湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

カプセルプラス横浜|湯活レポート(サウナ編)vol56

f:id:kenichirouk:20210501070721j:plain

capsule-plus.jp

【所在地】神奈川県横浜市西区北幸2-1-5

Google マップ

【入浴日】2021/4/30

 

この日は2021/3/1 OPENした「カプセルプラス横浜」さんへ行って参りました。
カプセルプラス横浜さんへは、横浜駅西口を出て左手JOINAS方向へ。

f:id:kenichirouk:20210501080056j:plain

内海橋交差点を渡り帷子川の向こう側へ。

f:id:kenichirouk:20210501080217j:plain

突き当りを左折、次に一本目を右折し、下の写真の通りへ入ります。

f:id:kenichirouk:20210501080744j:plain

ちょっとセットバックしていますので、分かりづらいですが、駅から徒歩4~5分で通りの左手にカプセルプラス横浜さんがお目見えします。

f:id:kenichirouk:20210501081745j:plain

中へ入るとスタイリッシュなエントランス。

f:id:kenichirouk:20210501081849j:plain

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。

f:id:kenichirouk:20210501081923j:plain


まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速バイブラ付きのジャグジーバスへライド温♨
しっかり温まったところでサウナ室へお邪魔します。
カプセルプラス横浜さんのサウナはロッキーサウナで、この日のコンディションは103℃。セルフロウリュ*1可能で、ロウリュ用の水の入った桶が置いてあります。

f:id:kenichirouk:20210424210741j:plain

サウナストーンが乾燥しているのを確認し、先客に断ってラドル*2で1杯の水を静かにサウナストーブに注ぎます。ジュワッーと湯気が立ち上り、やがて頭上より高温の蒸気がゆっくり降り注ぎます。鮮烈な杉板の薫りが芳ばしくじっくり発汗のひととき。
※ちなみにセルフロウリュ出来る場合は、サウナストーンが十分に乾いており、掛けると同時にジュ―ッと爆ぜる程度に間を開けて行いましょう(目安は10~15分に1回程度)。ラドルのサイズにもよりますが、コンパクトなサウナの場合は、1~2杯で十分な熱気と湿度が得られます。掛け過ぎるとサウナストーンが冷えてサウナ室全体が冷えたり、サウナストーブが壊れる原因となりますので要注意!

発汗後はサウナ室前の水風呂へ。こちらは水温17℃の静水ですが、常時新鮮な冷水が注がれていて心地よくクールダウン。
クールダウン後はリクライニングチェアでリラックス。頭上で天井扇が旋回し、微風が全身を撫でる為、秒でととのいそうになりますw
この日は以下3セット楽しませて頂きました。

・ロッキーサウナ7分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・ロッキーサウナ10分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・ロッキーサウナ12分⇒水風呂2分⇒休憩5分

仕上げはジャグジーバスで温まり直し、熱めのシャワーで流して上がりました。

 

湯上り後、脱衣場の脇に休憩スペースがあり、一息つけるようになっています。

f:id:kenichirouk:20210501085949j:plain

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
横浜方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、施設のご了承を頂き、公式HPより拝借しております。

*1:ロウリュはフィンランド語で「蒸気」の意味。サウナストーブへ水を注ぎ高温蒸気を発生させ、サウナ室の湿度を保つと共に体感温度を上げ発汗を促進する行為を含めこう呼ぶ。

*2:ロウリュ用の水を掬う柄杓の事