湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

喜楽湯|南砂町|湯活レポート(銭湯編)vol296

f:id:kenichirouk:20200707045229j:plain

www.1010.or.jp

f:id:kenichirouk:20200706093026p:plain

Google マップ

【入浴日】2020/7/6

 

この日は江東区方面へ立ち寄りの流れで「喜楽湯」さんへ。
喜楽湯さんへは、東西線 南砂町下車、2a出口を出て南砂三丁目公園の中を直進。

f:id:kenichirouk:20200707045454j:plain

突き当りの本八幡通りを左折し歩く事、駅から徒歩8分程、右手にきらく湯さんの看板が見えて来ます。

f:id:kenichirouk:20200707045643j:plain

店頭には「疲れを癒す下町のオアシス」の案内板。

f:id:kenichirouk:20200707045802j:plain

裏手からは喜楽湯さんの煙突の全景が見られます。

f:id:kenichirouk:20200707050028j:plain

 

それでは早速受付を済ませて浴室へお邪魔します。
浴室正面には大海原に浮かぶ三艘のヨットのタイル絵。

f:id:kenichirouk:20200706093916j:plain

まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨

f:id:kenichirouk:20200706093945j:plain

浴槽は右手が浅湯で奥がバイブラバス、真ん中が座風呂。左手の深湯は薬湯で、Googleインドアビューの写真ではグリーンですが、この日はワインレッドのワインイブタスの湯でした。浅湯で軽く血行促進し、深湯の薬湯でワインレッドの湯に揺られながらタイル絵を眺めて大海原のヨット気分を満喫します。

 

最後は立ちシャワーで頭から水浴びして軽く汗止めをしてから上がりました。
夏場にお風呂で汗を流し、冷房の効いた脱衣場でホッとひといき。
サッパリする事が出来ました。

 

親切なおかみさんにお遍路帳のスタンプをお願いすると、湯巡りに役立つようにと、江東区銭湯マップを頂きました。

f:id:kenichirouk:20200707063014j:plain

 

本日も良い湯をありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。