湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

喜楽湯|三河島|荒川銭湯シールラリー④|湯活レポート(銭湯編)vol183

f:id:kenichirouk:20200201205627j:plain

arakawa-sento.jp

f:id:kenichirouk:20200128072158p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/2/1

 

荒川銭湯シールラリー〆の4湯目は「喜楽湯」さんへお邪魔しました。
喜楽湯さんへは、JR常磐線 三河島駅下車、正面の尾竹橋通りを左手方向へ。
二つ目を右折し、荒川仲町通へ入ります。

f:id:kenichirouk:20200201205820j:plain

一つ目の路地を右折すると、すぐに喜楽湯さんの全景が見えてきます。

f:id:kenichirouk:20200201211244j:plain

入口の自動ドアを入ると落ち着いたロビー。入口脇の立派な船の絵は、おかみさんのお兄様が画家で描かれたものとの事。とても味のある絵です。

f:id:kenichirouk:20200201211401j:plain

それでは早速受付を済ませてお風呂を頂きます。


こちらの銭湯はHP始めWEB上にも浴室風景は無い為、私の拙い図解と説明でエア湯活にお付き合い頂ければと存じます。
脱衣所に入るとド演歌BGMが流れ、一気に下町銭湯の風情が漂います。
珍しい白天井に青い梁の折り上げ格天井。
ひと際目を引くのが男女脱衣所仕切り壁上に設置された緑色の森林浴発生器。
※コチラはネット上で検索した同型機の写真です(どうやら他にも数軒の銭湯に導入されたらしい)↓

f:id:kenichirouk:20200202065542j:plain

凄く気になりますが、まずは浴室へ行ってみましょう。

f:id:kenichirouk:20200202064720p:plain

正面には男女浴室に跨る雄大な霊峰富士。麓には滝が流れ落ちる川が流れています。その滝水があたかも浴槽に注ぎ込んでいるかのような構図。
いつも通り沐浴を済ませ、ショルダーバス、マッサージ付きの座風呂、バイブラバスと湯巡りして、恐らく先程の森林浴発生器と関係のある「ミスト森林浴」と書かれた左手の部屋へ行ってみます。ミストで外からは良く見えなかったので、てっきりミストサウナかと思っていたら、しっかり岩風呂がありました。どうやら半露天風岩風呂を小部屋で仕切って森林浴ミストを発生させ、マイナスイオンたっぷりにしているようです。湯煙とも霧とも見分けのつかない薄靄の中、霊峰富士を仰ぎ見て岩風呂に浸かると、樹海での中の野湯気分。足元からのバイブラは足元湧出泉*1と妄想が膨らみますw

森林浴ミスト岩風呂でしっかり温まったところで、サウナ室へもお邪魔します。
喜楽湯さんのサウナは遠赤外線サウナで本日のコンディションは94℃。
成熟したサウナの燻された木や石壁の香りと輻射熱が心地よいGoodサウナです。
そして脱衣所でも流れていたド演歌がこちらでもw
水風呂は18℃程度。天然井戸水のせいか肌触りがシルキーで滑らかです。
本日は以下3セットでディープにととのう*2事が出来ました。

・ド演歌サウナ2曲⇒天然井戸水水風呂1分⇒森林浴ミストでの休憩3分
・ド演歌サウナ3曲⇒天然井戸水水風呂1分⇒森林浴ミストでの休憩3分
・ド演歌サウナ3曲⇒天然井戸水水風呂1分⇒森林浴ミストでの休憩5分

最後はやはり森林浴ミスト岩風呂でじっくり温まってから、ボディーシャワーで流して上がりました。

さて、荒川銭湯シールラリー最後の4湯目のマナーは、「湯船に髪の毛を浸けるのはNG」と「桶は元に戻しましょう」でした。無事銭湯マナー図解が完成し、湯内安全守りを頂きました。

f:id:kenichirouk:20200201212058j:plain

本日も良い湯と良きサウナをありがとうございました♨
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※コチラはその他の荒川銭湯シールラリーのレポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

*1:地面から湧き出す天然の温泉

*2:独特の浮遊感、多幸感で魂が昇華される様