湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

広の湯|南鳩ヶ谷銭湯散歩②|湯活レポート(銭湯編)vol467

f:id:kenichirouk:20210401113759j:plain

www.enjoytokyo.jp

f:id:kenichirouk:20210401114211p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/3/31

 

この日は南鳩ヶ谷銭湯散歩で2湯目に「広の湯」さんへ立ち寄り湯。
広の湯さんへは、埼玉高速鉄道 南鳩ヶ谷駅1番出口を出て、ロータリー右手の岩槻街道を左手方向に進みます。

f:id:kenichirouk:20210402201418j:plain

※途中までは鳩ヶ谷銭湯散歩①「湯パークラヂウム」さんのアクセスと同じです↓

yukatsu.hatenablog.com

コチラのインパクト抜群のゴジララーメンが見えたら、左折して仁志町領家町線へ。

f:id:kenichirouk:20210402201936j:plain

仁志町領家町線左手にコモディイイダが見えたら、その先の駐車場先を右折。

f:id:kenichirouk:20210402201623j:plain

駅から徒歩12分程で鄙びたアーケード奥にセットバックした広の湯さん。

f:id:kenichirouk:20210402202302j:plain

入口からは分かりづらいですが、手前の駐車場からは宮造り建築の広の湯さんの外観と天を衝く鈍色の煙突を拝む事が出来ます。

f:id:kenichirouk:20210402202748j:plain

f:id:kenichirouk:20210402202819j:plain

広の湯さんは一風変わっていて、入口で一般公衆浴場としての「広の湯」さんと男性専用サウナ施設として運営する「サウナひろい」に分かれています。右手が「広の湯」さんの入口で左手が「サウナひろい」の入口。
「サウナひろい」は男性専用ですが、公衆浴場としての「広の湯」さんの女湯側にはサウナがあり、逆に男湯側にはサウナは有りません。まずは「広の湯」へLet’s Go!!

f:id:kenichirouk:20210402203234j:plain

玄関横の看板には大きく赤文字で女性サウナの文字が躍っています。

f:id:kenichirouk:20210402203741j:plain

玄関を入ると入浴券の券売機があり、こちらで入浴券を購入。

f:id:kenichirouk:20210402203812j:plain

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。
フロント前のロビーにも外観同様、瓦屋根の下に浴室入口が。男湯は左手です。

f:id:kenichirouk:20210402203914j:plain

 

浴室に入ると、正面の渓流が流れ落ちる構図のタイル絵が圧巻です。

f:id:kenichirouk:20210402204155j:plain

この日2湯目ですので沐浴は簡潔に済ませ、早速お風呂へライド温♨
メインバスは右手にハイパワージェットとポイントマッサージ座風呂、センターのバイブラバスを挟んで左手にジェットバス、ホットフォールマッサージ(打たせ湯)、エレキマッサージと水流、電浴系が多彩です。まずはこちらで軽く血行促進。

f:id:kenichirouk:20210402204434j:plain

続いてメインバス手前の薬湯へ。
この日は温浴素じっこうで天然生薬の香りを楽しみながらじっくり温まります。
体の芯まで温まったところで、熱めのシャワーで軽く流して上がりました。

 

本日も良い湯をありが湯ございました。
南鳩ヶ谷方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Let's Enjoy Tokyo掲載ページより拝借しております。
※コチラは広の湯さんが運営する男性専用サウナ施設「サウナひろい」さんの入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com