湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

湯活レポート(銭湯編)vol466.南鳩ヶ谷銭湯散歩①「湯パークラヂウム」

f:id:kenichirouk:20210401110404j:plain

www.enjoytokyo.jp

f:id:kenichirouk:20210109111514p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/3/31

 

この日は南鳩ヶ谷銭湯散歩で1湯目に「湯パークラヂウム」さんへ。
湯パークラジウムさんへは、埼玉高速鉄道 南鳩ヶ谷駅1番出口よりロータリー右手の岩槻街道を左手方向へ直進。

f:id:kenichirouk:20210402195329j:plain

吉祥寺通りの交差点手前から通りの右手に湯パークラヂウムさんの看板発見!

f:id:kenichirouk:20210402195523j:plain

駅から徒歩12分程の湯パークラヂウムさん。岩槻街道沿いなので分かりやすいです。
看板には「夢の公衆浴場」の謳い文句が。湯巡りの夢が広がりますw

f:id:kenichirouk:20210402195652j:plain

建物裏手からは湯パークラヂウムさんの煙突の全景も見られました。

f:id:kenichirouk:20210402200422j:plain

玄関を入って2Fへ上がったところに券売機があり、入浴券を求め入場。

f:id:kenichirouk:20210402200455j:plain

ロビーには神棚も飾ってあり、参拝させて頂きました。

f:id:kenichirouk:20210402200536j:plain

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。フロント横の暖簾から、男湯は左手です。

f:id:kenichirouk:20210402200604j:plain

 

白基調の浴室。沐浴で全身お清めを済ませ、早速内湯からライド温♨
夢の公衆浴場の名の通り、湯パークラヂウムさんのお風呂は多彩で、その全てにラジウム温泉が満たされています。まずはメインバスの寝風呂、エステジェット、座風呂、電気風呂と水流、低周波電流で全身の凝りをほぐしつつ、血行促進。

f:id:kenichirouk:20210402200846j:plain

f:id:kenichirouk:20210402200812j:plain

メインバスの後は半円形の薬湯バイブラ浴槽へ。この日はよもぎの湯。
よもぎの薫りに包まれながら、よもぎ色の湯に揉まれリラックス。
内湯で軽く温まったら、竹垣に囲われた露天岩風呂へ。
露天にはベンチも有り、この後の外気浴を想像しながらじっくり温まります。

しっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
湯パークラヂウムさんのサウナはガス遠赤外線ヒーターでこの日の室温は86℃。
心地良く発汗したら、サウナ室前の冷水風呂へ。こちらは水温20℃。
汗を流してザブンと浸かるとバイブラも効いており、爽快な気分になります。
この日は連投の為、露天外気浴を挟みつつ以下2セット楽しませて頂きました。

・サウナ10分⇒冷水風呂1分⇒露天外気浴3分
・サウナ12分⇒冷水風呂1分⇒露天外気浴5分

仕上げはよもぎのバイブラ薬湯に揉まれて体の芯まで温まり直し、熱めのシャワーで流してから上がりました。

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Let's Enjoy TOKYO掲載ページより拝借しております。
※コチラは南鳩ヶ谷銭湯散歩②「広の湯」さんの入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com