湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

松の湯|志村三丁目|湯活レポート(銭湯編)vol532

f:id:kenichirouk:20201126064321j:plain

1010itabashi.or.jp

f:id:kenichirouk:20201122203403p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/11/25

 

この日は板橋方面へ足を伸ばし「松の湯」さんへお邪魔しました。
松の湯さんへは、都営三田線 志村三丁目駅改札を出て駅前通りを左手方向へ。

f:id:kenichirouk:20201126064431j:plain

こちらの白い館の看板が見えたら左折して高架を潜り直進。
良く見ると右手に松の湯さんの♨の看板が見えています。

f:id:kenichirouk:20201126064519j:plain

建物裏手駐車場からは松の湯さんの八角形の湯気抜き窓と太い煙突も見られます。

f:id:kenichirouk:20201126064756j:plain

それでは中へ参りましょう。

f:id:kenichirouk:20201126064904j:plain

中に入ると広くて明るいロビー。

f:id:kenichirouk:20201126064938j:plain

 

何はともあれ受付を済ませて浴室へ参ります。
脱衣場天井は設えが見事な折り上げ格天井。
浴室に入ると、正面には男女浴室に跨る見事なセンター赤富士が広がり、天井には冒頭の外観で見た珍しい八角形の湯気抜き窓を見る事が出来ました。

f:id:kenichirouk:20201126065136j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速内湯からライド温♨
メインバスは正面向かって手前右手が電気風呂、奥は右からボディジェット、ハイパージェット、リラックスバス。まずはこちらで軽く凝りほぐし&血行促進。
続いて画面下お隣の薬湯へ。この日はコバルトブルーのラベンダー&カミツレの湯。カミツレの甘い芳香が鼻腔をくすぐり、大変心地よい浴感。

f:id:kenichirouk:20201126065509j:plain

軽く温まったところで露天岩風呂へ。半露天ですが、窓面が開放されて外気が入っており、湯けむりが立ち込めて温泉場の風情が楽しめます。

f:id:kenichirouk:20201122204910j:plain

 

全身十分温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
松の湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターでこの日のコンディションは95℃。

f:id:kenichirouk:20201122204625j:plain

サウナ室のBGMはド演歌で、この日分かるだけで以下の曲が流れていました。
皆様もご視聴の上、ド演歌サウナの世界へ想いを馳せてみてくださいw


26おんなの出船-松原のぶえ


八代亜紀 / 雨の慕情


安倍里葎子with橋幸夫 今夜は離さない


水森かおり 安芸の宮島 M★


KBD781 与作 北島三郎 (1978年発売)1981 vL

発汗後はサウナ室隣の水風呂へ。水温は19℃で金獅子の吐水口から新鮮な水がザバザバ投入されており、心地よくクールダウン。クールダウン後は露天エリアの休憩椅子で暫し休息。外からの外気と露天岩風呂の湯けむりが入り混じった空気に全身包まれディープリラックスのひととき。
この日は水通しを挟み、以下2セットで心地よくリラックスする事が出来ました。

・ド演歌サウナ3曲⇒水風呂1.5分⇒露天外気浴3分
・ド演歌サウナ3曲⇒水風呂1.5分⇒露天外気浴5分

仕上げはコバルトブルーのラベンダー&カミツレの湯でカミツレの薫りに包まれながらじっくり体の芯まで温まり直し、熱めのシャワーで軽く流して上がりました。

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、板橋区浴場組合HP等より拝借しております。