湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

親松の湯|白楽|湯活レポート(銭湯編)vol.680

f:id:kenichirouk:20210518074734j:plain

k-o-i.jp

f:id:kenichirouk:20210518074955p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/5/17

 

この日は横浜方面へ所用ついでに「親松の湯」さんへ行って参りました。
親松の湯さんへは、東急東横線 白楽駅下車、改札正面を直進し、大通りを左折。

f:id:kenichirouk:20210518075223j:plain

こちらの賑やかな通りは六角橋商店街です。

f:id:kenichirouk:20210518075300j:plain

商店街をそぞろ歩き、六角橋商店街を抜けたところで六角橋交差点を右折。

f:id:kenichirouk:20210518075330j:plain

少し進んで下の写真のクリーニング店の手前のY字路で左折。

f:id:kenichirouk:20210518075641j:plain

駅から徒歩8分程、路地の右手に親松の湯のシンボル松の木が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20210518075729j:plain

ちなみにクリーニング店を直進した先の駐車場からは、赤いネオン管が光る親松の湯さんの煙突全景も見られます。

f:id:kenichirouk:20210518075801j:plain

こちらはコインランドリー側から見た親松の湯さん。シンボルの松が絵になります。

f:id:kenichirouk:20210518075831j:plain

それでは中へお邪魔します。超軟水の案内が湯心を誘いますw

f:id:kenichirouk:20210518075903j:plain

中はフロント式で奥に広いロビーが広がっています。

f:id:kenichirouk:20210518080006j:plain

 

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。
脱衣場は見事な折り上げ格天井、男女脱衣場入口側の壁には画題は分かりませんでしたが立派な絵画、男湯側には巨大な鯉の剥製に浴室入口上には巨大な額に入った書。さながら古美術館の様相です・
浴室に入ると窓からは中庭の池と悠々と泳ぐ鯉も見られます。

f:id:kenichirouk:20210518080032j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
左手は座湯付の深湯、中央は寝湯で、右手がラドン浴室です。
座湯付の深湯と寝湯で軽く温まり、ラドン浴室へ移動。コチラは薬湯になっており、この日はレモンイエローのアロマティックバス グレープフルーツ&レモングラスの香り湯でした。ラドン風呂×薬湯はかなり珍しいようですが、ラドン風呂の効能は呼気吸入が効果的な事から、香りを楽しめる意味では薬湯との相性は良いかも知れません(私個人的にはかなりお気に入りでした)。

 

しっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
親松の湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターで、この日のコンディションは95℃。
BGMは大音量の歌謡曲&洋楽サウナでリズムに乗ってサウナ浴が捗ります。
聴き取れた楽曲のみコチラへUPしておきますので、皆様も雰囲気だけでも、歌謡曲サウナの世界をお楽しみくださいませ。

youtu.be

youtu.be

youtu.be

youtu.be

youtu.be

発汗後はサウナ室前の水風呂へ。こちらは水温20℃。
この日は以下2セット楽しませて頂きました。

・歌謡曲サウナ3曲⇒水風呂2分⇒休憩3分
・歌謡曲サウナ3曲⇒水風呂2分⇒休憩5分

仕上げはラドン風呂×薬湯のハイブリッドバスで再度体の芯まで温まり、熱めのシャワーで軽く流して上がりました。

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
横浜方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、神奈川県浴場組合Webサイトより拝借しております。