湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

湯活レポート(銭湯編)vol395.府中銭湯散歩③「曙場」

f:id:kenichirouk:20200817110924j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20200817100437p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/8/16

 

この日は府中銭湯散歩で3湯目に「曙湯」さんへ。
曙湯さんへは、京王線 府中駅下車、北出口8より駅前デッキを左手方向。

f:id:kenichirouk:20200817111014j:plain

階段を下ってけやき並木通りを右手方向へ進みます。

f:id:kenichirouk:20200817111830j:plain

こちらの府中駅前のけやき並木は、国指定天然記念物に指定されています。

f:id:kenichirouk:20200817112017j:plain

国指定天然記念物というだけあって、大けやきが両側から迫る迫力はなかなかです。
この日は夕立後で湿度がすごく高かったですが、けやきのお陰で森の爽やかさ。

f:id:kenichirouk:20200817112243j:plain

けやき並木通りを過ぎると、通りが国分寺街道へ変わります。
左手に見える都立農業高等学校を通過。

f:id:kenichirouk:20200817112657j:plain

駅徒歩13分程、府中一中前交差点左手にあけぼの湯さんの看板が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20200817112936j:plain

裏手には威風堂々、夏空に聳えるあけぼの湯さんの煙突。

f:id:kenichirouk:20200817114516j:plain

中に入ると赤い絨毯が印象的なロビー。

f:id:kenichirouk:20200817114807j:plain

それでは受付を済ませ、浴室へお邪魔します。

 

ここから、あけぼの湯さんはHP等にも浴室写真は無い為、私の拙い図解と紹介でおつきあい願います。図解通り、中はかなり広く浴槽の形状も変わっています。

f:id:kenichirouk:20200817131246p:plain

この日3湯目ですので、沐浴は簡単に済ませ、まずはメインバスからライド温♨
各種水流浴で血行促進し、その流れで露天風呂へ。
奥の電気風呂の低周波マッサージで凝りをほぐした後は、手前の露天風呂でゆったり手足を伸ばし、夏の暮れなずむ空を眺めながらリラックスバスタイム♪
湯温は38~39℃程の微温帯と体への負担が少なく疲れが解けるようで、いつまでも浸かれる心地よさです。

 

体も温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
あけぼの湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターで、この日の室温は98℃。
輻射熱が柔らかい熟成されたサウナで、しっかり発汗します。
発汗後はサウナ室前の広い水風呂へ。夏場なので22℃程ですが、ザバザバ掛け流れていて、全身浸かると心地よくクールダウン出来ます。
クールダウン後は露天エリアの休憩ベンチで暫し陶酔。
この日3湯目ですので、以下2セットでバッチリ❝ととのい❞ました。

・サウナ7分⇒水風呂2分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒水風呂2分⇒休憩5分

仕上げは心地良い微温帯の露天風呂で寛いでから、シャワーで流してこの日の湯巡りをフィニッシュ。

 

帰りにあけぼの湯さんのネオンが印象的で一枚撮影させて頂きました。

f:id:kenichirouk:20200817131627j:plain

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※コチラはその他の府中銭湯散歩のレポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com