湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

高砂湯|菊川|都内屈指の強冷水風呂|湯活レポート(銭湯編)vol518

f:id:kenichirouk:20201026235534j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20201027001149p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/10/26

 

この日は東京都公衆浴場業組合へ東京お遍路帳更新にお邪魔した流れで、そのまま墨田区まで足を伸ばし「高砂湯」さんへ。
※コチラは東京都公衆浴場業組合の訪問レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

高砂湯さんへは、都営新宿線 菊川駅A3出口より正面の三つ目通りを右手へ。

f:id:kenichirouk:20201026235754j:plain

菊川二丁目交差点の二つ先の交差点を右折すると、駅から徒歩3分程で高砂湯さんの看板が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20201027000145j:plain

ビル型銭湯ですが、裏手駐車場からは建屋上に高砂湯さんの煙突も見られます。

f:id:kenichirouk:20201027000255j:plain

中に入るとこじんまりながら、寛げそうなロビー。

f:id:kenichirouk:20201027000337j:plain

ロビーの反対側には神棚と豊臣秀吉の肖像画。この一角は霊験あらたかです。

f:id:kenichirouk:20201027000434j:plain

受付では親切なご主人が色々と説明をして下さり、お遍路をしている事が分かると番台の中に招いて写真撮影もして頂きました。

f:id:kenichirouk:20201027000701j:plain


それでは準備を済ませて浴室へ。
まずは沐浴で全身お清めを済ませて、早速お風呂へライド温♨

f:id:kenichirouk:20201025112538j:plain

メインバスは左手よりスーパージェット、マッサージ座風呂、右手は浅湯でバイブラとジェットバスが付いています。各種水流マッサージであちこちの凝りをほぐし、バイブラに揺られながらじっくり温まります(個人的にはグツグツ煮られている気分w)

f:id:kenichirouk:20201025112654j:plain

 

しっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
高砂湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターでこの日のコンディションは94℃。
熟成が進み、輻射熱の柔らかいサウナでじっくり発汗が楽しめます。
発汗後はサウナ室前の水風呂へ。この水風呂が冷たい❕
銭湯サウナとしては都内屈指の13℃の強冷水風呂‼
強烈なクールダウン後、椅子に腰かけて暫しの休憩中、脳内がグラングランする位ととのっちゃいましたw
この日は以下3セット。

・サウナ7分⇒強冷水風呂1分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒強冷水風呂1分⇒休憩3分
・サウナ12分⇒強冷水風呂1分⇒休憩5分

仕上げはバイブラバスできっちり温まり直し、シャワーで軽く流して上がりました。

 

湯上り後、ご主人から「お遍路している人にはこれをどうぞ。」と以前イベントで使用した葛飾北斎の版画スタンプと、浴場組合用の貴重なスタンプを頂きました。

f:id:kenichirouk:20201027001942j:plain

また、『鶯谷の萩の湯には、もう行った?』と聞かれ、『行きました』と答えると、『実はウチは萩の湯とは従弟関係なんだよね』との事。「萩の湯」と言えば、稲荷町の「寿湯」さん、東京スカイツリー前の「薬師湯」さんと三兄弟というのは、都内銭湯ファンの間ではかなり有名な話ですが、「高砂湯」さんも縁戚関係とは、意外な繋がりを知る事が出来て、ちょっとほっこり。
それぞれの銭湯にも、また是非行ってみたいですね。
※ちなみにコチラが三兄弟の銭湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

 

帰りに振り替えると、すっかり夜の帳が降りた中、高砂湯さんのネオンが灯り、後ろ姿を見送ってくれていました。

f:id:kenichirouk:20201027004144j:plain

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、店舗紹介ページより拝借しております。