湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

湯活レポート(温泉編)vol96.芝山千代田「成田空港温泉 空の湯」

f:id:kenichirouk:20200804043949j:plain

soranoyu.com

【入浴日】2020/8/3
【泉質】含よう素-ナトリウム‐塩化物強塩泉(高張性・中性・低温泉)

f:id:kenichirouk:20200804053211j:plain

【所在地】千葉県山武郡芝山町香山新田27-1

Google マップ


この日は夏休みを利用して「成田空港温泉 空の湯」(以下略して「空の湯」)初訪問。
空の湯へは、京成成田駅より京成東成田線直通の芝山鉄道で芝山千代田駅下車。

f:id:kenichirouk:20200804044225j:plain

芝山千代田駅が終点ですので、ホームの先端には車両止めが。正面の森の向こうに見え隠れする三角屋根が空の湯さんです。

f:id:kenichirouk:20200804052537j:plain

また、芝山千代田駅は成田空港の駐機場脇にありますので、ホームの逆の端からはジャンボジェット機がズラリと並ぶ光景を見る事が出来ます。

f:id:kenichirouk:20200804052310j:plain

ホーム階段を降りると大きな埴輪像が!

f:id:kenichirouk:20200804052732j:plain

何やら芝山町は埴輪が出土したらしく「埴輪の町」を標榜しています。
芝山千代田駅前ロータリーにも馬の埴輪像があります。

f:id:kenichirouk:20200804052924j:plain

改札を出て幟に沿って道なりに行くと駅から徒歩3分程で空の湯着。

f:id:kenichirouk:20200804044106j:plain

入口にはオープニングセレモニーで書家の伊藤潤一氏の描いた屋号の表札。

f:id:kenichirouk:20200804053021j:plain

その横には、運営会社の空の湯 開港の想いが書かれていました。

f:id:kenichirouk:20200804053432j:plain

長いので要約すると、成田空港開港当時は反対運動も有り、開港が大変難航したが、日本の空の玄関口として定着し、今後は飛行機を肴に湯に浸かり、疲れを癒して頂きたいとの想いだったようです。空の湯さんは、昨年12月開港ですので、本来でしたら今年は東京オリンピック景気もあり、もっと成田の町が賑わう事を想定していらっしゃったのかも知れません。

 

それでは中へお邪魔します。
入口では自動検温装置。コロナ対策はかなり入念に行われていらっしゃいます。

f:id:kenichirouk:20200804054233j:plain

受付を済ませ、館内着とタオルを受け取ると2Fが岩盤浴、3Fがお風呂。まずはEVで3Fお風呂の脱衣場へ。EVマットも空の湯のイメージの青い空と白い雲でした。

f:id:kenichirouk:20200804054258j:plain

3F脱衣場入口着。男湯が彦星、女湯が織姫で、こちらも空にちなんで天の川。

f:id:kenichirouk:20200804054406j:plain

館内着に着替えたら、まずは2F岩盤浴エリアへ。

 

岩盤浴は全28床。好みの岩盤で、好きな場所で岩盤からの遠赤外線とマイナスイオン効果を堪能。岩盤浴エリアには他にもロウリュサウナとアイスサウナがあります。
岩盤浴ゾーンは着衣エリアで他にどなたもいらっしゃらなかったので、撮影させて頂きました。ロウリュサウナは残念ながらコロナの影響で休止中。

f:id:kenichirouk:20200804054340j:plain

アイスサウナ「冷風洞」は7℃の冷感室で、岩盤浴で火照った体をグングンクーリングしてくれます。

f:id:kenichirouk:20200804054526j:plain

 

岩盤浴で一汗かいたところで、お次は温浴エリアへ。
男湯浴槽レイアウトはこんな感じ。

f:id:kenichirouk:20200804054642j:plain

まずは岩盤浴でかいた汗を沐浴で丁寧に流して内湯から。

f:id:kenichirouk:20200802094528j:plain

洗い場の目の前は高濃度炭酸泉。湯温38~39℃でシルキーな肌触り。浸かっていると、きめ細かな泡がみるみる全身を包んで心地よい浴感が楽しめます。

f:id:kenichirouk:20200802094603j:plain

そのお隣は人工温泉でこの日は北海道モール重曹泉。

f:id:kenichirouk:20200802094639j:plain

内湯で軽く温まったら、続いて露天風呂エリアへ。

f:id:kenichirouk:20200802094811j:plain

まずは寝ころび湯でお湯と露天の外気を堪能。

f:id:kenichirouk:20200802094854j:plain

一番奥のジェットバスではジェット水流で血行促進しつつ凝りを解します。

f:id:kenichirouk:20200802094915j:plain

お次は壺湯。ザバーッと溢れるお湯を独占し、贅沢気分に。

f:id:kenichirouk:20200802094934j:plain

いよいよ空の湯自慢の温泉浴槽。くつろぎ湯。
クリスタルイエローの湯がなみなみと湯船に注がれています。こちらは加水浴槽ですが、元が特濃の源泉ですので、こちらではマイルドな浴感を楽しみます。

f:id:kenichirouk:20200802094958j:plain

さて、いよいよ極めつけ「かけ流し湯」へ。

f:id:kenichirouk:20200802095016j:plain

空の湯の源泉はその名も源泉名「空の湯」。
泉質名は含よう素-ナトリウム‐塩化物強塩泉(高張性・中性・低温泉)。通常1,000㎎で療養泉認定の所、成分総計31,200㎎/㎏と31倍強の特濃温泉。特筆すべきはよう素で、10㎎でよう素泉認定のところ含有量83.2㎎と8倍強で日本屈指の高濃度。千葉北部には日本トップクラスの酒々井温泉含め、高濃度の含よう素泉にお目に掛かれます。空気に触れると酸化の影響でお湯が黄色に染まります。よう素泉の殺菌効果の他にも特濃塩化物による保温効果、メタケイ酸も規定値1.3倍含まれており、美肌効果も期待できるマルチに有難いお湯こちらでじっくり体の芯まで温まります。

くつろぎ湯とかけ流し湯の脇には大きなモニターがあり、フライトレーダーで空の湯上空の航空機の様子をモニタリングしてくれるようですが、この日は調整中になっていました。そもそも国際便が軒並み欠航しているので、今は飛行機の便数自体かなり少ないようです。フルにフライトしていると圧巻の光景でしょうね。

f:id:kenichirouk:20200804072233j:plain

 

 

有難い源泉で体もしっかり温まったところでサウナ室へお邪魔します。
空の湯さんのサウナはサウナストーンを使用した本格的なフィンランドサウナ。10分に一度ほど、オートロウリュ*1も付いており、この日のコンディションは85℃。

f:id:kenichirouk:20200802095344j:plain

5段タワー型の立派なサウナで、心地よい発汗が楽しめます。
この日は平日のせいもありますが、2セット目までは貸切状態で、贅沢気分を味わいつつ、コロナの影響で来客減、特に空の湯さん当たりはインバウンドのお客様の期待も大きかったと思われる為、本来の賑わいを想像するとちょっと寂しい気分にも。

サウナ発汗後は、サウナ室前の井戸水かけ流し水風呂へ。
16℃と良く冷やされた天然井戸水がかけ流しで満たされており、全身浸かると爽快にクールダウンが楽しめます。キンキンですが、シルキーで緩やかに掛け流されている為、静かに身を沈めていると天使の羽衣*2に包まれ、夢心地に。

f:id:kenichirouk:20200804064703j:plain

井戸水かけ流し水風呂でのクールダウン後は、露天外気浴。夏の温かい風邪が心地よく、極楽気分。この日は以下3セットで心地よく❝ととのう❞*3事が出来ました。

・フィンランドサウナ7分⇒井戸水かけ流し水風呂1分⇒露天外気浴3分
・フィンランドサウナ10分⇒井戸水かけ流し水風呂1.5分⇒露天外気浴3分
・フィンランドサウナ12分⇒井戸水かけ流し水風呂1.5分⇒露天外気浴5分

仕上げは勿論、露天エリアのかけ流し湯。井戸水かけ流し水風呂で引き締めた体を、特濃塩化物の源泉でじっくり温めてから、かけ流し湯を桶に貯めて絞ったタオルで源泉を染み渡らせるように拭きあげて上がりました。

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
コロナ禍で都内在住者はなかなか遠出もためらわれるかと存じます。近場の空いている施設で静かに温泉やサウナと向き合うのが今はおススメかも知れませんね。

f:id:kenichirouk:20200804072659j:plain

※浴室内は撮影不可の為、施設に許可を得て公式HPより拝借しております。

*1:タイマーやセンサーで自動的にサウナストーブに水が注がれ、サウナ室を適湿に保ち、高温の蒸気の発生で入浴者の発汗を促進する

*2:水風呂内でじっとしていると体表付近の水が体温で温められ、心地よい薄い膜に包まれる様の形容

*3:フィンランドサウナ⇒井戸水かけ流し水風呂⇒露天外気浴のループで心と体が独特の爽快感、空の旅に出るような無重力感を味わう様w