湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

千代の湯|荒川遊園地前|トゴールの湯|湯活レポート(銭湯編)vol181

f:id:kenichirouk:20210807101227j:plain

arakawa-sento.jp

f:id:kenichirouk:20210609164947p:plain
Google マップ

【入浴日】2021/8/6:TOKYO SENTO Festival④

この日はTOKYO SENTO Festival4湯目で「千代の湯」さん再訪。
初回は夜訪問で写真もガラケーの為、今回改めて昼間のアクセスも紹介します。
最寄りの都電荒川線  荒川遊園地前駅より、三ノ輪方面ホームからは左折、早稲田方面ホームからは右折し、下の写真の路地へ。

f:id:kenichirouk:20210807101822j:plain

スーパーバリューが見えたらその先の路地を左折。

f:id:kenichirouk:20210807101914j:plain

路地の右手前方に千代の湯さんの屋号入り煙突が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20210807102038j:plain

この路地の突き当りを右折すると駅から徒歩5分程で千代の湯さん。
入口の立て看板も丁寧に書かれていて湯巡りが楽しみになります。

f:id:kenichirouk:20210807102220j:plain

この日は建物裏から、路地から見た煙突の全景も見る事が出来ました。

f:id:kenichirouk:20210807102539j:plain

入口脇には千代の湯名物「トゴールの湯」の案内が。そうそう、これです!

f:id:kenichirouk:20210807102733j:plain

それでは中へお邪魔しましょう。
実は千代の湯は、最近中の人が変わりまして、現在の店長は過去の銭湯交流会などで交流のあった「がわ」さんなのです。

twitter.com

この日開店少し前に到着し、少しご挨拶させて頂いた後、中の模様も撮影させて頂きましたので、そちらの写真も交えてレポートさせて頂きます。

 

こちらが男湯側浴室。正面は白樺の木立が描かれたタイル絵。

f:id:kenichirouk:20210807103334j:plain

沐浴で全身お清めを済ませたら、メインバスからライド温♨
メインバスは左手に座風呂とエステの水流系、右手にバイブラバス。
天然井戸水の沸かし湯が備長炭で磨かれ、42~3℃のいい温度で沸いています。
以前は45~6℃の熱湯だったそうですが、入浴客の好みも変化しており、ゆったり浸かってもらえる温度設定を心掛けているとの話でした。

f:id:kenichirouk:20210807103546j:plain

続いてお隣のトゴールの湯へ。
こちらには新潟県 栃尾又温泉のトゴールウォームタイト鉱石が詰められた箱が浴槽内に沈められており、湯温は40℃程とぬる目でじっくり楽しめるようになっています。
トゴールの湯でじっくり温まり、最後にシャワーでサッと流して上がりました。

 

ちなみに開店前に撮影した女湯側の景色は下の写真のような感じです。
女湯側の浴室正面は昇仙峡でしょうか、秋の渓谷のタイル絵ですね。

f:id:kenichirouk:20210807104917j:plain

f:id:kenichirouk:20210807105044j:plain

こちらにはアヒルちゃんも入浴客のお出迎えを待っていましたよ。
親子連れ等に沢山来てもらえるようになると良いですね。

f:id:kenichirouk:20210807105154j:plain

湯上り後、ドライヤーが無料で使用出来るのも嬉しいポイントだったりします。
お陰様でTOKYO SENTO Festivalスタンプラリー4つ目も頂きました。

f:id:kenichirouk:20210807104734j:plain

がわさん、本日も良い湯をありが湯ございました!
荒川遊園地方面へお出掛けの際は是非。

 

【入浴日】2020/1/29:荒川銭湯シールラリー②

荒川銭湯シールラリー2湯目は、「千代の湯」さんへお邪魔しました。

f:id:kenichirouk:20210807101153j:plain

千代の湯さんへは路面電車 都電荒川線(通称「東京さくらトラム」)で向かいます。

f:id:kenichirouk:20200130065028j:plain

荒川遊園地前で下車、三ノ輪橋方面降車口と早稲田方面降車口の間の荒川遊園通りをこちらの方向に直進します。

f:id:kenichirouk:20200130065242j:plain

通りの右手に生そば「埼玉屋」さんというレトロな蕎麦屋があります。

f:id:kenichirouk:20200130065346j:plain

そのまま直進し、「スーパーバリュー」さんの先の路地を左折。

f:id:kenichirouk:20200130065525j:plain

路地を入ると程なく千代の湯さんの煙突が見えてきます。

f:id:kenichirouk:20200130065656j:plain

千代の湯さんはビル型銭湯で、間口はこじんまりしていますが、玄関、脱衣所、風呂場、釜場と奥行きが広いので、このまま路地突き当りまで直進し右折。駅から徒歩5分程で千代の湯さんの看板が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20200130065928j:plain

看板を下から見上げるとこんな感じ↓

f:id:kenichirouk:20200130070026j:plain

ペルシャ猫の額がアクセントになった玄関。右手が男湯、左手が女湯です。

f:id:kenichirouk:20200130070151j:plain

この日は晴れてましたが、傘マークの傘立ても何だか可愛らしいです。

f:id:kenichirouk:20200130070314j:plain

 

それでは番台で受付を済ませて、早速浴室へ参ります。
浴室内に入ると薄靄のような湯煙の向こうに目を凝らすと湯船の向こうに岩があり、その奥に紅葉の季節の木立のタイル絵。霧深い森の中に彷徨いこんだ気分ですw

f:id:kenichirouk:20200130070421j:plain

リンスインシャンプー・ボディーソープ備え付けは立ち寄り湯には嬉しいですね。
まずはいつも通り沐浴で全身ピカピカに磨き上げてからお風呂にライド温♨
浴槽は向かって左手奥から座風呂(ジェット付き)、エステバス、バイブラバス、一番右手が薬リラックスバスで、こちらは新潟県 栃尾又温泉より取り寄せたトゴールウォームタイトを据え付けており、浴室入口には「純天然温泉 トゴール・スパシステム 三百六十五日湯けむり情緒」の掲示がしてありました。効能は、リウマチ、うちみ、くじき、あせも、冷え性等との事。
また、全ての浴槽はカランに大量の竹炭が結わえられており、お湯の浄化と遠赤外線効果で保温効果の高い湯となっています。
まずはジェット付きの座風呂からエステバス、バイブラバスと巡りますが、こちらは44℃程度の江戸前熱湯で、竹炭の遠赤外線効果とピリリと熱めのお湯の相乗効果で体の芯まで温まります。湯から上がるとポッポと火照るようで、一旦水シャワーの温冷交互浴で火照りを押さえてから右手の薬リラックスバスへ。
こちらは40℃程度の適温で良く冷えた水枕もあり、ゆったりリラックスして浸かれます。眼前に巨岩と木立のタイル絵を眺めながら暫しのんびりさせて頂きました。
最後はシャワーでサッと流してから上がりました。

 

ちなみにHPによると女湯は紅葉が鮮やかな渓流のタイル絵のようです。

f:id:kenichirouk:20200130070439j:plain


湯上り後、火照った体を冷ましながら荒川銭湯シールラリーで銭湯マナー図鑑にシールを貼ります。2湯目のマナーは「カランの独占禁止」と「毛染め禁止」でしたw

f:id:kenichirouk:20200130072615j:plain
本日も良い湯をありがとうございました♨
お近くへお越しの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、店舗紹介ページより拝借しております。
※コチラはその他の荒川銭湯シールラリーの入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com