湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

スパ&ホテル舞浜ユーラシア|湯活レポート(温泉編)vol119

f:id:kenichirouk:20210520051113j:plain

www.my-spa.jp

【所在地】千葉県浦安市千鳥13-20

Google マップ

【入浴日】2021/5/19
【泉質】含よう素ーナトリウムー塩化物強塩泉(高張性・弱アルカリ性・温泉)ph7.6

 

この日は「舞浜ユーラシア」さんを初訪問して参りました。
舞浜ユーラシアさんの最寄は京葉線 舞浜駅。徒歩でも20分強ですが、この日は雨天でした為、送迎バスを利用します。送迎バス乗場があるのは南口。南口改札を抜けるとディズニーランド&シーワールドが広がっていますが、目もくれずバス乗場へw

f:id:kenichirouk:20210520052041j:plain

f:id:kenichirouk:20210520052110j:plain

南口正面の階段右手側を下ったところがバス乗場。

f:id:kenichirouk:20210520052331j:plain

円型ロータリーをグルリと回って「C-3」の張り紙がある柱より毎時05分、25分、45分と3本の無料シャトルバスが出ています。

f:id:kenichirouk:20210523061203j:plain

シャトルバスなら駅から5分程で舞浜ユーラシア到着。
舞浜ユーラシアさんは、その名の通り古代ユーラシア大陸がテーマとなっており、館内至る所に古代ユーラシア大陸やシルクロード史に纏わる絵画やオブジェが展示されています。

f:id:kenichirouk:20210523061831j:plain

1Fにはフロアインフォメーションが有り、受付はエスカレーターで3Fフロントへ。

f:id:kenichirouk:20210520053007j:plain

3Fエントランスからしてお洒落です。

f:id:kenichirouk:20210520053425j:plain

3Fフロントで受付を済ませたら、螺旋階段を上って4F大浴場へ。

f:id:kenichirouk:20210520054020j:plain

4F鍾乳洞風フロアのカウンターでタオルや館内着、歯ブラシ、髭剃り等必要なアメニティを受け取り、いざ大浴場へLet’s go!!

f:id:kenichirouk:20210520054759j:plain


アメニティも駆使して沐浴で全身お清めを済ませ、早速内湯からライド温♨
まずはアトラクションバスの各種水流バスで軽く全身を揉みほぐし。

f:id:kenichirouk:20210520054922j:plain

続いて内湯の温泉浴槽へ。
舞浜ユーラシアさんの源泉は、地下1,700mから汲み上げた21,000年前の天水由来の黄金色に輝く含よう素ーナトリウムー塩化物強塩泉。成分総計33,500㎎/㎏と温泉法の定義の33.5倍の特濃源泉です。内湯は50%の濃度という事で、加水加温されていますが、源泉濃度が濃い為、十分効能を感じられます。

f:id:kenichirouk:20210520074922j:plain

内湯で軽く温まったところで露天風呂へ移動。
この日は水曜日で男湯露天エリアにドーム風呂ハンマムがある日でした。
ドーム型の浴室に浴槽と大理石の座椅子が並ぶ所謂ローマ風風呂。
湯に浸かり、大理石の座椅子で休んで、気分は「テルマエ・ロマエ」w

f:id:kenichirouk:20210520063420j:plain

続いて三深の湯へ。コチラは3方それぞれの深さが50㎝、60㎝、1mと3タイプの深さとなっており、好みの深さで温泉が満喫出来ます。私はタップリの湯が好みなので、1mの深い浴槽でに浸かり、傷を癒し体を温める保温効果の高い源泉を堪能。

f:id:kenichirouk:20210502073352j:plain

涅槃の湯が空いたところで、こちらへ移動し寝転んで暫し休憩。
ちなみにこちらも源泉掛け流しです。

f:id:kenichirouk:20210502073305j:plain

露天の〆は、黄金の湯。湯の色が一番濃いですが、黄金の湯には泉温40.2℃の源泉が掛け流されています。ツルツル感も感じられるお湯には、メタケイ酸という化粧水成分も133.5㎎/㎏と規定値の2.67倍含まれており、保温効果に加え保湿効果も高い美肌の湯でもあります。こちらで心ゆくまで黄金色の源泉を味わい尽くします。

f:id:kenichirouk:20210502074441j:plain

 

内湯と露天でしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
舞浜ユーラシアさんのサウナは3種類。温度の低い所から順番に巡ります。
まずは蒸気浴カルダリウム(45℃)
スチームサウナですが、中央に塩が盛られていて塩サウナとしても楽しめます。

f:id:kenichirouk:20210502075455j:plain

発汗後はシャワーで塩を洗い流し、サウナエリアにある水風呂(17.3℃)へ。

f:id:kenichirouk:20210502075646j:plain

クールダウンのお楽しみはこの後も。実は内湯の冷や湯が二段クールダウンにおススメ!こちらには源泉50%のお湯が31.2℃で提供されていて、水風呂の後に入ると浮遊感と黄金色の湯の揺らぎだけでととのいそうになります。冷や湯を出ると塩サウナとの相乗効果でお肌がトゥルントゥルンになったのを実感出来ます。

クールダウン後は露天外気浴。この日は小雨模様でしたが、リクライニングチェアに横になり軽く目を瞑ると霧雨の雨粒一つ一つが瞼に落ちて来るのが見えるようでディープリラックスの世界へ突入。

露天外気浴でととのったところで、お次はケロサウナ(70℃)
ケロとは北極圏より北に位置するフィンランド北部のラップランド地方で採れる松材で、樹齢は200年以上、立ち枯れて枝や葉が落ち、更に40年以上経ったもののみがケロと呼ばれるそうで、大変貴重な木材なのだそうです。釜内のツインのストーブにサウナストーンが積まれ、ケロ材からの輻射熱も柔らかでゆったり発汗が楽しめます。

f:id:kenichirouk:20210502075736j:plain

3種のサウナのラストはフィンランド式サウナ(88℃)。ロッキーサウナのマイルドな対流熱がサウナ室を満たし、コチラも心地よい発汗が楽しめます。

f:id:kenichirouk:20210502080211j:plain

この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・蒸気カルダリウム10分⇒水風呂1.5分⇒冷や湯1分⇒露天外気浴3分
・ケロサウナ10分⇒水風呂1.5分⇒冷や湯1分⇒露天外気浴3分
・フィンランド式サウナ12分⇒水風呂1.5分⇒冷や湯1分⇒露天外気浴5分

仕上げは露天の黄金の湯で再度体の芯まで温まり、手桶に汲んだかけ流し源泉で絞ったタオルで全身を軽く拭き上げて上がりました。

 

この日は利用しませんでしたが、舞浜ユーラシアさんには岩盤浴「ポンペイ」もあり、岩盤浴と、岩盤浴着で楽しめるビューサウナがあります。
またの機会がありましたら利用してみたいですね。

www.my-spa.jp

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
浦安方面の立ち寄りやディズニーランド帰りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、施設にご了承を頂き公式HPより拝借しております。