湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

ゆ~シティ蒲田|週末温泉銭湯散歩①|湯活レポート(銭湯編)vol107

f:id:kenichirouk:20191027091551j:plain

youcity26.com

f:id:kenichirouk:20191211121100p:plain

f:id:kenichirouk:20191003061406p:plain

Google マップ

【入浴日】2019/10/26

 

この日は温泉ソムリエの先輩お二方が開催する「ショチョーとグッチの、集まれ!温泉フェチフェチサミット」に参加するべく大田区蒲田へ向かいました。大田区と言えば温泉銭湯目白押しの銭湯界のエルドラド。奇しくも本日は26日(「風呂」の日)w 温泉週末を利用し、温泉銭湯はしごを敢行する事とし、1湯目は「ゆ~シティ蒲田」さんへお邪魔しました。

「ゆ~シティ蒲田」さんへは、京浜東北線 蒲田駅東口を出て左手に進み、東口交番横の路地をJRの高架に沿って真っ直ぐ。

f:id:kenichirouk:20191027092214j:plain

呑川に架かる宮の橋を渡った先にゆ~シティ蒲田さんの看板が見えます。

f:id:kenichirouk:20191027092439j:plain

駅から徒歩4分程度で到着。券売機でサウナ付入浴券を求めます。

f:id:kenichirouk:20191027092548j:plain

この日は後が控えている為、早速受付を済ませ浴室へ参ります。


いつも通りここまでの汗を沐浴で洗い清め、まずは内湯から。

f:id:kenichirouk:20191003060452j:plain

写真左手からバイブラ風呂、センターの1段高いところがジャグジー、右手がジェット付き座風呂と電気風呂です。内湯の各種ジェットや電浴で徐々に血行も良くなって来たところで、お次は露天風呂でいよいよ自家源泉黒湯の天然温泉とご対面です。

 

<露天>黒湯天然温泉岩風呂

f:id:kenichirouk:20191003060518j:plain

ゆ~シティ蒲田の温泉は、その名も源泉名「黒湯の温泉」という地下120mから沸き出ずる自家源泉。蒲田付近は太古の昔、海だったと考えられ、古代海水に含まれる海藻等の植物質の化石化前の成分が含まれており、湯面に細かい湯の花が舞っています。モール泉*1の香りに包まれる保湿保温効果に優れた美肌の湯でじっくり温まります。
体の芯から温まったところでサウナ室へもお邪魔します。

 

<サウナ>サウナ、水風呂

サウナは遠赤外線式ヒーターで本日のコンディションは推定80℃前後。
ここまでに十分基礎体温を上げているので、すぐに発汗します。
本日は以下3セット楽しませて頂きました。

サウナ5分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
サウナ8分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
サウナ12分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分

3セット後の露天で微かに漂うモール泉の香りに癒されながら、ディープに❝ととのう❞*2ことが出来ました。

 

仕上げはやはり露天の黒湯天然温泉に揺られ、キッチリ体の芯まで温め直してから、軽くタオルで拭き上げて上がりました。

こちらには2Fもあり、マッサージチェアコーナーでは湯上り後、表の景色を眺めながら寛ぐ事が出来ます。

f:id:kenichirouk:20191027111353j:plain

カラオケ装置も揃えた宴会場(60名収容)もありますので、湯上り後の休憩や貸切イベント等でも利用出来そうですね。

f:id:kenichirouk:20191003064138j:plain

※平成31年6月以降、貸切予約は東京都受動喫煙防止条例に関係する設備上の変更の為、当面の間休止との事。通常利用は可能だそうですが、貸切希望の場合は、事前にご確認ください。

 

お近くへお立ち折りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、施設の許可を取り、公式Webサイトより拝借しております。

※こちらはその他の週末温泉銭湯はしごレポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

*1:古代海水の化石化前植物質を含む茶褐色~黒色の温泉

*2:マンガ「サ道」の中で作者タナカカツキ氏がサウナ⇒水風呂⇒外気浴の中で訪れる多幸感、浮遊感の事を「ととのった!」と表現した事が始まり