湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

小松場|東小松川一丁目|湯活レポート(銭湯編)vol496

f:id:kenichirouk:20200923063332j:plain

www.oyunofuji1010.com

f:id:kenichirouk:20200919100324p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/9/22

 

この日は江戸川区方面へ立ち寄りついでに「小松湯」さんへ。
小松湯さんへは、JR新小岩駅南口より3番バス乗場で西葛西駅前方面乗車。

f:id:kenichirouk:20200923063457j:plain
最寄りの東小松川一丁目バス停下車。

f:id:kenichirouk:20200923063540j:plain

バス進行方向すぐの小松川ランプ入口交差点を右折し、中山道へ。

f:id:kenichirouk:20200923063711j:plain

途中右手に小松川親水公園が見えます。

f:id:kenichirouk:20200923063848j:plain

一つ目の信号を左折し、バス停から徒歩約5~6分で小松湯さんの看板発見。

f:id:kenichirouk:20200923064726j:plain

建物脇からは小松湯さんの煙突も見る事が出来ます。

f:id:kenichirouk:20200923065014j:plain

この日は開店少し前に到着し、OPENと同時に入りましたが、開店待ちの常連さんの列が凄いです。地域のコミュニティを支える人気の銭湯という事が伺えますね。

f:id:kenichirouk:20200923065601j:plain

中に入るとフロントの奥に落ち着けそうなロビー。

f:id:kenichirouk:20200923065740j:plain

ロビーの一角でギリシャ彫刻風の女性の像が入浴客をお出迎え。

f:id:kenichirouk:20200923065825j:plain

 

それでは受付を済ませて、浴室へお邪魔します。

f:id:kenichirouk:20200919100818j:plain

浴室正面は村道に囲われた湖の中の島に茶室のある長閑な田舎の風景。
サイドのガラス窓から差し込む光に柔らかく照らされ、心まで長閑になります。

f:id:kenichirouk:20200923070559j:plain

沐浴で全身お清めし、早速メインバスからライド温♨

f:id:kenichirouk:20200919100856j:plain

メインバスは滝湯のあるミクロバイブラに超音波座風呂。こちらで軽く血行促進し、全身温まってきたところでお隣の薬風呂へ。

f:id:kenichirouk:20200919100935j:plain

この日はグリーンイエローの生姜エキスの湯。生姜の香りに包まれ田舎風景のタイル絵を眺めつつ、こちらでじっくり温まり、リラックスバスタイム♪
最後は立ちシャワーで軽く流して上がりました。

 

ちなみにGoogleインドアビューによると女湯は水仙のタイル絵のようです。
こちらも良いですね。地元のご年配が多数いらっしゃるのも分かる気がしました。

f:id:kenichirouk:20200923073653j:plain

本日も良い湯をありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。