湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

ゲルマバス黒湯でモール泉を再現してみた|湯活レポート(入浴剤編)vol.5

黒湯f:id:kenichirouk:20200405214042j:plain

【入浴日】2020/4/6

1.自粛中の過ごし方

コロナ禍で緊急事態宣言発令の中、皆様いかがでしょうか?
健康を守る事、経済を守る事、全国に緊急事態宣言が発令された事で、皆様大変な事かと存じます。経済についての答えはなかなか見えない為、答えが出しづらいですが、健康については、各位工夫されている事かと存じます。こちらは湯活ブログですので、主に湯活を主体に健康面の維持について記載してみたいと思います。

湯活のススメ管理人の巣籠り中の過ごし方は以下の通り。

①ラジオ体操(湯活のススメ管理人、息子の休校中の宿題でもありますw)
②近所を散歩(目安、1h、4㎞、6,000~9,000歩程度)
 ※出来れば川沿いや公園等空気が綺麗な所が良いが、人手が多い場合は交通量の少ない住宅街
 ※人間の活動の制約のせいか、心なしか空の青や木々の緑、鳥の囀りや川面の煌めきが澄み渡っている気もしますが、その辺りもポジティブに捉えて楽しむようにしましょう!
③自宅風呂で入浴剤を使用しての湯活
 ※入浴剤は、出来るだけ自然素材の物、人口着色料の使用の少ない物を選定
 ※入浴剤には残留塩素を中和し、肌に優しいお湯に変える効果が期待できます。
 ※入浴剤には他に保温・保湿・血行促進・リラクゼーション等の効果があります。
④規則正しい食事
 ※出社等の時間的制約がない分、消化の為にも早めの夕食に心掛けています
⑤十分な睡眠
 ※時間もそうですが、早寝・早起きに心掛け生活リズムを崩さないようにしています。

当たり前の事ばかりですが、自粛でコロナに罹患しない事が大前提ではありますが、万が一罹患しても発症しない、発症しても重症化しない、コロナ以外の事にも負けないよう、心身を健康に保ち、免疫力を上げて、より健康な体を手に入れるチャンスとポジティブに捉えて、自粛明けにアグレッシブに動く自分をイメージしながら過ごしましょう。論より証拠、私自身、温浴活動中心に健康に心掛けてきて、大卒よりこれまで30年間、一度も病気による欠勤・遅刻・早退は無し、ここ数年は風邪すら引いてませんw

尚、余談ですが、現在の自粛は5/6でズバッと解消されるものではなく、恐らく最短でも数か月、米ハーバード大の研究チームの予測によれば2022年までの自粛が必要になるとの試算もあり、コロナ自体もウイルスですから変異もすれば、コロナ以外のウイルスも恐らく世界に何億種類とあり、その中には人に有益な物も有害な物もある筈ですから、長期戦になるのであれば、これらウイルスとどう共存共栄して折り合いを付けていくかという視点も必要になる筈です。

www.asahi.com

そうした際にも緊急自粛宣言の発出、解除、延長等に一喜一憂するのではなく、どのような状況下に置かれても心身を健全に保つ事が出来るのは自分自身しかいないという覚悟と、このサバイバルゲームを生き抜く事を楽しむ心境も必要と感じる次第です。多少なりともご参考になる点がございましたら幸いです。

 

2.ゲルマバス黒湯

さて、当面自粛要請が続く中、温泉、銭湯、サウナに行けないのは湯活のススメ管理人としても残念で、苦境にあえぐ施設にも申し訳ない限りですが、今出来る支援と自粛解除後の貢献は別に考えるとして、こちらでは風呂無しの方の公衆衛生を保つ為の公衆浴場(銭湯)ご利用者以外の皆様の為に自宅風呂で楽しむ入浴剤シリーズを当面お届けして参りたいと思います。
手始めにこの日は自宅風呂で黒湯温泉を再現してみました。使うのは㈱石澤研究所さんのゲルマバス。こちらは銭友のちーさんから、モール泉(いわゆる黒湯温泉)を彷彿とさせる、なかなかスゴイ一品とのタレコミ!?がありましたw

note.com

リラク泉 ゲルマバス黒湯 40g

リラク泉 ゲルマバス黒湯 40g

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

まずは熱めにお湯*1を張ってゲルマバス黒湯を投入~♪

f:id:kenichirouk:20200406221606j:plain

どうです!これはなかなかの黒湯感ですよね~w

f:id:kenichirouk:20200406221636j:plain

 

さてさて、いつも通り沐浴で丁寧に全身をお清めし、いざ入湯~♨

f:id:kenichirouk:20200406221739j:plain

※相変わらずお見苦しい点はご容赦願いますw
クゥゥゥゥ~。。。これはなかなか心地よい刺激がw
モール泉特有のツルツル感も少しあるようですが、硫黄成分が含まれている為、ほんのり硫黄泉の薫り。有機ゲルマニウム、死海の泥、天然塩、トウガラシエキスと発汗成分が多数配合されている為、2~3分も入浴すると額に薄っすら汗が浮かびます。そこからはゆっくりリラックスしながら7~8分でじっくり体の芯まで温まりました。

 

湯上がり後も暫く汗が引かず、軽装で暫し休憩。
本日もお陰様でしっかり新陳代謝を上げる事が出来ました。感謝♨♨
ゲルマバス、黒湯温泉とはまた一味違う浴感、是非お試しください。


※コチラは湯活データベース(入浴剤編)です。スゴイ入浴剤続々!併せてご覧ください↓

yukatsu.hatenablog.com

*1:発汗系の入浴剤の場合、少し熱め、大体42℃前後でのお湯張りが発汗が促進される為、お薦めです