湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

宮の湯|木更津市唯一の銭湯|湯活レポート(銭湯編)vol577

f:id:kenichirouk:20210712220626j:plain

f:id:kenichirouk:20210712230422p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/7/12

 

この日は房総方面へ足を伸ばし「宮の湯」さんへ行って参りました。
宮の湯さんへは、内房線 木更津駅西口を出てロータリー左方向へ。

f:id:kenichirouk:20210712220726j:plain

ロータリーを抜けた先、みまち通り手前の下の写真の通りへ進みます。

f:id:kenichirouk:20210712220827j:plain

暫く進むと通りの右手に宮の湯さんの看板と電光掲示板が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20210712221105j:plain

看板に従って路地を入ると、駅から徒歩4~5分で宮の湯さん到着。

f:id:kenichirouk:20210712221138j:plain

裏手駐車場側からは梅雨間の蒼天に聳える煙突も仰ぎ見る事が出来ました。

f:id:kenichirouk:20210712221217j:plain

中に入るとフロント式で広いロビーが広がっています。

f:id:kenichirouk:20210712221335j:plain

 

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。
浴室正面には港町のバックに雄大な富士山のペンキ絵。25.12.18ナカジマと雅号が入り、銭湯絵師 中島盛夫氏による作品と判ります。
※写真は古い千葉県銭湯マップからの拝借で女湯側から見たセンター富士ですので、その後、描き換えられたもののようです。入浴日仕切り壁越しに見えた女湯側ペンキ絵は別の山でした。

f:id:kenichirouk:20210703163456j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
メインバスは右手にポイントマッサージ座風呂、左手奥にエレキマッサージ。
水流、電流計で軽く体をほぐしたら、お隣の草津温泉浴槽へ。運び湯か人工温泉かまで確認しませんでしたが、確かに白濁りで硫黄泉の香りがツンと鼻をくすぐります。
※下の写真も往年の千葉県銭湯マップからの拝借ですが、女湯側のレイアウトです

f:id:kenichirouk:20210703163550j:plain

しっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
宮の湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターで、この日のコンディションは93℃。
BGMはド演歌が唸りを上げるド演歌サウナ。木更津と言えば、木更津キャッツアイや氣志團が思い浮かびますが、ここは熱さもまとわりつくようなド演歌でw
※この日聞き取れた曲をUPしておきますので、皆様もド演歌サウナの世界感をご堪能下さいw

youtu.be

youtu.be

youtu.be

youtu.be

ド演歌サウナで発汗後はサウナ室前の水風呂へ。こちらは水温20℃。
天然井戸水かけ流しの広い水風呂で心地よくクールダウン。
この日は以下2セット楽しませて頂きました。

・ド演歌サウナ3曲⇒水風呂2分⇒休憩3分
・ド演歌サウナ3曲⇒水風呂2分⇒休憩5分

仕上げは草津の湯で再度温まり、シャワーで軽く流して上がりました。

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
木更津方面へお立ち寄りの際は是非♪