湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

越の湯|鹿島田銭湯散歩②|湯活レポート(銭湯編)vol611

f:id:kenichirouk:20211003210802j:plain

k-o-i.jp

f:id:kenichirouk:20211003210912p:plain

Google マップ

 

この日は鹿島田銭湯散歩で2湯目に「越の湯」さんへ行って参りました。
越の湯さんへは、JR南武線 鹿島田駅東口を出て駅前デッキへ。

f:id:kenichirouk:20211004054949j:plain

東口駅前デッキの先端の階段を下り、そのまま道なりにかしまだ駅前通りを直進。

f:id:kenichirouk:20211004055119j:plain

その先下平間交差点で府中街道を渡り、道なりにオレンジ通りへ。

f:id:kenichirouk:20211004070012j:plain

オレンジ通りを暫く進むと、通りの正面に越の湯さんの煙突が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20211004070402j:plain

近づいてみると、この正面のビルこそが越の湯さん。
現在は外壁工事中で仮囲いがされています。

f:id:kenichirouk:20211004070529j:plain

越の湯さん横の広場には「希望の朝」というタイトルの何故か裸婦像が。
かくいう湯活のススメの管理人も、もうすぐ浴室で裸になる訳ですがw

f:id:kenichirouk:20211004071028j:plain

建物裏手からはビルと一体となった越の湯さんの煙突も仰ぎ見る事が出来ました。

f:id:kenichirouk:20211004071310j:plain

越の湯さんは正面入口から階段を上った2Fフロアです。

f:id:kenichirouk:20211004071419j:plain

暖簾を潜って中へお邪魔すると赤い絨毯にステンドグラスのロビー。
ロビーの写真撮影の許可を女将さんに求めると、快諾されつつも遠慮がちに「ウチはもう古いから」と仰られていましたが、綺麗に掃除が行き届いており、外壁工事をされていらっしゃる時点で、少しでも長く建物を維持されるご意思が感じられ、一銭湯ファンとしては喜ばしい事だと感じました。

f:id:kenichirouk:20211004071924j:plain

 

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。
浴室正面には無限に広がる大宇宙のタイル絵。
浴室に入った瞬間、和漢生薬の薫りがフワッと漂い、この後の湯巡りの期待感UP!

f:id:kenichirouk:20211004072255j:plain

この日2湯目ですので、沐浴は簡潔に済ませ、早速お風呂へライド温♨
浴槽は奥左手にメインバスがあり、寝湯とショルダーマッサージを配していますが、45℃程となかなかの熱湯。その熱湯が惜しげもなく奥の滝湯から注がれ続け、湯船の淵からザアザア掛け流し状態。

メインバスで軽く温まったら、続いて右手の薬湯へ。コチラは天然生薬の人参実母散が満ちていて、奥には安全エレキバイブレーションマッサージ浴槽と実に長い名前の電気風呂があります。薬湯のせいか電極が見えませんので、不用意に近づくと電撃の不意打ちを食らいますので、要注意w

更に手前側には森林浴と書かれた小部屋があり、中には森林浴ミストが降り注ぐ湯船があり、コチラも44~5℃となかなかの熱湯。

 

しっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
越の湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターで、この日のコンディションは105℃!
なかなかの灼熱サウナですが、熟成され蒸された木の薫りが素晴らしいです。
発汗後はサウナ室前の水風呂へ。こちらは水温16℃でバイブラ付きとキンキン。
この日は以下3セット、エクストリームな温冷交互浴体験で心地よいサウナトリップに誘われました。

・灼熱サウナ7分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・灼熱サウナ10分⇒水風呂1.5分⇒休憩3分
・灼熱サウナ12分⇒水風呂1.5分⇒休憩5分

仕上げは心地よかった人参実母散の薬湯を心ゆくまで楽しませて頂き、熱めのシャワーで全身を流して上がりました。

 

ちなみに男女浴室仕切り壁越しに見えた女湯側は虹と花咲く山のタイル絵でしたよ。

f:id:kenichirouk:20211004074542j:plain

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
川崎方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、神奈川浴場組合Webサイトより拝借しております。
※コチラはその他鹿島田銭湯散歩1湯目の「多賀良湯」さんの入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com