湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

友の湯|小岩|リニューアル前/後|暴君スチームサウナ|湯活レポート(銭湯編)vol310

f:id:kenichirouk:20220320120530j:plain

tomonoyu.com

f:id:kenichirouk:20200804165031p:plain

Google マップ

アクセス

友の湯さんへは、JR小岩駅下車 南口を出て昭和通り商店街直進。

f:id:kenichirouk:20200912102212j:plain

昭和通り商店街を抜けた所で視線を上げると、そこに友の湯さんの煙突。

f:id:kenichirouk:20200912102314j:plain

駅から徒歩10分弱、建物脇からは友の湯さんの煙突全景が見られます。

f:id:kenichirouk:20200912102345j:plain

 

【入浴日】2022/3/19:リニューアル後

この日は最近リニューアルOPENされた小岩の「友の湯」さんへ行って参りました。
JR小岩駅南口より昭和通り商店街を抜けると友の湯さんの煙突が見えて来ました。

f:id:kenichirouk:20220320121013j:plain

外観はアースカラーに塗り替えられましたが、煙突はリニューアル前と変わらず。

f:id:kenichirouk:20220320121306j:plain

玄関には新調された「ゆ」の字の濃紺長暖簾が掛かっています。

f:id:kenichirouk:20220320121708j:plain

暖簾を潜って中へ入るとコチラも新調されたピカピカの下足箱。

f:id:kenichirouk:20220320121911j:plain

以前はHOゲージと猫ケージが並んでいたロビーが綺麗に改装されていました。
何も無いとこんなに広かったんですね。

f:id:kenichirouk:20220320122702j:plain

女将さんにHOゲージと猫ちゃん達はコチラには?とお伺いしたところ、以前より1m程セットバックした為、以前同様には出来ず、少し小さめに設置予定とのお話。

 

それでは受付を済ませて浴室へ参ります。
友の湯さんの浴室基本レイアウトはリニューアル前と然程変わりませんが、浴槽もカランも全て新調されピカピカです。写真等はHP等にも出ていない為、私の拙い図解で恐縮ですが、コチラをご覧頂きながらレポートを続けさせて頂きます。

f:id:kenichirouk:20220320124623p:plain

浴室正面は、以前はグラフィックでしたが、ペンキ絵にリニューアル。
男湯の題材は富士山と3つの小窓から覗く3匹の猫ちゃん(2021/12/6作)。
まずは沐浴で全身お清めを済ませ、早速お風呂へライド温♨
浴槽は右手が浅湯でリラックスバスと結構強烈な電気風呂付き。
軽く血行促進したところで深湯へ移動し、ジェットバスを体験。
友の湯さんは、元々軟水銭湯でしたがリニューアル時に軟水装置もリフォームされたのか、最早ツルツルを通り越し、高濃度アルカリ泉のようなニュルニュルの浴感に。肌に纏わりつくような浴感がくせになりそうな心地よさです。

 

しっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
リニューアル後も友の湯さんのサウナはスチームサウナ。
リニューアル前も暴走気味でしたが、リニューアルを経て更にパワーアップしたとの噂が。。。戦々恐々として中へ入ると腰高から上は猛烈な沸騰蒸気が満ちており、コンディションは65℃。天井から滴り落ちる雫が高温の絨毯爆撃状態💧💧💧
座面で伏せて背中で高温水滴を耐えるか、床にしゃがむかしないと長時間は無理。
既に暴走を超え、その確信的な煉獄状況は暴君そのものwww
発汗後はサウナ室前のコールドバスへ。こちらは水温18℃。
コールドバスの中で久々に暫し呆然としてしまいました。
この日は以下2セット楽しませて頂きました。

・暴君スチームサウナ10分⇒コールドバス1分⇒休憩3分
・暴君スチームサウナ10分⇒コールドバス1分⇒休憩5分

仕上げは深湯で再度体の芯まで温まり、シャワーで軽く流して上がりました。

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました!

 

【入浴日】2020/9/11:リニューアル前

f:id:kenichirouk:20220318115636j:plain

この日は小岩銭湯散歩で3湯目に「友の湯」さんへ。
中に入るとドでかいショーケースに広大なNゲージのパノラマが広がっていました。
店頭の鉄道パノラマホールの表記に偽りなしw

f:id:kenichirouk:20200912103302j:plain

f:id:kenichirouk:20200912103328j:plain

更にビックリしたのはショーケース手前にケージがあり、ニャンコワールドw
写真には5匹程映っていますが、全部で7~8匹がケージにリードで繋がれてウロウロしています。我が家も猫を飼っているので、ほっこり気分。猫好きにはおススメ。

f:id:kenichirouk:20200912103902j:plain

それでは鑑賞はこの辺りにして、浴室へお邪魔します。

 

浴室正面にはCircus Carnivalと書かれた賑やかなグラフィック。

f:id:kenichirouk:20200805085751j:plain

この日3湯目ですので、沐浴は簡潔に済ませ、早速メインバスからライド温♨
友の湯のお湯は元祖軟水銭湯の謳い文句通り、ツルツルを超えるニュルニュルの軟水です。シャワーでニュルニュルは結構多いですが、浴槽内で全身ニュルニュル感を感じる程の軟水は珍しいです。また、友の湯さんのメインバスはギミック満載。左手からエアーバス、ジェットエステバス、ヘルツバス(電気風呂)、滝湯、リラックスバス。順に湯巡りするだけで、早くも体がポカポカして来ます。

他に打たせ湯もありますが、こちらは故障中でした。

f:id:kenichirouk:20200805085809j:plain

 

体も温まって来たところでスチームサウナにもお邪魔します。
友の湯さんのスチームサウナはスチームサウナとしては高めの室温70℃。
受付でサウナを申し込んだ際に、ご主人より「熱かったら扉を開けて下さいね」と念入りに伝えられ、浴室に入った際、スチームサウナ室の排気口よりモクモクと白煙が上がる様を見て、こりゃ尋常じゃないなとは思いましたが、入室して余りの熱さに!?!?ビックリして思わずしゃがみ込んで暫くして状況を把握。沸騰した高温蒸気が胸元から上の空間に滞留し、下部は視界が開けており、座面に座り上体を下げれば何とか耐えられる温度。
それでもジリジリ頭上から灼熱蒸気が迫って来て、ドキドキ
こりゃ全身高温蒸気に包まれたら、ご主人に言われなくても、通常扉を開けないと耐えられんわなと思いながら、十分発汗したところで脱出www

f:id:kenichirouk:20200805085824j:plain

脱出後は、サウナ室前のコールドバスへ。水温20℃程ですが、バイブラが効いており、体感は1~2℃低く感じられます。

f:id:kenichirouk:20200805085837j:plain

最後は熱めのシャワーで流しつつ、軽く温まって上がりました。

 

本日も良い湯、良きサウナをありが湯ございました。
お近くへお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、Googleインドアビューより拝借しております。
※コチラは、その他の小岩銭湯散歩のレポートです↓

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com

yukatsu.hatenablog.com