湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

浜町浴場|船橋競馬場|湯活レポート(銭湯編)vol.620

f:id:kenichirouk:20210413065254j:plain

h3syopa0.html.xdomain.jp

f:id:kenichirouk:20210413065622p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/4/12

 

この日は船橋方面へ出掛けついでに「浜町浴場」さんへ行って参りました。
浜町浴場さんへは、船橋競馬場駅下車、南口階段を下り駅前の千葉街道を直進。

f:id:kenichirouk:20210413065753j:plain

船橋市宮本歩道橋を超えたら左折。

f:id:kenichirouk:20210413065916j:plain

京葉道路を超えた先、船橋競馬場、競輪、オートレース場手前の路地を右折。

f:id:kenichirouk:20210413070056j:plain

f:id:kenichirouk:20210413071736j:plain

右手に浜町公園が見えたらもうすぐ。公園を通り過ぎた先を左折。

f:id:kenichirouk:20210413071909j:plain

駅から徒歩7分程で浜町浴場さん到着。

f:id:kenichirouk:20210413072022j:plain

建物裏手の浜町浴場さんの煙突からは白煙も立ち昇っていました。

f:id:kenichirouk:20210413072141j:plain

中へお邪魔するとロビーでは、ショーケースのキャラクターが総出でお出迎え。

f:id:kenichirouk:20210413072354j:plain

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。
この牛乳石鹸暖簾はかなり珍しいですね。フロントを挟んで男湯は左手です。

f:id:kenichirouk:20210413072426j:plain


まずはいつも通り沐浴で全身お清めを済ませ、早速内湯からライド温♨

f:id:kenichirouk:20210413073159j:plain

全体像が分かりづらいので、私の拙い図解も交えレポートして参ります。

f:id:kenichirouk:20210413073500p:plain

浜町浴場さんの内湯はかなり変わったレイアウトで、クランクした奥側の湯口からザアザア新湯が流されていますが、こちらはかなりぬる目のお湯で、手前に行くに従って熱めの浴槽になる不思議。全ての浴槽が繋がっていて、手前の深湯からはオーバーフローしたお湯が排水口に流れ落ちています。上流から下流に湯巡りで流れて、軽く血行促進。
軽く温まったところで露天薬湯へ。この日は季節の和湯「桜爛漫」。薄紅色のお湯ですが、中に浸かると肌が桜色に染まります。都内近郊の桜は散りましたが、浜町浴場さんの露天風呂では桜満開ですw

 

露天薬湯でしっかり温まったところで、サウナ室へもお邪魔します。
浜町浴場さんのサウナはスチームサウナで、この日のコンディションは50℃。
発汗後はサウナ室向かいの冷水ジュビナシャワーへ。
クールダウン後は、露天薬湯の桜色を愛でながらの露天外気浴。
仕上げは露天薬湯に浸かり直して、再度体の芯まで温まり、熱めのシャワーで軽く流して上がりました。

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
船橋方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内写真は過去の千葉県浴場組合パンフレットより拝借しております。