湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

岩乃湯|下赤塚|湯活レポート(銭湯編)vol523

f:id:kenichirouk:20201104193601j:plain

1010itabashi.or.jp

f:id:kenichirouk:20201101074751p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/11/4

 

この日は東武練馬のイオンシネマ板橋にて今話題沸騰中の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』を見た流れで、下赤塚の「岩乃湯」さんへ。

kimetsu.com

映画の感想は、一言、素晴らしかったです。こちらの内容は是非劇場でご確認下さい。内容だけなら後でDVDで見ても良いですが、これは劇場で大スクリーンで見る価値のある映画だと思います。

さて、私は映画鑑賞後、東武練馬からチャリンコで岩乃湯さんへ向かいましたが、電車の方の為に東武東上線 下赤塚駅からのアクセスも紹介しておきますね。
東武東上線 下赤塚駅からですと北口を出て正面の赤塚壱番街へ。

f:id:kenichirouk:20201104193730j:plain

突き当りのレトロな美容室さつきが見えたら、そこで右折。

f:id:kenichirouk:20201104193818j:plain

その先2本目の路地を左折すると駅から徒歩6~7分で岩の湯さん。
キュビズムを髣髴とさせるスタイリッシュな外観は、看板が無いと一見銭湯と分らないかも知れません。

f:id:kenichirouk:20201104195450j:plain

建物横からは岩の湯さんの特徴的な煙突。煙突口もスクエアでキュビズム志向w

f:id:kenichirouk:20201104200431j:plain

中に入ると奥行が広いタイルカーペットの和やかなロビー。

f:id:kenichirouk:20201104200403j:plain

受付を済まそうとフロントに向かうと猫ちゃんが!
この子は看板猫の「茶々丸」だそうです。「やる気はある」。。。らしいですw

f:id:kenichirouk:20201104200458j:plain

それでは無事受付を済ませ浴室へ。男湯は左側です。

f:id:kenichirouk:20201104200528j:plain

 

浴室入口にはかけ湯。
白基調の中、洗い場の薄桃色のタイルがアクセントになった浴室内。

f:id:kenichirouk:20201101081816j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
メインバスはジェット座風呂にバイブラバス。まずはこちらで軽く血行促進。

f:id:kenichirouk:20201101081831j:plain

続いてそのお隣の薬湯へ。
この日は白濁りの薬湯で、こちらにじっくり浸かって体の芯まで温まります。

 

お風呂で体も温まったところでサウナ室へ。
岩乃湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターでこの日のコンディションは94℃。
しっかり蒸されて発汗した後は、サウナ室前の水風呂へ。
水温は20℃程ですが、この季節はゆったり浸かれて程よくクールダウン。
この日は以下3セット。

・サウナ7分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・サウナ10分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・サウナ12分⇒水風呂1.5分⇒休憩5分

仕上げは白濁りの薬湯にじっくり浸かって温まり直し、熱めのシャワーでザっと流して上がりました。


本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、板橋区浴場組合Webサイトより拝借しております。