湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

宝湯|宇都宮市唯一の銭湯|湯活レポート(銭湯編)vol654

f:id:kenichirouk:20211026070105j:plain

public-bath-557.business.site

f:id:kenichirouk:20211024105431p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/10/24

 

この日は宇都宮方面へ足を延ばしついでに「宝湯」さんへ行って参りました。
宝湯さんへは、JR宇都宮駅から歩くにはかなり距離がある為、西口1番バス乗場より関東バスを利用します。

f:id:kenichirouk:20211026070156j:plain

秋はつるべ落としのように日が暮れるのが早く、宇都宮駅から乗車した時はまだ日があったのに、バス停を一つまた一つと通過する度に日が沈み、最寄りの19停留所目、福祉プラザバス停に到着する頃にはトップリと日が暮れていました。
さて、バスを降りたら、若戸通りをまずは矢印の方向に進みます。

f:id:kenichirouk:20211026070235j:plain

一つ目の信号で魚べえさんの手前を右折。

f:id:kenichirouk:20211026070257j:plain

宇都宮駅からはバスで30分弱、バス停から徒歩5分程で宝湯さん到着。

f:id:kenichirouk:20211026070401j:plain

建物裏手からは宝湯さんの煙突から白煙が上がる様も見る事が出来ました。

f:id:kenichirouk:20211026070444j:plain

それでは暖簾を潜って中へお邪魔します。
実は私にとって、これが栃木県銭湯初訪問。
宝湯さんは宇都宮市唯一の銭湯であり、かつ栃木県唯一のサウナ付き銭湯です。

f:id:kenichirouk:20211026070538j:plain

 

帰りの電車の時間の事もありましたので、早速フロントで受付を済ませ浴室へ。
白基調の綺麗な浴室で、正面には露天外気浴エリアがあります。

f:id:kenichirouk:20211026070641j:plainいつも通り沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
まずは正面のメインバスの座湯とバイブラで軽く血行促進。
続いて奥の薬湯は赤ワインの湯で、ワインの香りに包まれ心地よく温もります。

f:id:kenichirouk:20211026070726j:plain

 

しっかり下茹でを済ませたところで、サウナ室へもお邪魔します。
宝湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターで、この日のコンディションは106℃。
なかなかの灼熱系サウナでガッツリ発汗が楽しめます。

f:id:kenichirouk:20211024105916j:plain

発汗後はサウナ室前の水風呂へ。こちらは水温18℃でバイブラ付き。
天然井戸水が吐水口からザアザア掛け流されており、天然ミネラルウォーターが全身を包んで爽快クールダウン。横のカランにはコップも用意されており飲める水風呂w
クールダウン後は露天外気浴エリアへ。写真は公式HPからの拝借で何も描かれていませんが、この日は露天エリア正面の壁には湖に浮かぶフェリーの絵が描かれていました。ととのい椅子が10脚程並び大型扇風機まで備えた贅沢な休憩スペースで心地よくととのえます。この日は帰宅時間もある為、以下2セットでフィニッシュ。

・サウナ10分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・サウナ12分⇒水風呂1.5分⇒休憩5分

仕上げは再度赤ワインの薬湯でワインの香りに包まれながら体の芯まで温まり、シャワーで軽く流して上がりました。

 

ちなみに女湯の露天エリア正面はHPによると富士山のペンキ絵のようです。

f:id:kenichirouk:20211026070837j:plain

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
宇都宮方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、公式HPより拝借しております。
※コチラはその他の栃木県銭湯散歩のレポートです↓