湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

旭場|府中銭湯散歩①|湯活レポート(銭湯編)vol393

f:id:kenichirouk:20200817090649j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20200817094159p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/8/16

 

この日は府中銭湯散歩で1湯目に「旭湯」さんへ。
旭湯さんへは、京王線 府中駅下車、西出口6が最寄です。

f:id:kenichirouk:20200817090736j:plain

階段を下った先、正面の宮西国際通り商店街へ。

f:id:kenichirouk:20200817090852j:plain

駅から徒歩6~7分で右手に旭湯さんが見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20200817091135j:plain

建物裏手から見た旭湯さんの煙突。

f:id:kenichirouk:20200817091238j:plain

中に入ると明るいロビーにマリリンモンローのポスターカレンダーがズラリと掲示されてありました。おかみさんに伺うと、「ウチは毎年飾っているの」との事で、全部で10枚以上を見る事が出来ました。

f:id:kenichirouk:20200817091313j:plain

脱衣場入口には「釣りバカ日誌」原作者 やまさき十三氏、北見けんいち氏のサイン。旭湯さんに来られた時に描かれた物でしょうか。その内、「風呂バカ日誌」でも描いてくれないかな~。

f:id:kenichirouk:20200817091505j:plain

さて、冗談はこれ位にして、浴室へ参ります。

 

ここからは、旭湯さんHP等にも浴室写真は見当たりませんので、私の拙い図解と解説でお付き合いをお願いします。
浴室正面には2016.10.3(西伊豆)と描かれた雄大なセンター富士のペンキ絵。

f:id:kenichirouk:20200817093130p:plain

この日1湯目ですので、沐浴で丁寧に全身をお清めし、まずはお風呂へライド温♨
お風呂はシンプルにセンターの座風呂を挟んで、左がバイブラ付きの浅湯、右が深湯で「あつい湯」との表記。湯温は43℃程ですが、天然井戸水の為か湯ざわりが柔らかくしっかり肩まで浸かってじっくり温まりました。

 

体も温まったところでサウナ室へ。
この日サウナ付き銭湯散歩の為、1軒目は2セットと決め、予め水通し*1して挑みました。水風呂は水温22℃程ですが、天然井水が柔らかく全身を包んでくれます。
旭湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターでこの日のコンディションは94℃。
燻された木材の香りが心地よいグッドサウナでじっくり発汗。
この日は以下2セットで爽快に❝ととのう❞*2事が出来ました。

・サウナ7分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒水風呂2分⇒休憩5分

仕上げは深湯でじっくり温まり直し、熱めのシャワーで流してフィニッシュ。

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※コチラはその他の府中銭湯散歩のレポートです。併せてどうぞ↓

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

*1:サウナ前に水風呂に浸かる事で、皮膚を引き締め、火照りやすい1セット目からじっくりサウナ浴を楽しめる

*2:サウナ⇒水風呂⇒休憩のループで浴室の湯気の向こうから、マリリンモンローが手招きする幻影を見る様w