湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

湯活レポート(銭湯編)vol434.袖ヶ浦「不二の湯」

f:id:kenichirouk:20200913095826j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20200707042840p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/9/12

 

この日は江東区方面へ立ち寄りついでに「不二の湯」さんへお邪魔しました。
不二の湯さんへは、東陽町より都バス「袖ヶ浦」バス亭下車。

f:id:kenichirouk:20200913095940j:plain

四十町通りをバス進行逆方向へ進み、突き当りを左折するとバス停から徒歩2~3分で左手に不二の湯さんが見えて来ます。

実はコチラには7/6にも一度訪問したのですが、この日は休業日でした。
※東京銭湯マップを頼りに訪問しましたが、二点ご注意を。定休日は水曜となっていますが、現在は月曜、水曜です。また南砂町よりバスとなっていますが、現在南砂町から最寄りの袖ヶ浦バス停への路線はなく、東陽町、もしくは亀戸駅からの路線となっております。

f:id:kenichirouk:20200707043530j:plain

入口脇には案内板。創業90年、不二の湯に歴史有りですね。

f:id:kenichirouk:20200707043605j:plain

建物脇からは鈍色に光る煙突も拝めます。

f:id:kenichirouk:20200707043637j:plain

玄関を潜ると左手が男湯、右手が女湯。

f:id:kenichirouk:20200913101851j:plain

それでは受付を済ませ中にお邪魔します。
脱衣場には今でも現役の大きな柱時計。

 

準備を済ませて、いざ浴室へ。
正面には男女浴室に跨る大きなセンター富士(※写真はGoogleインドアビューの拝借ですので、その後描き変えられたようです)。高い天井に湯気抜き窓。

f:id:kenichirouk:20200706092009j:plain

それでは沐浴で全身お清めし、早速お風呂へライド温♨
浴槽は奥より超音波気泡風呂、でんき風呂。右手の円形浴槽には手前に2か所ジェットが出るところがあり、浴槽全体のお湯が緩く旋回しています。

f:id:kenichirouk:20200706092023j:plain

円形浴槽で流れに身を任せ、富士山のペンキ絵を眺めながら、「リベンジ成功!来てよかった」と改めて湯に浸かる喜びを噛み締め、順繰り湯巡りで、体の芯まで温まったところで立ちシャワーで軽く流して上がりました。


本日も良い湯をありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。