の成せる技ですね。いつか機会があったら改めて家族で来てみたいです。

f:id:kenichirouk:20210715081453j:plain

他にもゲームセンター顔負けのゲームコーナーや、、、

f:id:kenichirouk:20210715081629j:plain

広いコミック・雑誌コーナーにレストラン、大広間、ヘアカット等勢揃い。

f:id:kenichirouk:20210715081851j:plain

サ飯も魅力的でしたが、こちらはまた次の機会に。

f:id:kenichirouk:20210715081938j:plain
本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
春日部方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、施設にご了承頂き公式HPより拝借しております。