湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

松の湯|京成稲毛|湯活レポート(銭湯編)vol621

f:id:kenichirouk:20210507092547j:plain

iiofuro.com

f:id:kenichirouk:20210626155407p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/5/6

 

この日は千葉方面へ所用ついでに「松の湯」さんへ行って参りました。
松の湯さんへは、JR稲毛、京成稲毛両方から行けますが、京成稲毛の方が近い為、そちらからのアクセスをご紹介しておきます。京成稲毛駅 千葉中央方面改札を出たらクルリと振り返り京成線沿いの道を進んで参ります。

f:id:kenichirouk:20210507093024j:plain

右手に稲丘第一橋が見えたら、そちらで京成線を渡り、正面陸橋手前を左折し、再び京成線沿いを更に先へ進みます。橋の上から松の湯さんの煙突が見えています。

f:id:kenichirouk:20210507093446j:plain

駅から徒歩10分程でヘアサロンの隣に松の湯さんが見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20210507111813j:plain

建物裏手では松の湯さんの煙突が雄々しく空に向かって伸びていました。

f:id:kenichirouk:20210507112122j:plain

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。
浴室正面は西伊豆23.4.4と書かれた銭湯絵師 丸山清人氏の手によるセンター富士。
描かれてから10年が経過し所々剥げていますが、まだまだ雄大さは伝わって来ます。

f:id:kenichirouk:20210430090227j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
お風呂は奥がジェット付き座風呂、センターが深湯で手前がバイブラ付き浅湯。
松の湯さんのお湯は天然井戸水の沸かし湯ですので肌触りが柔らかいです。
両サイドの浴槽で血行促進し、センターの深湯でじっくり温まります。

f:id:kenichirouk:20210430090325j:plain

写真奥の小部屋はスチームサウナでしたが、現在故障中で使用は叶いませんでした。
残念ですが、仕方ないですね。

井戸水沸かし湯でしっかり温もり、熱めのシャワーで流して上がりました。
帰りは湯冷ましを兼ねて夕涼みしながら京成稲城を通り過ぎJR稲城駅方面から家路に。京成稲城駅からJR稲城駅までは徒歩で10分程ですね。

 

本日も良い湯をありが湯ございました。
稲毛方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。