湯活のススメ

温泉・銭湯・サウナ・岩盤浴等の温浴施設の楽しみ方

小松湯|鈴木町銭湯散歩②|湯活レポート(銭湯編)vol.734

f:id:kenichirouk:20211015161208j:plain

k-o-i.jp

f:id:kenichirouk:20211012133526p:plain

Google マップ

【入浴日】2021/10/14

この日は鈴木町銭湯散歩の2湯目に「小松湯」さんへ行って参りました。

【アクセス:JR川崎駅から路線バス】

鉄道駅から徒歩で行く場合は、京急大師線の鈴木町駅が最寄ですが、本日行く予定の銭湯が2軒とも駅から15分~20分と距離があり、JR川崎駅から路線バスが本数もそれなりに出ている為、この日はJR川崎駅東口14番バス乗場より川10番系統乗車。

f:id:kenichirouk:20211015160455j:plain

10分程バスに揺られ、最寄りの大島五丁目停留所下車。
バスを降りると通りの向かい大島第一公園の向こうに小松湯さんが見えていますw

f:id:kenichirouk:20211015161335j:plain

 

【アクセス:鈴木町駅から徒歩】

京急大師線 鈴木町駅からアクセスする場合は、以下の通り。
帰りは湯冷ましをかねて小松湯さんから歩いて駅に向かう際に撮影した写真を用い、駅方向から解説しますが、夕景が逆再生となっている点、ご容赦くださいませw
まず大師線 鈴木町駅を出たら、京急大師線の線路を背にイトーヨーカドー方向へ。

f:id:kenichirouk:20211015171703j:plain

突き当りの鈴木町駅入口交差点を右折し大師道へ。

f:id:kenichirouk:20211015171842j:plain

日産の建物が見えたら、その手前の路地を左折。

f:id:kenichirouk:20211015172004j:plain

道なりに進み富士見通りにぶつかったら、斜め前の臨港病院看板の出ている路地へ。

f:id:kenichirouk:20211015172126j:plain

その通りの突き当り、通り向うの大島第一公園の先に小松湯さんの煙突が見えます。
鈴木町駅からですと徒歩で20分前後というところですね。

f:id:kenichirouk:20211015172305j:plain

 

【エクストリーム銭湯 小松湯】

さて、小松湯さんに到着したところで、建物裏手に回って見ると白亜の煙突に真紅の文字で屋号が書かれた小松湯さんの煙突の全貌を拝む事が出来ました。

f:id:kenichirouk:20211015172829j:plain

それでは玄関より中へお邪魔してみたいと思います。

f:id:kenichirouk:20211015173005j:plain

小松湯さんのシンボルはこの大きな屋号入りの提灯と入口の小便小僧です。

f:id:kenichirouk:20211015173120j:plain

中へ入るとフロントを挟んで奥右手側が女湯、手前左手側が男湯。

f:id:kenichirouk:20211015174241j:plain

冷蔵庫にオロポのPOPがあったり、サウナ入浴法のオリジナルポスター等、小松湯さん自らかなりのサウナ推し銭湯という事が伺えます。

f:id:kenichirouk:20211015180653j:plain

受付する際、小便小僧のステッカーが置いてあり、思わず1枚買っちゃいましたw

f:id:kenichirouk:20211015174411j:plain

 

浴室入口上にもまたまた小便小僧を発見w
小便小僧に見守られながら準備を済ませたら、いざ浴室へ♪
浴室正面にはカラフルな熱帯魚が舞い踊る海の中のタイル絵が広がっています。

f:id:kenichirouk:20211012134006j:plain

この日2湯目でしたので、沐浴は簡潔に済ませ、早速お風呂へライド温♨
メインバスには薪沸かしのガリウム石温浴泉が満たされています。

f:id:kenichirouk:20211012143454j:plain

メインバスには電気風呂が付いていますが、コチラは最強レベルの強烈パルス⚡
軽く擦ってもらおうか等と侮らないでください。目から火花が出る程強烈ですw

f:id:kenichirouk:20211015175415j:plain

続いてお隣の薬湯へ。この日はエメラルドグリーンの爽やかな浴感の薬湯でした。
薬湯内左右にスリーピングバスとポイントマッサージ座風呂があります。

f:id:kenichirouk:20211015175826j:plain

f:id:kenichirouk:20211015175844j:plain

下茹での〆は白乳泉の薬湯でまったり温まります。
コチラは粉末化した鉱物と生薬を配合した保温効果の高い薬剤との事。

f:id:kenichirouk:20211012143513j:plain

 

Wの薬湯でしっかり温まったところでサウナ室へもお邪魔します。
小松湯さんのサウナはガス遠赤外線ヒーターで、室温計は何と116℃❕
煉獄仕様の熱気地獄。サウナ室内には乾燥ヴィヒタが吊られ白樺の芳香が漂います。

f:id:kenichirouk:20211012142820j:plain

f:id:kenichirouk:20211012142757j:plain

110℃超えの灼熱サウナで発汗後はサウナ室隣の水風呂へ。こちらは水温12℃!
冷水が全身に噛みつき、冷たいを超えて全身の痛覚を刺激して来ます。眼光は温かい湯船を求め彷徨います。煉獄サウナでボーッとのぼせた頭も一撃でシャキーン‼

落差100℃超えのエクストリーム温冷交互浴でととのいを超えて謎の精神世界へwww

f:id:kenichirouk:20211012142853j:plain

この日はエクストリームな温冷交互浴を以下3セット楽しませて頂きました。

・煉獄サウナ7分⇒極寒水風呂1分⇒休憩3分
・煉獄サウナ10分⇒極寒水風呂1分⇒休憩3分
・煉獄サウナ10分⇒極寒水風呂1分⇒休憩5分

仕上げは再度白乳泉の薬湯でじっくり温まり、シャワーで軽く流して上がりました。
小松湯さん、聞きしに勝る恐るべきエクストリーム銭湯サウナでした。

f:id:kenichirouk:20211015181457j:plain

本日も良い湯、エクストリームなサウナをありが湯ございました。
川崎方面へお立ち寄りの際は是非♪

※浴室内は撮影不可の為、公式HP他より拝借しております。
※コチラは鈴木町銭湯散歩1湯目の「かまぶろ温泉」さんの入湯レポートです↓

yukatsu.hatenablog.com