湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

松本湯屋上テントサウナ|落合|湯活レポート(サウナ編)vol35

f:id:kenichirouk:20200906220037j:plain

www.matsumoto-yu.com

【入浴日】2020/9/6(日)18:00~
【所在地】東京都中野区東中野5-29-12

Google マップ

1.松本湯

この日は斬新的な試みを次々打ち出す落合「松の湯」さんが、銭湯deテントサウナを開始されたと伺い、行ってみる事にしました。

f:id:kenichirouk:20200822112538j:plain

松本湯さんでは、これ以外に銭湯界初のアウフグースイベント等も行っており、こちらには初回にお邪魔させて頂きました。

yukatsu.hatenablog.com

松本湯さんへは、東西線 落合駅2番出口を出て早稲田通りを右手方向へ。

f:id:kenichirouk:20200906220315j:plain

駅から徒歩3~4分、上落合一丁目交差点の右手に松本湯さんが顔を出します。

f:id:kenichirouk:20200906220538j:plain

久し振りに帰ってきた松本湯さん。三角のファザードが懐かしいです。

f:id:kenichirouk:20200906220739j:plain

入口で鳥のステンドグラスが入浴客とサウナーをお出迎え。

f:id:kenichirouk:20200906221536j:plain

 ロビーにはスッポンもどき君も居ますよ~。
(アウフギーサー*1のレジェンドゆうさんにはスッポンポンと呼ばれていました。お風呂だけにw)

f:id:kenichirouk:20200906222046j:plain

ロビー正面には銭湯絵師 丸山清人氏の定番富士山の絵が飾られています。

f:id:kenichirouk:20200906222137j:plain

この日は屋上テントサウナ前に松本湯さんで軽くウォーミングアップ。
最近屋上テントサウナが大注目されている松本湯さんですが、本業の銭湯のお風呂、サウナも素晴らしいのです。詳細は上記の前回レポートに委ねますが、この日は銭湯サウナでも以下3セット。

・サウナ5分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒水風呂2分⇒休憩3分
・サウナ12分⇒水風呂2分⇒休憩5分

がっしりした造りのサウナをガス遠赤外線ヒーターがしっかり温め、室温計は無いですが体感から推定88℃程。最近はサウナ室内でロウリュイベントを行う事もあり、以前にもまして濃密な熱量と適湿な環境が整っています。

水風呂は天然ミネラルウォーターの水風呂が底面から注がれて掛け流しになっており、さながら自然湧き水の様相。水温16.3℃で緩い掛け流しの流れもあり、火照った体を優しく包んでクールダウンしてくれます。

仕上げは主浴槽の紀州備長炭+バドガシュタイン風呂。紀州備長炭がぎっしり詰まった浴槽奥から新鮮なお湯が注がれ、濾過されマイナスイオンを含んだお湯にバドガシュタイン鉱石から微弱放射線ラドン222が放出されます。微弱放射線は酸化還元効果により抗酸化作用があると言われており、アンチエイジング効果の高い有難いお湯となっています。湯触りはどこまでもソフト、じっくり浸かりながら、微弱放射線は皮膚より呼気から効率的に吸収される事から深く深呼吸。

しっかり体の芯まで温まり直してから、ジュビナバスと熱めのシャワーで〆て最高の湯通し*2、水通し*3完了♬

 

2.松本湯屋上テントサウナ

この日18:00の回に事前予約。時間10分前にロビーに集合し、簡単に説明を受けてからEVで5F屋上へ。待ち受けていたのはMobibaとMORZHの2棟のテントサウナ。
スタッフより、Mobibaは90℃、MORTZHは120℃に仕上がっているとの事。

f:id:kenichirouk:20200907052628j:plain

こちらはMobiba内の様子。体感では薪の燃焼具合やロウリュ*4、入口の開閉等の具合で体幹では75~90℃程度に感じられました。アロマ水はヴィヒタのような森の香り。マイルドでじっくりリラックスサウナタイムを楽しめます。

f:id:kenichirouk:20200907052741j:plain

こちらはMORZH内の様子。体感では90~120℃。ロウリュ後は灼熱の高温水蒸気にテント内が包まれるパワフルなサウナ。アロマはレモンかオレンジのような柑橘系。

f:id:kenichirouk:20200907052809j:plain

クールダウンの水風呂は3×1.5mの巨大なプールで、天然ミネラルウォーターの井戸水が掛け流しで注がれていて、内湯の水風呂同様、16~18℃前後の心地よい冷え冷えの水が常時満たされています。吐水口からの水はマジで飲めるレベルです。

f:id:kenichirouk:20200907052840j:plain

本日のゲストアウフギーサーはレジェンドゆうさん。日本では珍しい女性プロ熱波師。数々の技を身に着けた自称「焼殺系女子」。

twitter.com

徐々に暮れなずむ中、新宿の夜景が浮かび上がり、個々にサウナを楽しみます。

f:id:kenichirouk:20200907052919j:plain

この日、私は、以下6セットで大満足。

・Mobiba×2セット
・MORZH×4セット

レジェンドゆうさんのアウフグースは狭いテント内では明らかにオーバースペックで私は2~3度試みるも物の数秒で退散www 高温のMORZH内でアウフグースを浴びる方からは「痛いッ!」とか「アーッ」とか「ウーッ」といううめき声が続々。
サウナ室の温度だけなら120℃でも耐えられますが、ロウリュ後のアウフグースを一言で言うと「熱湯地獄!」それも50℃とか60℃ではない沸騰水のミストが全身に浴びせられている感覚。タオルで覆った部分は良いのですが、剥き出しの皮膚はもろにミストに晒されますので、大き目のタオルを用意して顔から上半身までくるまって受けた方が良いようです(私の場合は用意したタオルが小さ過ぎたという事でw)。

サウナで蒸された後、プールで天然ミネラルウォーターに包まれ、リクライニングチェアで新宿の夜景を眺める時、間違いなく自分は宇宙と一体になっていました。

 

帰りに松本湯さんのネオンサインを振り返り、またいつか来ようと誓いました。
松本湯さん、レジェンドゆうさん、主催の蒸しゴリ君、どうも有難う!

f:id:kenichirouk:20200907053017j:plain

松本湯さんの屋上テントサウナ、不定期開催でHP及びSNS告知による事前申し込み制ですが、都心で気軽にテントサウナを楽しむ貴重な機会ですので、ご興味のある方は、是非一度体験してみてください♨

*1:サウナストーブにアロマ水を注ぎ発生した蒸気をタオルや団扇でサウナーに浴びせ掛けるパフォーマンスサービスを提供する人。本日のアウフギーサーレジェンドゆうさんは日本では珍しいプロ女性アウフギーサー

*2:サウナ浴前に湯に浸かり、体を温めておく事で発汗しやすくなる

*3:サウナ浴前に水風呂に浸かる事で、皮膚を引き締め、体幹をクールダウンする事で火照りやすい状態を抑制し、1セット目からじっくりサウナ浴を楽しめる

*4:サウナストーブにアロマ水を注ぎ高温の蒸気を発生させる事