湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

湯活レポート(銭湯編)vol256. 喜多見銭湯散歩①「丸正浴場」

f:id:kenichirouk:20200718090004j:plain

www.setagaya1010.tokyo

f:id:kenichirouk:20200717211403p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/7/17

 

この日は喜多見銭湯散歩で1湯目に「丸正浴場」さんへお邪魔しました。
丸正浴場さんへは、小田急線 喜多見下車、南口を出てロータリー左手正面の喜多見商店街を直進します。

f:id:kenichirouk:20200718090249j:plain

突き当たりの世田谷通りを左折。

f:id:kenichirouk:20200718090355j:plain

その先1つ目の路地を右折し、こちらのY字路を右手へ。

f:id:kenichirouk:20200718090439j:plain

喜多見駅から徒歩11~2分で右手に丸正浴場さんが見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20200718091920j:plain

裏手からは白煙を上げる見事な煙突の全景を見る事が出来ます。

f:id:kenichirouk:20200718091945j:plain

中に入ると赤い絨毯が鮮やかなロビー。ウォーターサーバーが設置されています。

f:id:kenichirouk:20200718092057j:plain

それでは受付を済ませて、浴室へお邪魔します。

 

浴室に入ると開放的な高い天井、正面には熱帯魚が舞い踊るタイル絵。

f:id:kenichirouk:20200718092332j:plain

この日1湯目ですので、丁寧に沐浴で全身お清めし、まずはお風呂へライド温♨
メインバスは右手がバイブラバスで左手が座ジェットバス。メインバス全体が薬湯で、この日はクリスタルブルーのヒノキオイルの湯。
座ジェットで軽く凝りをほぐし、広いバイブラバスに身を鎮め青く波打つ湯面を眺めていると、正面のタイル絵のせいか、海の中にいる気分になりました。

f:id:kenichirouk:20200718092351j:plain

海底温泉気分で体の芯まで温まったところで、お次はサウナ室へ♪

 

丸正浴場さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターでこの日の室温は86℃。
マイルドな輻射熱にソフトに包まれるGoodサウナでじっくり発汗。

f:id:kenichirouk:20200717123524j:plain

サウナ室内にはムードミュージックが流れ、BGMもソフトでマイルドですw

※コチラはムードミュージックのイメージです。ムードミュージックサウナの雰囲気をどうぞ♪


ポール・モーリアベスト18曲

写真は無いですが、実は丸正浴場さんは水風呂が秀逸です。
多摩川の畔、地下95mから汲み上げる薄茶濁りの冷水は、化粧水成分メタケイ酸豊富な古代植物質の成分を含む鉱泉水。水温は22℃程ですが、スベスベ感もあり、マイルドに全身をクールダウンしてくれます。
この日は以下2セットで、快適に❝ととのう❞*1事が出来ました。

・サウナ10分⇒鉱泉水水風呂1分⇒休憩3分
・サウナ12分⇒鉱泉水水風呂1分⇒休憩5分

仕上げはバイブラバスで再び海底温泉気分を味わって、じっくり温まり直してから、鉱泉水水風呂の水を風呂桶に汲んでタオルを絞り、体を拭きあげて上がりました。


本日も良い湯と良きサウナをありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪
※浴室内は撮影不可の為、世田谷区浴場組合Webサイトより拝借しております。
※コチラは喜多見銭湯散歩②「お湯どころ野川」さんの入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

*1:サウナ⇒水風呂⇒休憩のループで魂が海底温泉の竜宮城へ招待される様w